ブログトップ


2018年6月30日土曜日

2018年 上半期私的名曲&私的名盤アルバム

この時期の恒例記事ということで作ってみました。
あくまで2018年の途中経過ということで年末にはガラリとメンツが変わるかもしれませんが
現時点での名曲ベスト20と名盤アルバムベスト10を発表いたします。


[上半期私的名曲]
1.BRIDEAR「Dear Bride」 [公式PV] [レビュー]
2.あゆみくりかまき「残像フラッシュバック」 [公式PV] [レビュー]
3.Gacharic Spin「Redline」 [公式PV] [レビュー]
4.elfin'「貪欲スナイパー」 [公式PV] [レビュー]
5.カミツキ「月華の奏」 [公式PV] [レビュー]
6.LiSA「Thrill, Risk, Heartless」 [公式PV] [レビュー]
7.82回目の終身刑「LEGEND WING」
8.藍井エイル「流星」 [公式PV]
9.オメでたい頭でなにより「鯛獲る」 [公式PV]
10.HELLOWEEN「PUMPKINS UNITED」 [公式PV]
11.BAND-MAID「DOMINATION」 [公式PV]
12.喜多村英梨「妄想帝国蓄音機」 [公式PV] [レビュー]
13.TRUE「Lonely Queen's Liberation Party」 [公式PV]
14.Gacharic Spin「向かい風」
15.predia「SHADOW PLAY」
16.THE武田組「こどもの日」 [公式PV]
17.Roselia「軌跡」  [公式PV]
18.predia「クレオパトラ」 [公式PV]
19.Gacharic Spin「ズバリ発情期!」
20.西川貴教「Bright Burning Shout」 [公式PV]


1位はガールズバンドのBRIDEAR「Dear Bride」に決定。ハードロック・メタル系のバンドが
よりポップに多くの人達に向けて届くようにと思いを込めて作られた傑作曲。
ガールズロック好きにおすすめな曲なのはもちろんとして、
水樹奈々さんや藍井エイルさんが好きな人などもハマる曲なのではないかと思う。
これをきっかけにこういうバンドに興味を持つ人が少しでも増えて欲しい。
この曲を聴いてもらうために当ブログをやってると言っても過言ではないですからね。

ちなみに2016年も上半期名曲の1位はBRIDEARの「Rebirth」でした。
(当時の記事はこちら)2016年の年間では2位でしたが、果たして今回はどうなるか?
そして2位以下の曲を挙げるならば、4位のelfin'は思いもよらぬ大収穫。
美声女ユニットが歌う、イントロからして超絶ヒロイックな曲で
最高過ぎる・・・アニソンじゃないのが意外なぐらい。
さらにカミツキもインディーズにしてヒロイックでカッコいいアニソン風な曲を
歌っているバンド。こういった曲を好きになってくれる人が現れてくれないだろうか。
当ブログはこれぐらい無名の楽曲やアーティストにも
スポットライトを当てていきたいという思いを持って書いてますからね。
藍井エイルさんは復活おめでとう!2018年上半期で一番嬉しい音楽ニュースでした。
そして今回は当ブログの楽曲ランキングで初めての出来事が1つありました。
それは洋楽がランクインしたということ。これまでは洋楽はリリースされた年に
リアルタイムで聴くことが少なかったものでなかなか入れる機会が無かったが
HELLOWEENのシングル曲はさすが洋楽アーティストで初めて
CDを買って来日公演にも行ったバンドなだけある傑作でした。



[上半期私的名盤アルバム]
1.Gacharic Spin「G-litter」 [レビュー]
2.BRIDEAR「HELIX」 [レビュー]
3.BAND-MAID「WORLD DOMINATION」 [レビュー]
4.ROTTENGRAFFTY「PLAY」
5.Roselia「Anfang」 [レビュー]
6.82回目の終身刑「脱獄計画」 [レビュー] 
7.21g「GENORATION 2」
8.Pile「SHOWCASE」
9.Do As Infinity「ALIVE」 [レビュー]
10.相坂優歌「屋上の真ん中 で君の心は青く香るまま」


やっぱり1位はGacharic Spinなんだ・・・このバンドを聴いてもらうために
当ブログをやってると言っても過言ではないですからね。
上半期ベストには間に合わなかったという皆さんも、
年間ランキングの方にGacharic Spinをランクインさせるのは
まだまだ間に合うということで、これをきっかけにぜひ聴きましょうね。

今回は1、2、3、5、6位がガールズバンドというのはさすがに多すぎかもしれないが
それぐらい2018年上半期はガールズバンドの作品が大豊作だった。
その一方で男性ボーカルのバンドではROTTENGRAFFTYと21gの作品が
素晴らしかった。なんせどちらの作品にもワールドプロレスリングの主題歌という
最強タイアップ曲が入ってますからね。もはやこの時点で名曲確定レベルの。
声優歌手ではPile、相坂優歌の作品がポスト水樹奈々を期待したくなるほどの名作でした。
ということで7月以降もこれまで通りに幅広く聴いていきたいです。
今年こそは3年ぶりに下半期ランキングも作るんだ・・・なんせこの手の記事は
当ブログ的に他の記事よりも圧倒的にPV数が多いですから(笑)
今回も長文記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。2018年下半期もよろしくお願いします。



2018年6月28日木曜日

[CDアルバムレビュー]  Roselia「Anfang」


Roselia「 Anfang」
(2018/5/2)

1. Neo-Aspect  [公式PV]
2. BLACK SHOUT  [公式PV]
3. Opera of the wasteland  [公式PV]
4. 陽だまりロードナイト  [公式PV]
5. ONENESS  [公式PV]
6. Re:birth day  [公式PV]
7. Legendary  [公式PV]
8. -HEROIC ADVENT-  [公式PV]
9. Determination Symphony  [公式PV]
10. 熱色スターマイン  [公式PV]
11. 軌跡  [公式PV]
12. LOUDER  [公式PV]
お気に入り度:★★★★★★★★★☆ (9.5/10)

2018年6月20日水曜日

[ライブレポ]  YATSUI FESTIVAL! 2018(レ・ロマネスク、マッチョ29、爆乳ヤンキー)

6月16日(土曜日)東京・渋谷の各ライブハウスで開催された、
エレキコミックのやついいちろうさん主催による音楽とお笑いのエンタメフェス
「YATSUI FESTIVAL! 2018」に行ってきました。

音楽兼お笑いファンとしては以前から気になっていたフェスであり、
さらに今年はこちらの件によりGacharic Spinも2年ぶりに出演するということから
これは行くしかない!ということで初めて行ってきました。
しかし駐車場探しに手間取ったり昼ごはんのたらこスパ専門店で待たされたり、
極めつけはリストバンド交換所のVISIONに行ったらそのリストバンドが品切れで
届くまで待たされるという信じられないことも起こったりしたため
この日の1発目に行くことを予定していたレ・ロマネスクのライブステージは
開始時間の13時に間に合わなかった・・・終盤少しだけしか観られなかったのが惜しい。

2018年6月17日日曜日

ブログ再リニューアル&再改名のお知らせ

タイトルの通り、ブログを再リニューアル&再改名いたします。
理由は今年1月からのブログ方針に限界を感じたから。約半年間ほぼ毎日更新しても、
全然といっていいほどブログのPV数もツイッターのフォロワー数も伸びなかったから。
今年1月からのブログタイトルは「ガールズロック 名曲」で検索して上位に来るように
なりたいという思いで名付けて、実際上位に来るようになったにもかかわらず。
やっぱり音楽系ブログをやってるからにはより多くの人に記事を見て欲しいし
おすすめの音楽を聴いてもらいたいという気持ちがある。
でもそれは本当に難しいことなんだなというのは今までずっと痛感させられてきた。
結局のところは前記事の百万石音楽祭のライブレポの最後の方に書いた通りですよ。

もっとヒロイックでカッコいい曲を好きになってくれる人はいないのかなぁ・・・
特にアニソン系に対してはそれをすごく思う。あとアイドル系もか。バンドは言うまでもなく。
ということで新しいブログタイトルを名付けました。最初はヒーローと入れようかと思いましたが
やっぱり当ブログは歌姫系ブログの流れを汲むブログだからということでヒロインにしました。
再リニューアルといってもやることは今までとそんなには変わらないわけですが、
ガールズ系にジャンルを絞るとかいうのはやめて、より自由に記事を
書いていきたいと思います。リニューアル1発目の記事は何を書こうかな?
筋トレしながら聴きたい音楽特集とかやろうかな?その前にやついフェスのライブレポか。
やっぱり特定のジャンルしか相手にしないようなブログよりも
幅広く書いているブログの方が好き。ガールズ系だけでは尚更なかなかブログを
見てもらえないことも分かったので、昨年までのブログ以上に幅広く書きますよ。
ということでこれからもよろしくお願いします。





最近聴いたガールズバンド&アニソン系といえばRoseliaのアルバムが期待通りの名作。
もしも自分が中高生の頃にElements Gardenがあれば本気で作曲家として入団することを
目指していたかもしれない・・・アルバム感想記事も近いうちに書きたいですね。



2018年6月9日土曜日

[ライブレポ]  百万石音楽祭2018(魔法少女になり隊、Dizzy Sunfist、MOSHIMO、ヤバイTシャツ屋さん)

(前記事はこちら)

・魔法少女になり隊

[セットリスト]
・ヒメサマスピリッツ
・おジャ魔女カーニバル!!
・シェキナゴン
・START
・革命のマスク
・完全無敵のぶっとバスターX
・冒険の書1

2018年6月5日火曜日

[ライブレポ]  Do As Infinity LIVE TOUR 2018 -ALIVE-

5月26日(土曜日)大阪・エルシアターにて開催された
「Do As Infinity LIVE TOUR 2018 -ALIVE-」に行ってきました。

2018年6月4日月曜日

絶叫する60度 feat.ザ・ヒーナキャット「ゴキブリ」 (2018/4/3)


2人組アイドルと2人組ガールズバンドによるコラボアルバムのリード曲。
たとえどんなに叩かれて嫌われても負けたくない、
ゴキブリのように必死で生きてやるんだといった歌詞の数々には
そこまで歌えるのかと驚かされた。溢れんばかりの生命力を感じられて素晴らしい。
「♪あなたの言葉を受け止めて 噛みしめるだけ大きくなっていく」
叩かれるような言葉をなかなか受け止められない自分には尚更響く。
本当に大きくなりたい。あらためて歌詞の一語一句を噛みしめたくなるほどの名曲。
ザ・ヒーナキャットといえばダークテイストの入ったコテコテの歌謡ロックの
イメージが強いバンドでこの曲もまさにそうだが、
今作では絶叫する60度の2人が歌うことでより聴きやすくなった。
サビ部分では希望すら感じさせてくれたのは2人の歌唱の明るさがあってこそ。
なんならこの2組で正式に新バンドを結成してもいいとすら思えるほどでしたね。


[収録作品]
・絶叫するヒーナキャット




2018年6月3日日曜日

[ライブレポ]  82回目の終身刑、ANIME GIRL、柳瀬蓉、STARMARIE、他「大阪葉月フェスティバル2018」

5月27日(日曜日)大阪RUIDOにて開催されたイベントライブ
「大阪葉月フェスティバル2018」に行ってきました。
浪花の狂犬(なお出身は奈良県)というキャッチコピーでおなじみのアイドルで
ガールズバンド「82回目の終身刑」のボーカリストとしても活躍中の
葉月さん主催によるイベント。今回行ってきたのは17時スタートの第二部で、計10組が登場。
なお女性は入場無料だったそうだがその割に女性客は少な過ぎ・・・
無料ならば女性客率が82%ぐらいあってもおかしくなさそうなのに
実際は男性客率が82%超えですからね。もっと幅広い層に観て欲しいライブでしたよ。