ブログトップ


2021年12月31日金曜日

2021年 私的名盤アルバムランキング

恒例企画、2021年版・私的名盤アルバムランキングを発表したいと思います。
今年聴いた作品はこちらのCDアルバム視聴リストの方にも掲載されている全38作。
その中からベスト盤・カバー盤を除いた計38作品からベスト10を発表します。
ちなみに昨年の結果はこちらでした。以上ここまでがテンプレでした。
今年はベスト盤とカバー盤がまさかのゼロだったんですよね。ではいってみましょう。

2021年 CDアルバム試聴リスト

随時更新中

2021年12月30日木曜日

[アルバムレビュー]  Gacharic Spin「Gacharic Spin」


Gacharic Spin「Gacharic Spin[初回限定盤Type-B](CD+DVD)」
(2021/9/8)

1. I wish I  [MV]
2. MindSet  [MV]
3. Dear_____
4. 何者にもなれなかった僕たちへ
5. ミライ論争
6. Forever 9teen
7. マジックアンブレラガール
8. Days
9. 1 GAME
10. 365日
お気に入り度:★★★★★★★★★ (9/10)

2021年12月29日水曜日

2021年11月度 マイベスト10

恒例企画のサブコンにより選ばれた月間マイベスト10を発表いたします。
もうすぐブログで年間ベスト曲を発表するにあたって、11月度リリースの曲までは
何としても拾っておきたいということで急ピッチで作りました。ではいってみましょう。

2021年12月28日火曜日

[アルバムレビュー]  Kotone「RESIST」


Kotone「RESIST (初回限定盤)」
(2021/7/28)

1. RESIST  [MV]
2. NO MATCHING  [MV]
3. アンダーワールドウタウタイ  [MV]
4. プレシャス・シンドローム
5. Flash  [MV]
6. BlackJoke  [MV]
7. Ark
8. かごめ  [MV]
9. Erase  [MV]
10. フーアーユーなんて言わないで  [MV]
11. Autonomy  [MV]
12. 今回の騒動につきまして。  [MV]
お気に入り度:★★★★★★★★★★ (10/10)

2021年12月26日日曜日

2021年10月度 マイベスト10

恒例企画のサブコンにより選ばれた月間マイベスト10を発表いたします。
本来ならばもう11月度のマイベスト10を発表したかった時期でしたが
10月度がまだだったということでいってみましょう。

2021年12月24日金曜日

[ライブレポ]  FluoLightArch pre. ネオジャパニズム(アドアスタリア、アングリラ、麗麗)

12月4日(土曜日)HOLIDAY NEXT NAGOYAで開催された定期イベントライブ
「FluoLightArch pre. ネオジャパニズム」に行ってきました。
出演者は登場順に、アドアスタリア、アングリラ、麗麗、
ジュリアナの祟り、mistress、椎名ひかり、三角形の時間の計7組。
この日のお目当ては、今年に入ってからコンビニの店内放送でも
よく流れていた曲にあらためてドハマリしたジュリアナの祟りと、
前回のミツバチロックで最高だったアングリラのアンコール。
このライブレポブログが渋滞する中においても行けるものには
行っておこうということで、これが2021年のライブ納めです。

2021年12月16日木曜日

[ライブレポ]  NARA D-SONIC 2021(和六区×柳瀬蓉、JEFFREY QWEST、メルヘンヌ、他)

11月27日(土曜日)奈良公園バスターミナルレクチャーホールで開催された
「NARA D-SONIC 2021」に行ってきました。2019年10月以来
(前回のレポはこちら)約2年ぶりの開催となった奈良を熱くするフェス。
公式サイトが一度消えてしまったのを見た時はもう無いのかと思ってただけに
まずは復活おめでとう、そしてありがとうと言いたい。
前回からは会場が変わり、入場料も無料から有料という形に変わったものの
計3部構成にて13時半から20時まで、音楽に加えてダンス・DJなどの公演もあり
一般参加の方々もステージに立つことができるフェスなのは前回同様。
そして今回の出演者発表を見て何よりも驚いたのが、第2部の
「和六区×柳瀬蓉」。ともに和風ロック系の楽曲を歌う歌手で
前回のライブレポではぜひ今後対バンして欲しいと書いた2組が、
まさか対バンを通り越してコラボライブを見せてくれるとは!これってもしかして
和六区のメンバーかD-SONICスタッフの誰かがこのブログを見てくれたのだろうか・・・
ちなみにこのフェスの運営は今回もまた、あの伝説のミナーラフェスを担当した
KANSAI DREAM MUSICが関わっているようで、相変わらず公式ツイッターなどは
国語力からして不安で、さらにはD-SONICの新しい公式ホームページは見にくいので
別にまたホームページを作って公開するという前代未聞の出来事まで起こり(参照)
開催前からミナーラフェスを彷彿させられて本当に大丈夫なのかと
思ったものの、それでも数々の紆余曲折を乗り越えてまで
奈良に音楽フェスを定着させようと頑張ってくれているならば・・・
今や日本を代表する無料音楽フェスであるFREEDOM NAGOYAでも初期の頃は
グダグダだったと出演者の方々がこちらのYouTubeチャンネルで語っていたので、
D-SONICだって続けていけばきっとフェス不毛の地で花を咲かせてくれるさ(泣)

2021年12月1日水曜日

[ライブレポ]  DIE ON ROCK FES 2021(RIGEL、HAGANE、花冷え。)

11月20日(土曜日)東京・下北沢のライブハウス計12会場で開催された
「FABLED NUMBER presents『DIE ON ROCK FES 2021』~東京の陣~ 
supported by SNAZZY TUNES」に行ってきました。6人組ロックバンドの
FABLED NUMBER主催による、サーキット形式としては今回が初開催のフェスにして
出演者は全104組と、アーティスト主催としては史上最大規模の音楽フェス。
ラウドロック系のバンドが中心でありながらも、アイドルグループなどの出演もあり
さらに当ブログでよく取り上げるようなガールズシーンで活躍するバンドの出演も
多いということから、そのメンツを見て行くことを決めました。
出演者の男女比が半々ぐらいのロックフェスというのも珍しい気がするが
ジェンダー平等的にはこれぞ本来のあるべき姿だということで良いのでは。
今回観てきたのは、途中2曲ぐらいだけ聴いたグループも含めると
RIGEL→HAGANE→花冷え。→GUNIX→KNOCK OUT MONKEY→
RONDONRATS→アルカラ→CODE OF ZERO→TRiDENT→FABLED NUMBER
以上の計10組。うち5組は初見。だが本当はもうちょい多くのバンド・グループを
観る予定だった。前日のミツバチロック(レポはこちら)とは打って変わって、
まさかここまで入場規制に振り回されるフェスになるとは予想以上だった。

2021年11月23日火曜日

[ライブレポ]  MITSUBACHI ROCK CIRCUIT(リリー楽綺団、アングリラ、GUNIX、どーぷちゃん)

11月20日(土曜日)東京・下北沢のライブハウス計9会場で開催された
「MITSUBACHI ROCK CIRCUIT 2021 in TOKYO」に行ってきました。
東京と大阪の計2都市・計2日間にわたって開催された、
日本最大級の女性ボーカル限定サーキットフェス。実はちょうど翌日に
同じく東京・下北沢で開催される「DIE ON ROCK FES 2021」の方に行くことが
先に決まっていたので、ならば2日連続でということで来てしまいました。
今年5月に開催された「LUPINUS ROCK FESTIVAL」(レポはこちら)で
初めて音楽の街・下北沢に来ることになった時は、まさかこの後も含めて
年3回もここでフェスに参加することになるとは思ってもみなかった。
今回観てきたのは、途中2曲ぐらいだけ聴いたグループも含めると
リリー楽綺団→アングリラ→GUNIX→どーぷちゃん→82回目の終身刑→プランクトン→
ストロボサイダー→しらぬい→Amy→誰もシラナイ。→ヒミツノミヤコ→桃色ドロシー→
シュガーパレード→Free Aqua Butterfly→みるきーうぇい
以上の計15組。そのうち10組が初見、フェスならではの新たな出会いもあり、
しかも翌日のフェスと違って入場規制に巻き込まれるようなことも無く
最初から最後まで存分に楽しめたということで、レポにいってみましょう。

2021年11月18日木曜日

2021年9月度 マイベスト10

恒例企画のサブコンにより選ばれた月間マイベスト10を発表いたします。
この月も動画サイトにて200曲以上の新曲を聴くことになりましたが、そんな中で
YouTubeのあなたへのおすすめに、FNSのどぶろっくの「大きなイチモツをください」が
何度もしつこく出てくるのは自分だけなのだろうか?一度見たにもかかわらずなぜだ。
そんなことはさておき、この月は7~10位辺りに入れた曲も
先月リリースならば2~4位辺りに入れてたと思うぐらいに
名曲が多かった。ということでいってみましょう。

2021年11月8日月曜日

[ライブレポ&旅日記]  喜界島のライブハウスで最高の体験をした話

10月22日(金曜日)、この日辿り着いたのは
鹿児島県・奄美地方に浮かぶ人口7000人ほどの離島、喜界島。
久しぶりに船旅・島めぐりということでここまでやってきました。
10月20日の夜にフェリーさんふらわあで大阪南港を出発し
21日に鹿児島県に到着。そして17時半に鹿児島市内発のフェリーきかいに乗船。
この日は予報通りに天気が不安定で条件付き運航というのが不安だったが
無事に予定通り喜界島に到着したのが朝4時半。
そして9時から空港前の売店のレンタルバイクに乗って島を一周してきました。

2021年10月15日金曜日

2021年8月度 マイベスト10

恒例企画のサブコンにより選ばれた月間マイベスト10を発表いたします。
今回は久々に全曲レビューいたしました。いってみましょう。

2021年9月30日木曜日

[ライブレポ]  Gacharic Spin「47都道府県TOUR「ROCKET SPIRITS」Restart!! 念願の14/47」

9月19日(日曜日)滋賀U☆STONEで開催された、Gacharic Spinのワンマンライブ
「47都道府県TOUR「ROCKET SPIRITS」Restart!! 念願の14/47」に行ってきました。
9月8日にセルフプロデュースアルバム「Gacharic Spin」をリリースした直後の
ライブということで、おろしたてホヤホヤの新曲の数々を楽しみにしてました。
でも本当は10月に開催される奈良ネバーランドのライブに行くはずが
チケットの先行抽選に軒並み外れて結局とれなかったという
信じられない事態が起きたためこっちの方に来たんですけどね・・・
滋賀U☆STONEは収容人数400人のライブハウスながらもこの日は椅子席が
用意されたライブということで、パイプ椅子の数を数えてみると観客数は70人ほど。
これではキャパ250人の奈良ネバーランドには50人入れられるかどうかで
そりゃ席足りないよな。キャパ500人の奈良EVANS CASTLE HALL(紹介記事はこちら)に
会場を変更できれば良かったのに。次回はぜひそこで開催して欲しい。

ちなみにここに来たのは約2年ぶり、前回も実はGacharic Spin主催のライブであり
TRiDENT(ex.ガールズロックバンド革命)との豪華対バンでした(レポはこちら)
ここ1年半ぐらいの主催ライブはワンマンしかやってないようだが
対バンも再開されて欲しい。ラジオ番組に呼んでもらったRAISE A SUILENとの対バンをぜひ!

2021年8月1日日曜日

[ライブレポ]  SALTY DOG " APOCALYPE " release tour

7月24日(土曜日)大阪・アメリカ村BEYONDで開催された
「SALTY DOG " APOCALYPE " release tour」に行ってきました。
4月にリリースされた最新ミニアルバムを引っ提げてのライブツアーにして
初の大阪ワンマン、しかもこれが最初で最後のワンマンだという公言が。
それならば例え直前までテレビでオリンピックを見ていた中であろうと
行くしかないということで、いつものアメ村のライブハウスに来てしまいました。

2021年7月25日日曜日

2021年6月度 マイベスト10

恒例企画のサブコンにより選ばれた月間マイベスト10を発表いたします。
この月は全く予想もしなかった大番狂わせが起きました。ということでいってみましょう。

2021年7月21日水曜日

[ライブレポ]  AINSEL、SEASIDE CIRCUIT、CHUCK it DAISY、SHELTER PLAN、ova「AINSEL 2nd Album [LIBERATION] Release Tour」

7月16日(金曜日)奈良ネバーランドで開催された
「AINSEL 2nd Album [LIBERATION] Release Tour」に行ってきました。
出演者は、AINSEL、SEASIDE CIRCUIT、ova、CHUCK it DAISY、SHELTER PLANの計5組。
この日の一番のお目当てはもちろん、広島からはるばる来てくれたAINSEL。
管理人の地元に好きなバンドが来てくれるという滅多に無い機会を
逃すわけにはいかないということで、AINSEL以外の計4組は
どれも全く知らなかったバンドであろうと行くことを決めました。
ちなみに翌日の松山でのAINSEL主催ライブでは45分のロングセットを組むとの予告があり
対バン相手もFRUITPOCHETTEとFROZEN CAKE BARと来たらむしろこっちの方が
行きたかったと一瞬思ってしまったが、いざ奈良ネバーランドに到着すると
ここに来るのは2019年のAldiousのワンマンライブ以来ということもあって
(レポはこちら)やっと帰って来たような気分になった。ということでいってみましょう。

2021年7月5日月曜日

2021年 上半期ベストソング&ベストアルバム

この時期の恒例企画と言いたいところでしたが実は2年ぶりのこの企画。
あくまで2021年の途中経過ということで年間ベストでは色々と変わるかもしれませんが
現時点での私的名曲ベスト20と名盤アルバム計4枚を発表いたします。

2021年6月30日水曜日

歌姫ピラミッド 2021年6月版

2020年6月以来の更新となりました、歌姫ピラミッドの発表です。
歌姫ピラミッドとは、以前からお世話になっている音楽ブログ
「日本の歌姫たち」にて不定期で行われている企画で、
現在活動中の女性歌手や女性ボーカルバンドを、自身の好きな順に
第1階層(計1組)から第5階層(計5組)までランク付けするという企画です。
2019年からは事実上1年に1回の定期更新となったということで、
今回もアーティスト名をクリックすると最新曲を聴けるようにしましたので
試聴してみることをおすすめします。ではさっそくいってみましょう。

2021年6月27日日曜日

2021年5月度 マイベスト10

恒例企画のサブコンにより選ばれた月間マイベスト10を発表いたします。
この月はアニソンシンガーとアニソンを多く歌うバンドの曲に名曲が多かった。
惜しくもマイベスト10選外となった曲の中だと、
・BURNOUT SYNDROMES「BLIZZARD」 [MV]
・EXiNA「DiViNE」 [MV]
・FLOW「United Sparrows」 [MV]
・halca「キミがいたしるし」 [MV]
なども良かっただけに。2000年代にソニーを中心としたアニメタイアップで
売り出されるバンドや歌手の曲ばかり好きになっていた頃を彷彿させる、
いわば当ブログの原点に返ったかのようなマイベスト10になったのでいってみましょう。

2021年6月25日金曜日

[ライブレポ]  FREEDOM NAGOYA 2021(amplest、豆柴の大群、バックドロップシンデレラ)

6月19日(土曜日)愛知県国際展示場で開催された「FREEDOM NAGOYA 2021 -EXPO-」
に行ってきました。当ブログではこれまで何度となく登場している
名古屋の音楽イベント事務所、RAD CREATIONの主催によるフェスといえば
でらロックフェスティバル、GOLD RUSH、そしてこのFREEDOM NAGOYA。
入場料無料で開催されるロックフェスとしてはCOMING KOBEと並ぶ
2大巨頭でありながら、こちらに行くのは実は7年ぶりで(当時のレポはこちら)
自分でもそんなに行ってなかったってけ?と思ってしまった。
会場は前回までの大高緑地から今回は中部国際空港の目の前の愛知県国際展示場、
通称Aichi Sky Expoで開催となり、タイトルロゴにも「-EXPO-」と飛行機マークが。
朝8時前より入場開始。この日観たのは途中2~3曲だけ聴いたバンドも含めると amplest→KUZIRA→豆柴の大群→バックドロップシンデレラ→Unblock→ WOMCADOLE→SHANK→ROTTENGRAFFTY→SPARK!!SOUND!!SHOW!!→FLOW→ HEY-SMITH→Hump Back→CROWSALIVE 以上の計13組。国際展示場Aホール内に2つ並列する形で設置された、 実質メインステージのaz.on STAGE、NSM STAGEの出演バンドを中心に観てきました。 まずAホールに入る前の入場列のマスの中には、本日の出演者にちなんだ クイズの数々が出題されていました。この時点から楽しめてしまう。 そして中に入ると白いテープで約5000人収容分のマスが区切られていて これを見ただけでボランティアを含めたスタッフの皆さんの努力が感じ取られる。 今回新たにクラウドファンディングまでやって予定通り開催してくれたというから さすが俺達のRAD CREATIONだ!ということでレポにいってみましょう。

2021年6月20日日曜日

2021年4月度 マイベスト10

恒例企画のサブコンにより選ばれた月間マイベスト10を発表いたします。
もう5月度のマイベスト10を作り始める時期であるにもかかわらず
すっかりブログでの発表が遅くなってしまいましたが、この回はどの曲を1位にするか
迷いまくりました。サプライズ選出ありの回ということでいってみましょう。

2021年6月16日水曜日

[アルバムレビュー]  早乙女麗那「FULL THROTTLE」


早乙女麗那「FULL THROTTLE」
(2020/5/3)

1. SE
2. Fiy so High  [MV]
3. Lapis:iazuli(Remastered Ver.)  [MV]
4. BITTER
5. UN LIMITED(Remastered Ver.) 
6. HBS
7. SAVE
8. 恋時雨(Remastered Ver.) 
9. Campanula
10. Fluegel(Remastered Ver.)  [MV]
お気に入り度:★★★★★★★★★☆ (9.5/10)

2021年5月26日水曜日

[ライブレポ]  LUPINUS ROCK FESTIVAL(BabooBee、CASPA、虎の子ラミー)

5月22日(土曜日)東京・下北沢のライブハウス計10会場で開催された
「Girl's UP!!!&ファミメ!presents "LUPINUS ROCK FESTIVAL"」に行ってきました。
今回が初開催となった、ガールズシーンを中心に活躍する女性ボーカルのバンドや
歌手ばかりを集めた、総勢85組の出演者による大型サーキットフェス。
1月に開催発表されて以来、その出演アーティストのあまりの充実っぷりを見て
ずっと楽しみにしてました。だが直前になってこの日も観る予定だった
82回目の終身刑とES-TRUSは映像のみの出演という名の出演キャンセル。
さらに次回以降の記事でも書いた通り、入場規制だらけのフェスとなってしまい
この日一番観たかったバンドが観られなかったという事態まで起きてしまったが、
それでも途中1~2曲だけ聴いたというバンドも含めると
BabooBee→CASPA→虎の子ラミー→ヘルダーリンズ→AIMI→カノエラナ→
THE革命キラ獣→→桃色ドロシー→RONDONRATS。→CHECK ME→
CANTOY→ЯeaL→GUNIX→TRiDENT→CREA→The Number Zero
以上の計16組ものライブを体験することができました。そのうち8組が初めて観たバンド。
下北沢といったら音楽の街。ここに足を踏み入れたのも人生初。 これまでは下北沢系のバンドに自分好みのバンドはほとんどいないのではという 偏見があったが、今回の会場の1つであるLIVE HOLICは激ロックエンタテイメントの 経営によるライブハウスだったりで、実際は多種多様な音楽が 集まる街だということが分かった。こんな機会を作ってくれた、 そしてこんなフェスを予定通りに開催してくれたGirl's UP&ファミメの 運営の皆さんにはあらためて感謝の言葉を申し上げたいです。

2021年5月14日金曜日

[アルバムレビュー]  SPYAIR「UNITE」


SPYAIR「 UNITE (初回生産限定盤) (DVD付)」
(2021/3/31)

1. I Wanna Be...  [MV]
2. 轍~Wadachi~  [MV]
3. PRIDE OF LIONS  [MV]
4. INSIDE OF ME
5. iris
6. B-THE ONE  [MV]
7. We'll Never Die
8. Get over it
9. One Day  [MV]
10. STORY
11. What is Love
12. La la la...
お気に入り度:★★★★★★★★★★ (10/10)

2021年5月12日水曜日

[アルバムレビュー]  AINSEL「LIBERATION」


AINSEL「LIBERATION」
(2021/3/24)

1. Decode  [MV]
2. ONE LIMIT  [MV]
3. リフレイン  [MV]
4. トワイライト  [MV]
5. Parallel World
6. CROSS GAME  [MV]
7. Last note
お気に入り度:★★★★★★★★☆ (8.5/10)

2021年5月10日月曜日

[アルバムレビュー]  THEイナズマ戦隊「世明けのうた」


THEイナズマ戦隊「世明けのうた」
(2021/1/13)

1. 世明けのうた  [MV]
2. THE GLORY SONG
3. WABISABIの唄  [MV]
4. 流れる日々を君と共に
5. 僕の宝物
6. 鳴り止まない鼓動
7. マイルメイルガンバル
8. Please Please marry me
9. おはようから墓場まで
10. リーダー論争  [MV]
11. 岐路に立つ君へ
12. 大切な人 幸せであれ  [MV]
お気に入り度:★★★★★★★★☆ (8.5/10)

2021年5月8日土曜日

[アルバムレビュー]  BAND-MAID「Unseen World」


BAND-MAID「Unseen World[初回生産限定盤]」
(2021/1/20)

1. Warning!  [MV]
2. NO GOD
3. After Life  [MV]
4. Manners  [MV]
5. I still seek revenge.
6. H-G-K
7. サヨナキドリ
8. Why Why Why
9. CHEMICAL REACTION
10. Giovanni
11. 本懐
12. BLACK HOLE
お気に入り度:★★★★★★★★★ (9/10)

2021年4月29日木曜日

[ライブレポ]  リリー楽綺団【Experience】Release Tour -KOBE-

4月25日(日曜日)神戸・太陽と虎にて開催された
「リリー楽綺団 Mini Album【Experience】Release Tour -KOBE-」に行ってきました。
今年1月のGOLD RUSH(レポはこちら)で初めてライブを体験して以来
ワンマンにも行きたいと思ってた、ハイスピードで進化し続ける6人組ガールズバンドが
1月リリースの7曲入りミニアルバム「Experience」を引っ提げてのライブツアーにして
今回は約2時間の長編セットリストを組むという予告があったので駆けつけました。
会場は太陽と虎、ここに来ると松原裕さんとCOMING KOBEのことを思い出す。 今の状況を天国からどう見ているのだろうか。 松原さんならそれでもきっと前向きな言葉をかけてくれそうだ・・・

2021年4月26日月曜日

2021年3月度 マイベスト10

恒例企画のサブコンにより選ばれた月間マイベスト10を発表いたします。
もう先に言ってしまいますが、この月はこちらの前記事に書いた通りTRiDENTの圧勝です。
AINSEL「ONE LIMIT」[MV]がサブコンでエントリーされてたら
どっちを1位にするか迷ったところでしたが。バラード曲の「トワイライト」も
若手バンドトップクラスの歌唱力を生かした曲で良かったので、
こちらも近いうちにアルバム感想を書きたいですね。

2021年4月24日土曜日

[CDアルバムレビュー]  TRiDENT「ADVANCE GENERATION」


TRiDENT「 ADVANCE GENERATION 」
(2021/3/17)

1. Opening -the return of us-  (Instrumental)
2. JUST FIGHT  [MV]
3. IMAGINATION  [MV]
4. RIDE ON  [MV]
5. SURVIVOR
6. Dystopia
7. Ambivalent  [MV]
8. Brand New World  [MV]
9. Continue  [MV]
10. Supernova
11. Re:ply
12. Last Hope  [MV]
お気に入り度:★★★★★★★★★★ (10/10)

2021年4月9日金曜日

2021年2月度 マイベスト10

恒例企画のサブコンにより選ばれた月間マイベスト10を発表いたします。
ここ1ヶ月近くブログの方も止まってしまってましたが、
別に最近の記事の内容にどこかから圧力がかかったというわけではないので
今月はもうちょい更新できたらいいなと思ってます。
てか今頃になってSpotifyで以前から気になっていたバンドや歌手の
アルバムを聴きまくっているので、そっちでも時間を取られてる。
昨年はそれすらやる気が起きなかったほど音楽離れしてたってことだなぁ。
なのでそれらのアルバム感想記事もまた書きたい。候補作はたくさんあるので
これまでより短文になっても数多く書くように方向転換しようかなぁ。

2021年3月10日水曜日

[CDアルバムレビュー]  リリー楽綺団「INDIVIDUALISM」


リリー楽綺団「 INDIVIDUALISM」
(2020/09/16)

1. undivide (Instrumental)
2. サイレン-siren-
3. アネモネ  [MV]
4. エゴイズム  [MV]
5. パノラマ
6. Reversal Game  [MV]
7. 感情dissimulate
8. ALliuM
9. クローバー
10. IRIS
11. ARROW
12. Re:verse  [MV]
13. シオン
14. connect (Instrumental)
お気に入り度:★★★★★★★★★☆ (9.5/10)

2021年3月9日火曜日

[雑記]  南無阿部陀仏の盗作(パクリ)疑惑の現時点での対応にガッカリした話

以前にもこちらで書いた、2021年1月リリースの南無阿部陀仏「卒業の日」が、
2018年リリースのTHE武田組「こどもの日」に似過ぎなことについて。

2021年3月5日金曜日

[ライブレポ]  SALTY DOG vs TRiDENT "東西 犬の乱"

2月28日(日曜日)名古屋・今池3STARにて開催されたライブイベント
「SALTY DOG vs TRiDENT "東西 犬の乱"」に行ってきました。
2020年5月にガールズロックバンド革命から改名及びメンバーチェンジを経て復活を遂げた
TRiDENTの主催による対バンツアーで、今回迎え入れたバンドがSALTY DOG。
この組み合わせ、実は2019年の当ブログの年間ベストソングの1位と2位の曲を
歌ったバンドということで(記事はこちら)まさに夢の競演を思いっきり楽しむはずが
SALTY DOGの方は開催直前の時期になって公式SNSで思わぬ発表が・・・

2021年2月27日土曜日

2021年1月度 マイベスト10

恒例企画のサブコンにより選ばれた月間マイベスト10を発表いたします。
この2021年1月度で参加10年目突入ということで、本来ならばおめでたいところだったが、
今回まず語らなければならなくなったのは、エントリー曲の盗作疑惑。
シングル曲部門の南無阿部陀仏「卒業の日」[MV]が、THE武田組「こどもの日」に似すぎ、
これを書き込むとプロの音楽関係者の方々からも「9割同じ」「丸パクリ」などといった
反響があったこと。その後誰かが「卒業の日」のMVにそれを指摘したコメントを書くと
次々と消されるということからも、やっぱりそうだったのかなと思ってしまうわけだが、
THE武田組の方は素晴らしいバンドだから多くの人に聴かれて欲しい。

魂を突き動かされるようなボーカルと、終盤の歌詞のメッセージは特に素晴らしい。
2019年の北海道遠征で聴けたのも嬉しかった(記事はこちら)またライブに行きたい。
てか当初はこの2021年1月度は、久しぶりに10曲では枠が足りないほどのハイレベル月で
名曲の宝庫、ついでに言うとネタ要員枠も豊富ということで盛り上がるはずだったのに。
ということで、気を取り直していってみましょう。

2021年2月21日日曜日

[CDアルバムレビュー]  ASCA「百希夜行」



ASCA「 百希夜行 (初回生産限定盤) (Blu-ray Disc付) 」
(2021/1/27)

1. 進化論  [MV]
2. CHAIN  [MV]
3. Howling  [MV]
4. regain
5. SAYONARA
6. 曖・アイ・愛
7. 天秤 -Libra- 百希夜行ver.  [MV]
8. DESIRE
9. 命に嫌われている。  [MV]
10. 君の街へ
11. Wings to fly feat. 足立佳奈, MaRuRi, mizuki
お気に入り度:★★★★★★★★★☆ (9.5/10)

2021年2月19日金曜日

2020年 私的ベストライブ&最優秀アーティスト

2020年度最後の年間ベストソング企画。当ブログはライブレポブログであることから
恒例の年間ベストライブと、最優秀新人賞、最優秀アーティストを発表いたします。
なお2020年の全ライブ記録はこちらでございます。
ワンマンライブは計2本、対バンライブは計3本、
フェス・イベント系ライブは2021年1月に振替となった「GOLD RUSH 2020」を
含めての計3本、この中から最優秀ライブをそれぞれ発表です。

2021年1月29日金曜日

2020年 私的名曲ランキング(100位~51位)

恒例となりました、2020年版・私的名曲ランキングを発表したいと思います。
2020年のリリース作品として、シングル曲、アルバム曲、配信曲などを問わず
ありとあらゆる形で聴いた約3000曲の中からの、ベスト100の発表です。
2019年の時点でこれで最後になるかもなどと言っておきながら、やっぱり2020年も
作ってしまうのはそれだけ音楽大好き、音楽オタクだからに違いない。
なのにネットの音楽オタクと呼ばれる人達が選ぶようなランキングの数々とは
なぜここまで内容が大きくかけ離れてるのかと毎年思うのはさておき、
今回も音楽試聴投票サイトのサブコンへの参加により100位まで作ることができた、
厳選を重ねた上で作られた年間ランキング、まずは51位までの発表です。

2021年1月24日日曜日

2020年12月度 マイベスト10

恒例企画のサブコンにより選ばれた月間マイベスト10を発表いたします。
これが2020年度ラスト。そしてこの次の記事でようやく待ちに待ったもとい誰も待ってない
2020年の年間マイベスト100を発表したいと思います。それではいってみましょう。

2021年1月12日火曜日

[ライブレポ]  GOLD RUSH2020(三角形の時間、Study Who、CODE OF ZERO、Free Aqua Butterfly)

2021年1月10日(日曜日)大阪・アメリカ村DROP、BEYOND、BRONZE、CLAPPERの
計4会場で開催された「GOLD RUSH2020」に行ってきました。
当ブログ的にはおなじみの、名古屋のRAD CREATION主催により
計4日間開催されるサーキットフェス。今回は3日目の大阪編(実質ガールズ編)
のみ行ってきました。本来ならば2020年5月に開催予定だったのが延期となっての
振替公演で、さらに直前になって出演キャンセルとなったバンドも多数現れたという中で
それでも数多くの調整や対策をした上で開催してくれた主催者とスタッフの皆さんには
心から感謝したいです。13時から19時半まで約6時間半の間に管理人が観てきたバンドは
三角形の時間→Study Who→CODE OF ZERO→Free Aqua Butterfly→Dicentra→
CALL OUT MY NAME→Re_roll→早乙女麗那→奏手候→Velka→MARKET SHOP STORE→
Magistina Saga→GUNIX→リリー楽綺団→ES-TRUS
以上の15組。毎回そうだがツイッターなどで他の観客の皆さんが書いたタイムテーブルと
見比べてみると、自分は2倍ぐらい数多くのバンドを観てるよなと思う。
当ブログなんてのは文章力も人気も無いから、せめて体力だけは自慢させてくれないか。
しかも午前中には草野球の試合に出てこれですからね(笑)
2019年のちょこロックフェス(レポはこちら)以来、約1年半ぶりの
サーキットフェスで会場間をダッシュできる喜び。疲れなんて感じないほどに楽しかった
ガールズロックの祭典ということで、それではライブレポにいってみましょう。

2021年1月3日日曜日

2020年11月度 マイベスト10

恒例企画のサブコンにより選ばれた月間マイベスト10を発表いたします。
前回は2020年度の中でもとりわけ高レベル回だったのに対して、
今回はカオス回となってしまったのではないだろうか(笑)ジャンルフリーかつ
ノーガードのぶつかり合いを制したのは誰だ!?ということでいってみましょう。

2021年1月2日土曜日

[ライブレポ]  Gacharic Spin 47都道府県TOUR「ROCKET SPIRITS」5/47

2020年12月27日(日曜日)大阪・umeda TRADで開催された
「Gacharic Spin 47都道府県TOUR「ROCKET SPIRITS」Restart!! 念願の5/47」
に行ってきました。2020年3月にリリースされた傑作ニューアルバム「Gold Dash」
(レビューはこちら)を引っ提げての、初の47都道府県ライブツアー。
長らく延期となっていただけにこの日を待ちに待ってましたよ。
たとえ2年3年かかったとしても47都道府県ツアーを最後までやり遂げたいと
リーダーそしてメンバー全員が語っていただけに、何としても成功して欲しいですね。