ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2017年7月19日水曜日

[CDレビュー]  THEイナズマ戦隊「LIVE GOES ON!」


THEイナズマ戦隊「 LIVE GOES ON !【初回限定盤】」
(2017/5/3)

ディスク:1 
1. 赤い命が燃えている  [公式PV]
2. Let's go DO根性
3. ドレミファソング
4. あいせてますように
5. YAKINIKU

ディスク:2 
1. 応援歌 -20th anniversary ver.-
2. オマエ・がむしゃら・はい・ジャンプ -20th anniversary ver.-
3. 合言葉 ~シャララ~
4. 各駅停車 -20th anniversary ver.-
5. ジタバタダンス
6. オマエだけを
7. 涙のファイター
8. 愛じゃないか -20th anniversary ver.-
9. 喜びの歌
10. Everything is gonna be alright
お気に入り度:★★★★★★★★☆ (8.5/10)




THEイナズマ戦隊の20周年企画アルバム。
CD2枚組のアルバム作品で、まずディスク1には新曲を計5曲収録。
「赤い命が燃えている」「Let's go DO根性」「YAKINIKU」
この曲名の数々を見ただけで笑ってしまった。これほどまでに気合いと情熱が満載の音楽を
これしか無いんだとばかりにひたすらワンパターンに歌い続ける、
ネットの音楽通な人達を一切寄せ付けなさそうなバンドって他にどれ程いるのだろうか。
こういうバンドが大好き。そんな当ブログの需要って一体どこにあるのだろうか。

まず今作のリードトラックである1曲目「赤い命が燃えている」は
2000年代の名曲の数々を彷彿させるほどにサビメロがキャッチー。
そして何より歌詞が良い。「へこたれながらも一歩ずつ それぐらいが丁度いい
あんまり上手くいってると 浮き足立つからね」これはただの脳筋野郎には描けないっすよ、
そりゃアイドルへの楽曲依頼も来るよなと思う。真摯な気持ちを込めて作られたのが伝わる。

2曲目「Let's go DO根性」はコーラスにアイドルネッサンスが参加、
手拍子なども交えたポップな曲調にのせて「♪根性 根性 DO根性」をサビで4回連呼、
その上にCメロで「♪K(ケー)O(オー)N(エヌ)J(ジェイ)O(オー)」
などとコールするものだから、どこまでど根性押しするつもりだ!と笑ってしまう。
まるでカツ丼を注文したらセットメニューで牛カルビ丼もついてきたかのような
ボリューム満点の特盛りど根性にもうお腹いっぱいっす。余は満足じゃ。

4曲目「あいせてますように」はひた向きさ感じるミドルバラード曲。
「♪甲子園を目指してた いがぐり坊主」という歌詞はボーカルの丈ちゃんのかつての姿でもあり、
そんないがぐり坊主達こそがヒーローであり夢や希望を教えてくれたという歌詞が
現草野球プレイヤーの自分としては共感しまくりでヤバいっすよ。
そしてディスク1のラストとなる5曲目は「YAKINIKU」。野球選手といえば焼肉ですからね。
イナ戦の新たな鉄板ソングになりそうな曲。自分は鉄板ではなくホットプレートで焼きますが。
なお音楽ナタリーのインタビューでは坂本九さんの「SUKIYAKI」を意識した曲だと
コメントしていたのがこれまた笑ってしまった(参照)世界に広がれ焼肉の輪。

ディスク2はライブの定番曲を中心としたベスト盤。
とはいっても代表曲の「応援歌」以外はPVが作られていない曲ばかりであり
今回は裏ベスト盤といっていいような選曲。
ます1曲目「応援歌」は今作において20th anniversary verとして再録、
初期の頃と変わらないほどの熱血っぷりが最高。キーは1つ下がってるけど。
そして2曲目「オマエ・がむしゃら・はい・ジャンプ」は
今年のCOMIN'KOBEでもみんなで一緒にジャンプで盛り上がったのが
記憶に新しい(当時のレポはこちら)これぞライブでこそ一層輝く曲。
3曲目「合言葉 ~シャララ~」はしくじり先生の挿入歌で毎回流れてるから
今回収録されたのか?と思ったのはさておきミドルバラード系の代表的名曲。
そして4曲目「各駅停車」5曲目「ジタバタダンス」は名実ともに最も勢いを感じられた
2000年代後半の曲で、この頃の曲には本当に元気づけられた。
カラオケでもどんだけ歌ったか。6~10曲目に収録された2010年代リリースの楽曲は
やはり2000年代の傑作曲の数々と比べるとやや大人しめになった印象がある。
とはいっても30代後半のメンバーが揃うバンドの曲としてはまだまだ元気だといえる。

たとえ流行りじゃないと自ら宣言したような音楽であっても、
それを愚直なまでに20年間歌い続けてきた、そんな姿に多くの人が心を打たれた、
だからこそ今でもこうして音楽界で活躍できているというのが分かる作品。
豪快な歌いっぷりを聴かせてくれるバンドこそが最高だという
当ブログ管理人みたいな人がいるならば、まずはこのバンドの曲をおすすめしたいです。







2017年7月15日土曜日

[CDレビュー]  Aldious「Unlimited Diffusion」


Aldious「 Unlimited Diffusion」
(2017/5/10)

1. Utopia  [公式PV]
2. Lose Control
3. Without You  [公式PV]
4. ジレンマ
5. 梅華
6. Alright
7. マリーゴールド
8. ノスタルジック (NEW MIX)
9. Reincarnation
10. Go away  [公式PV]
11. IN THIS WORLD
12. fragile (ALBUM MIX)  [公式PV]
お気に入り度:★★★★★★★★☆ (8.5/10)




Aldiousの通算6枚目のアルバム。今作はまずCDの帯の部分の
「熱いガールズ・ロックを聴きたいのなら"A"を聴け!」
というキャッチコピーからしてこれまで以上に開放的になったことを予感させられた。
そして今作のリードトラックである1曲目「Utopia」ではこれぞAldiousの
真骨頂と言いたくなるようなメロディックメタルを聴かせてくれる。
サビメロのキャッチーさは今作随一、そして何より
「♪太陽みたいに大きく 星空よりも輝く 本当はね そんな人にボクはなりたい」
こんなメッセージを1曲目から放つようになったことが感慨深かった。
ボーカル&作詞担当のRe:Noさんが新たに加入した直後の楽曲などは特に
「♪過去に傷を負った心は未だ癒されず」と歌うような
ダークネスな曲が多かったイメージだったのに、今ではこんなこと歌うようになった、
やっぱり本当は太陽や空のように大きく輝きたいと思っていたんだ・・・
この歌詞の変化は自分と重ね合わせたくなるようなものがあった。
俺も太陽や大空のようにでっかくなりたい!ということで
メタルを聴きながら筋トレすることにしましたよ。今はこういう音楽が大好きだ。

続く3曲目にはAldious史上最もポップな曲というキャッチコピーで
「♪イェイイェイイェイ」よりもキュートな「Without You」が何とも面白かった。
その一方で、透明感のある美声とハードロックサウンドの融合で
独自のミステリアスな魅力を放つ、4曲目「ジレンマ」5曲目「梅華」といった曲も健在。
そしてアルバム後半ではシングル曲となった「ノスタルジック」が
曲名通りに懐かしさ漂う歌謡曲テイストのロックナンバーで、
同じくシングル曲となった「fragile」はイントロのギターからして
泣きのギターと呼びたくなるような美メロバラードナンバーとこれまた多彩。
だがそれでもやっぱり後半の楽曲では11曲目「IN THIS WORLD」が
イントロから一緒に思いっきりヘドバンしたくなるような高速メタルチューンで、
サビメロはもう終わりかって程にあっさりしてるけどそれもまた有りと思えるほど
楽器隊の演奏のメロディが最高。これこそがライブでガンガン盛り上がれそうな曲で、
ライブこそがAldiousの本領発揮の場だから行きたいと思える、屈指のお気に入り曲。
なお今年10月には奈良ネバーランドで通算2回目のライブ開催決定ということで
当然これには行く予定ですよ。本当にネバランに戻って来てくれるとは
正直思ってなかったですからね(前回のレポはこちら)

昨年はSUMMER SONIC 2016、LOUD PARK 16、VISUAL JAPAN SUMMIT 2016などの
大型音楽フェスに次々と出演、そんな近年の躍進が見て取れるかのように、
従来のガールズメタルバンドという枠には収まらないほどの
幅広い曲調で多面的な魅力を発揮したアルバムを作り上げてくれた。
今作を聴く限りでは、Aldiousは既に日本を代表するガールズバンドだと言っても
決して過言ではないと感じられる。足りないのは世間的知名度だけ。
同じく昨年は「YOUは何しに日本へ?」で海外のAldiousファンが
特集されたこともあっただけに、もっと日本国内でも高く評価されて欲しいんですけどね。







2017年7月11日火曜日

[CDレビュー]  岸田教団&THE明星ロケッツ「LIVE YOUR LIFE」


岸田教団&THE明星ロケッツ 「LIVE YOUR LIFE」(アーティスト盤)
(2017/3/22)

1. 希望の歌
2. GATE ~それは暁のように~ [公式PV]
3. zero-sum game
4. GATE II ~世界を超えて~ [公式PV]
5. nameless survivor
6. 天鏡のアルデラミン [公式PV]
7. life logistics
8. EGOISTIC HERO
9. Ruler
10. Blood on the EDGE [公式PV]
11. vivid snow
12. LIVE MY LIFE [公式PV]
お気に入り度:★★★★★★★★☆ (8.5/10)




岸田教団&THE明星ロケッツの3rdアルバム。近年では数多くの
アニメ主題歌も手掛けている、同人音楽出身4人組女性Voバンドの作品。

2、4、6、10曲目とアニメOP曲としてヒットしたシングル曲が計4曲入っているが
サウンド的にはアニソンだとは全く想像もつかないぐらい、
今作もまたロックバンドらしい硬派でカッコいいガールズロック系の曲がズラリと並ぶ。
ギター、ベース、ドラム以外の楽器の音などは入らない曲が大多数。
1曲目「希望の歌」は激ロック系バンドがやりそうな直線的なシンセが加わった曲で
いきなり変化をつけてきたのは意外だったが、肝心のメロディが単調に感じてしまったし
唯一のバラード曲である「vivid snow」もメロディにもたつきがあったのを聴くと
やっぱり王道ロック路線のシングル曲こそ魅力を最大級に発揮できてると感じられる。
以前からこのバンドは、LiSAさんに「Empty MERMAiD」を提供したことでおなじみの
THE MUSMUSという女性Voバンドとキャラがかぶってると思ってしまう。
ボーカルの声質がそっくりなだけに。両方聴いている人はほとんどいなさそうだが。
「MARINE SNOW」みたいなミドルテンポ曲の傑作曲を岸田教団も作れたらもっと良くなるはず。
それでもラストを飾るアルバムタイトル曲「LIVE MY LIFE」の歌詞はとても良かった。
「♪どんな正解も正論もいらない 上等に生きる気はない」
「♪君が単純な感情で生きるなら 人生は結構悪くない」
これぞ人生の応援歌だ。さもこれが正論だとばかりに追いつめて叩くような
言葉の数々はもう聞きたくない、そんなことをずっと感じていただけに、
この歌詞には励まされた。たとえ上等かつ上流な人生でなくてもいいんですよ、
人には人それぞれの生き方があるのだから・・・

前アルバムでも同じことを感じたが、アニソン系アーティストとしては楽曲が
多彩さに欠ける傾向があるので、むしろこのバンドの作風は邦楽ロックを中心に
聴いている人の方が高く評価しそう。歌詞からしてシリアスな曲ばかり、
同じく教団を名乗るグループでも宗教法人マラヤとは作風が大違いだなと思ってしまった。
岸田教団は「♪仏像でブツぞ~」とか絶対歌わなさそうだし。それでもせめてアルバム曲では
もうちょい遊びの要素を加えたりしてもいいんじゃないかなと思ってしまう。
ライブではとても盛り上がることができそうなバンドだけに、
ぜひ一度生で見てみたいと思うのだがなかなか機会が無いのが惜しい・・・







2017年7月7日金曜日

2017年 上半期私的名曲&私的名盤アルバム

この時期の恒例記事ということで、遅くなりましたが作ってみました。
あくまで2017年の途中経過ということで、年末にはガラリとメンツが変わるかもしれませんが、
現時点での名曲ベスト20と名盤アルバムベスト10を発表いたします。


[上半期私的名曲]
1.沼倉愛美「Climber's High!」 [公式PV]
2.GANG PARADE「FOUL」 [公式PV]
3.鈴木このみ「Blow out」 [公式PV]
4.遠藤正明「エンジン」 [公式PV]
5.イヤホンズ「一件落着ゴ用心」 [公式PV]
6.COLOR COLOR CLOWN「華が如く」 [公式PV]
7.オメでたい頭でなにより「あられ雛DANCE!!」 [公式PV]
8.喜多村英梨「Revolution【re:i】」 [公式PV]
9.PASSPO☆「マイノリティ・ヒーロー」
10.遠藤正明「OYMGSG」
11.和島あみ「モノクロームテリトリー」
12.ANIME GIRL「GLITTER EMOTION」 [公式PV]
13.デーモン閣下「てふのやうにまひ」
14.milktub「成るがまま騒ぐまま」 [公式PV]
15.FROZEN CAKE BAR「ゲシュタルト」 [公式PV]
16.LiSA「TODAY」
17.PASSPO☆「NASA! ~なんであいつ好きなんだ、嗚呼~」
18.オメでたい頭でなにより「ダルマさんは転ばないっ」 [公式PV]
19.魔法少女になり隊「ヒメサマスピリッツ」 [公式PV]
20.BiS「SOCiALiSM」 [公式PV]


[上半期私的名盤アルバム]
1.PASSPO☆「Cinema Trip」 [レビュー]
2.和島あみ「I AM」 [レビュー]
3.LiSA「LiTTLE DEViL PARADE」 [レビュー]
4.BLUE ENCOUNT「THE END」 [レビュー]
5.COLOR COLOR CLOWN「COLOR CREATION」 [レビュー]
6.デーモン閣下「EXISTENCE」
7.鈴木このみ「lead」 [レビュー]
8.遠藤正明「V6遠神」 [レビュー]
9.喜多村英梨「Revolution【re:i】」 [レビュー]
10.BAND-MAID「Just Bring It」 [レビュー]


このような結果となりました。名曲部門も名盤アルバム部門も曲を試聴してみれば分かる通り、
うるさい音楽ばかりで、周りと比べると肩身が狭いという気持ちでいっぱいです。
だがそれでもやっぱり一番大好きなのは90年代風のガールズロックなんだなということを、
名曲1位に挙げた沼倉愛美、名盤アルバム1位に挙げたPASSPO☆の曲を聴いてあらためて感じました。
アニソンとアイドルの無い音楽生活は考えられない。
なぜなら近年のバンド以上にメジャー感のあるガールズロックを歌っている歌手が多いから。
今年は昨年のこの時期とは対照的にアニソン系アーティストが大躍進となりましたが、
バンドではこの中だとANIME GIRLに最大級の期待を寄せたいと思います。
関西出身バンドといえばいかにも今風のチャカチャカ系ギターロックバンドばかりな印象で
長らくハマるバンドが現れなかったが、ついに現れてくれた。
前記事になぜLiSAさんみたいな音楽をやっている女性ボーカルバンドが
出てこないのだろうかということを書いたが、ついに出てきたかもしれない。

サビのダイナミックなメロディ最高、そしてボーカルの歌いっぷりも聴いていて気持ち良過ぎ!

こちらの曲なんて開始20秒からモノが違う。ヘイ!の直後の間奏のメロディからして
そんじょそこらの関西若手バンドとは全然違う。もちろんサビメロの良さも文句無し。
今年5月に名古屋で開催されたGOLD RUSHのガールズロックイベントをきっかけに
知ったバンドでしたが(記事はこちら)実はそれに加えてANIME GIRLの次に登場した、
RAIL(E)RUSH、Accidentally Encounterといったバンドも本当に良かった。
なんでこんな素晴らしい曲を歌う女性ボーカルバンド達が揃いも揃って
現状無名なのかが分からない。なぜこっちが推されずにあっちが推されるのか・・
みたいなことをどうしても思ってしまう。探せば良いバンドはもっともっといる。
以上、2017年上半期で最もハマったアーティストはANIME GIRLだということを宣言して
当記事を終わりたいと思います。こんな誰もついていけなさそうな文章を最後まで読んで頂き
ありがとうございました。数少ないガールズロック系ブログだからということでご了承下さい・・



2017年7月6日木曜日

[CDレビュー]  LiSA「LiTTLE DEViL PARADE」


LiSA「 LiTTLE DEViL PARADE(初回生産限定盤)」
(2017/5/24)

1. LiTTLE DEViL PARADE  [公式PV]
2. Catch the Moment  [公式PV]
3. LOSER ~希望と未来に無縁のカタルシス~
4. the end of my world
5. JUMP!!
6. 狼とミサンガ
7. Rally Go Round  [公式PV]
8. Empty MERMAiD  [公式PV]
9. Peace Beat Beast
10. Blue Moon
11. Brave Freak Out  [公式PV]
12. TODAY
13. そしてパレードは続く
お気に入り度:★★★★★★★★★☆ (9.5/10)




LiSAの4thフルアルバム。前ミニアルバムからは約1年ぶりとなるリリース。
今作も1曲目「LiTTLE DEViL PARADE」から、まるで太陽のように明るい
ガールズロックを聴かせてくれる。この歌いっぷりと歌詞のメッセージはまぶしいぐらい。
「♪掲げよシンボル 僕が僕らしくあるために」といったサビの歌詞には元気づけられる。
決して梅宮辰夫のシンボルロック的な意味では無いってのは分かるとして、
これはきっと応援団長のLiSAさんがシンボルマークの大きな旗を振って
聴いてる人たちの気持ちを盛り上げてくれているんだ。そんな絵が想像できた。

アルバムオリジナル曲ではまず4曲目「the end of my world」が
エモロック全開でまさに期待通りの曲。「♪欲しいの「鋼のココロ」」
ここでキーが上がって力込める所なんてもう最高、こういう歌詞や歌いっぷり本当共感できる。
そしてシングル曲の7、8、11曲目などもご存知の通りの豪快な曲が並んでいる。
その中でも8曲目「Empty MERMAiD」はTHE MUSMUSのYOOKEYさん作曲、
当ブログの月間マイベスト10やライブレポでも何度か登場している女性Voバンドの
メンバーが手掛けただけあってそりゃハマるって分かる、最強エモチューン。
ぶっちゃけ生歌はTHE MUSMUSのボーカルよりLiSAさんの方が上手いし声量ありますよね。
ただシングル曲だと2015年12月リリースの配信シングル曲「ID」は
収録されるだろうと思っていたのにされなかったのが残念。
やっぱりCD派なので名曲は盤面に残しておきたいんですよ。

そして今作における前アルバムとの最大の違いは、バラード曲が良かったこと。
10曲目「Blue Moon」はサビで一気に盛り上がる展開がお見事。
エレキギターと共にガツンと聴かせる、別れを歌ったロックバラード。
そして何より収穫だったのが12曲目の「TODAY」。この曲を聴いて真っ先に思ったことは、
まるでDo As Infinityみたいなバラードだなと。キーはLiSAさんの方が高いが。
アコギを加えたバンドサウンドと、美メロ全開のサビメロには
哀愁を感じさせつつも、それでも一歩ずつ前に歩いていこうと歌う姿が心に響く。

2015年リリースの前フルアルバム「Launcher」(レビューはこちら)が
あまりにも圧倒的な傑作だっただけに、ここ1年ぐらいの楽曲を聴く限りでは
それを超えることはもう無いんだろうなと思ってた所があったが、
いざフタを開けてみるといやいや今作も素晴らしかった。
陰湿さなんてどこにも感じられないし、おしゃれぶったりツンツンした感もない
とことん元気印のガールズロック、これこそが王道かつ至高であると宣言したくなる。
むしろなぜ女性ボーカルのバンドでこういうのがもっと世に出てこないのだろうかと、
各地のロックフェスの出演女性メンバーを見る度に思ってしまう。
そりゃLiSAさんがロックフェスで人気を得られるのも当然だ。他にいないタイプなんだから。
もはやアニソン系アーティストであることは完全に忘れてしまいそうになる。
今の売れ線の女性Voロックアーティストの中ではやっぱりLiSAさんが一番だと
再確認できた作品。今年の年末こそは紅白歌合戦初出場を期待してますよ。







2017年7月3日月曜日

[CDレビュー]  Do As Infinity「Alive / Iron Hornet」


Do As Infinity「 Alive / Iron Hornet」
(2017/6/28)

1. Alive
2. Iron Hornet
3. Alive (Instrumental)
4. Iron Hornet (Instrumental)
5. ハレルヤ! [Bonus Track]




Do As Infinityの通算28枚目のニューシングル。
一般流通のオリジナル作品としては2015年2月のアルバム
「BRAND NEW DAYS」以来2年ぶりとなる、待ちに待った新作は
サウンドプロデューサーに、アニメ・映画音楽などで近年大活躍中の
澤野弘之さんを迎えて制作された作品。こんな豪華コラボが実現したことに
まず驚かされた。アニメタイアップ曲でも無いにもかかわらずというから尚更。

1曲目「Alive」を聴いた時点で、ミドルテンポ曲でここまで深遠な楽曲を
聴かせてくれるとはさすがだと感じた。戦乱で荒れ果てた世界の中で
希望を求めゆく姿を歌った詞は、これまでのDoAsの曲の中では
2004年リリースのシングル曲「楽園」を彷彿させるものもあったが
アコギ、ピアノ、シンセなどの音を組み合わせて作られたハイレベルな編曲が
加わったことで、名実ともに新たな世界が切り開かれたと感じられた。
歌詞に英語詞が多いのも全世界を見渡してのメッセージと解釈できる。
「♪荒れ果てた大地に咲く花は 君だろうか 僕だろうか」
この曲こそが戦場に咲いた花と呼ぶにふさわしい名曲だ。

2曲目「Iron Hornet」は全英語詞の洋楽ロック風ミドルチューン。
1曲目以上に荒涼感が漂う曲で、こちらもまた深遠な世界観を感じられる。

CD盤のみにボーナストラックとして5曲目に収録の「ハレルヤ!」は
昨年7月にmu-moショップ&ライブ会場限定販売CDとしてリリースされた楽曲の
新たなバージョン。作詞が伴ちゃん、作曲&編曲が亮さんという完全オリジナル曲。
昨年リリースのCDではアコースティックアレンジだったのに対し
今作ではバンドサウンドで、アットホームな雰囲気の曲を届けてくれた。
1、2曲目とは対照的なまでにほのぼのとしていて思わず笑ってしまいそうになりましたよ。

昨年リリースの新曲がライブ会場等での限定販売となったのを知った時には
果たしてこの先全国流通でCDが出ることはあるのだろうかとまで心配になったが、
2017年に、こんな誰も予想できないような新たな形で復活を遂げてくれたことに
あらためてDoAsのスゴさを感じた。無限の広がりはどこまで続くんだと・・・
唯一寂しさを感じたのはクレジットに亀田誠治さんの名前がどこにも無かったことだが
今回は1回休みということで、次作以降ではまた顔を出してくれますよね?