ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・アニソン・アイドルからハードロック・メタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも基本的に大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2017年1月12日木曜日

2016年 空唄音楽大賞

昨年12月31日の年間私的名曲ランキング(100~51位)の発表から始まった
2016年の音楽総評のラストといたしまして、
「2016年 空唄音楽大賞」を発表したいと思います。

・最優秀歌唱賞
・最優秀作詞賞
・最優秀編曲賞
・最優秀珍曲賞
・最優秀PV賞
・最優秀ライブ賞
・最優秀新人賞
・最優秀アーティスト
・(番外)最優秀パクリジナル賞

を勝手に決め、発表するという企画でございます。
なお昨年までは私的音楽大賞という名前でしたが改名いたしました。
むしろ最初からこの名前の方が良かった。ちなみに2015年の結果はこちらです。
独断と偏見だらけの企画ですが、いってみましょう。








・最優秀歌唱賞
浜田麻里「Dystopia」 [アルバム試聴] 


・優秀歌唱賞
和島あみ「永遠ループ」 [公式PV]
藍井エイル「翼」 [公式PV]
水樹奈々「STAND UP!」 [公式PV]
ASRA「Ray-line-raga」 [公式PV]
HER NAME IN BLOOD「LAST DAY」 [公式PV]
カメレオン7「チャンス」 [公式PV]
沼田浩正「君がいたから」 [公式PV]


浜田麻里「Dystopia」の曲終盤の5分30秒~6分地点の超ハイトーン&超ロングトーンは
人類史上最強なんじゃないのかと思えてくる。あまりにも感動的。
というか麻里さんが新曲を出した年は全て麻里さんが最優秀歌唱賞になってしまいそうだから
今回をもって殿堂入りということにした方がいいのかなと思ったり・・・
さらに2016年は男性ボーカリストも光るものを数多く見つけられたのが良かったです。
HER NAME IN BLOODの曲のAメロ部分のクリーンとシャウトの中間ぐらいの歌声、
カメレオン7の爆風スランプみたいなボーカル、沼田浩正さんという高校野球曲シンガー、
これら合わせて骨太家族と称してもいいぐらい迫力ありましたよ。ライブにも行ってみたい。








・最優秀作詞賞
ももいろクローバーZ「ゴリラパンチ」


・優秀作詞賞
ASH DA HERO「Everything」 [公式PV]
GLIM SPANKY「ワイルド・サイドを行け」 [公式PV]
MOROHA「宿命」


本来ならASH DA HERO「Everything」が年間ベストソングとの2冠でも良かったのだが
あえてこちらを最優秀作詞賞にしました。
この賞はももクロというよりは作詞をしたSEX MACHINEGUNSのANCHANGへの賞です。
自身のバンドの曲の歌詞はネタ切れ感が漂ってるのに提供曲の方では本気出してる。
ゴリラにパンダにクラゲといった動物を使った比喩表現もうまいが、
「熱すぎるってダサい事ですか?」「激しいのって恥ずかしいですか?おしゃれぶった若者よ」
これにはよくぞ言ってくれた!!と思いっきり拍手を送りたくなりましたよ。
おしゃれぶった若者的には、どうせ自分の好きな歌手バンドは軒並みダサい扱いされるんだろうな・・という劣等感を持ち続けていただけに。
この歌詞は今の音楽シーンや音楽好きの皆さんに向けたメッセージでもあると思うし、
近年FMなどで流行しつつある、おしゃれなシティポップやブラックミュージック風サウンドの
カウンター的存在として、こういったパワーポップ系やラウド系のアイドルグループの曲が
存在感を増してきているのかなとも思えてくる。
自分はそういったアイドルの曲の方を聴きたいと思う。今のアイドルシーンは面白いから!








・最優秀編曲賞
JAM Project「NAWABARI~背徳のシナリオ~」 [公式PV]


・優秀編曲賞
SALTY DOG「Eternity」 [公式PV]
May'n「Belief」 [公式PV]
黒崎真音「VERMILLION」 [公式PV]
イヤホンズ「予め失われた僕らのバラッド」 [公式PV]
ぜんぶ君のせいだ。「うぇゆうぇゆうぉっ~ヒネクレノタリ~」  [公式PV] 
21g「魂ノ歌」 [公式PV]
SORAMIMI「FREE BIRD」 [公式PV]


JAM Projectがオリジナル曲で新たな扉を開けてくれた。
ヒリヒリ感がたまらないデジロックチューン。ピー音とかハッハッハッとか細部まで含めて編曲が最高にカッコいい。
毎年のことながらこの賞はアニソン系アーティスト中心ながらも、それ以外を挙げると
ぜんぶ君のせいだはライブが超絶に盛り上がりそうなラウド+トランス曲で
ぜひGacharic Spinと対バンして下さいと思える曲。おそらく実現すると思う。
21g「魂ノ歌」は優秀編曲賞というより優秀ギター賞。この賞を新設しようかと思ったぐらい。
この曲は日本で最も遠藤正明ソロ曲に近い曲ですよ!間奏のギターを聴くだけでシビれる!








・最優秀珍曲賞
宗教法人マラヤ「仏像殺人事件」 [公式PV]


・優秀珍曲賞
上坂すみれ「文豪でGO!」
リバーシブル吉岡「CKB -乳首の呪縛-」 [公式PV]
ミオヤマザキ「Hのすゝめ」 [公式PV]
HIPPY「意識の高いデブ」 [公式PV]


2016年の最優秀珍曲はこの曲しかありませんでした。
すみぺこと上坂すみれさんの「♪う~~ ドストエフスキー!」も捨てがたかったが
宗教法人マラヤがこんな最優秀チン曲ポコ曲をもって降臨されたら勝てる人いないだろ・・・
ミオヤマザキはサウンドだけ聴けばアイリッシュ風味を加えたバンドサウンドが
素晴らしいというのに、歌詞がどえらいこと言ってもうてるな!
宗教法人マラヤの曲が最優秀チン曲ならばこちらは最優秀m(以下規制が)








・最優秀PV賞
惑星アブノーマル「LET IT DIE ~時をかける殺し屋~」 [公式PV]


・優秀PV賞
ジュリアナの祟り「バブリー革命~ばんばんバブル~」 [公式PV]
キャラメルパンチ「オトコメイション!!」 [公式PV]
LADYBABY「アゲアゲマネー ~おちんぎん大作戦~」 [公式PV]
岡崎体育「MUSIC VIDEO」 [公式PV]
THE MUSMUS「MARINE SNOW」 [公式PV]


惑星アブノーマルのPVはまさに芸術的。カオスティックな映像の数々が
楽曲の魅力をより一層引き出している。まさに宇宙人が作ったみたいだ。
見終わった後にぴゅるぴゅるぴゅる~って言いたくなってしまう(参照)
見ていて楽しいという意味ではジュリアナの祟りのPVが一番。
キャラメルパンチのPVは「心技体」の横断幕などから武道家魂を感じられて
どうかこういう血気盛んなバンドが世に出てきて欲しい!と思えるPVでしたよ。
LADYBABYは女装外国人のレディビアードがシャウトするのを見てるだけで面白かったのに
脱退してしまったのが残念。ついでに言うと2015年最優秀PV賞の激情★めたりっちぇが
あっさりと解散したのも残念でたまらんなと[公式PV] この2組は通ずるものがある。








・最優秀ライブ賞
椎名ぴかりん (でらロックフェスティバル2016) [ライブレポ]


・優秀ライブ賞
HELLOWEEN (JAPAN TOUR 2016) [ライブレポ]
FROZEN CAKE BAR (ONE MAN DUNGEON -BATTLE OF GUILDE-) [ライブレポ]
Mary's Blood (でらロックフェスティバル2016) [ライブレポ]
LiSA (LiVE is Smile Always~Hi! FiVE~) [ライブレポ]
田村直美 (NAONのYAON 2016) [ライブレポ]
METALLIC SPIN (Electric Lady Loud 2016) [ライブレポ]
バックドロップシンデレラ (MINAMI WHEEL 2016) [ライブレポ]
CRAZY WEST MOUNTAIN (MINAMI WHEEL 2016) [ライブレポ]


椎名ぴかりんの神対応ならぬ噛み対応に感激。土下座する下僕どもを踏みつける姿は圧巻。
たとえライブ現場がMの集会扱いされようが廃院寸前の病棟扱いされようが
2016年最も面白かったライブはぴかりんのライブですよ!これぞでらロックだ。
正統派で選ぶならば、初めての洋楽アーティストのライブとなったHELLOWEENは
レジェンドをあんなにも間近で見られたことに感激しました。やはり格が違った。
FROZEN CAKE BARのワンマンライブは2年越しの悲願だっただけあって
たとえギターにトラブルが起きようがボーカルの声が小さかろうが
それを補って余りあるぐらいに面白かった。
2016年はフェス系ライブにも計6本行きました。ほぼ全部最高に良かったです。
満足度の高い順に並べるならば、Electric Lady Loud(殿堂入り)
>NAONのYAON>でらロックフェス>アニサマ>COMIN'KOBE>>>>>>>>>
>MINAMI WHEELぐらいになるのだが、ミナホもバクシンとCWMがスゴかったし
ライブ中に登山とサッカーまでできたんだから面白かったですよ、この2組に救われた。









・最優秀新人賞
和島あみ


・優秀新人賞
BAND-MAID
ぜんぶ君のせいだ。


2016年の最優秀新人はこのアニソン系ロックシンガーしかいない。
デビューシングルにして限界まで迫りくるようなハイトーンボイスを
Cメロ部分で聴かせたかと思いきや、2ndシングルでは同じくCメロ部分で
その限界をも超えんばかりの、魂のこもった歌唱をぶつけてくるのを聴いて
これからもずっと応援していきたいと思った。持ってる素質が段違い。
声質的にもロック系の曲を歌うために生まれてきた声の持ち主だ。
BAND-MAIDはメジャーデビューおめでとうございます。
曲を聴けばカッコいいハードロック系ガールズバンドそのものなのに
一転してMCでは小鳩ミクちゃんが萌え萌えずっきゅんばっきゅんとか言うのがたまらん。
やっぱり激ロックやBARKSなどに載ってるバンドの方が面白いバンド多いよなぁ。
ぜんぶ君のせいだは2017年から本格的にハマること間違いなしなので先に入れておきました。








・最優秀アーティスト
がんばれ!Victory



1stアルバムが傑作だった上に、この2016年に最も多くライブに行ったバンドということで
がんビクで決定です。計4回(フェス系ライブ含む)も行ったというのは単独1位。
これに続くのがGacharic Spin、Mary's Blood、あゆみくりかまきの計3回でしたが
こちらと見比べてみると、自分はケタが1つ少ないよなぁ・・・








(番外)
・最優秀パクリジナル賞
4年2組「バッター!!!!ビビってる!!~さあ僕ら「勝ち方」を見つけよう~」 [公式PV]
(In the Soup「東京野球」) [参照]


・優秀パクリジナル賞
PAN「ギョウザ食べチャイナ」[公式PV] (四星球「鍋奉行パエリアに挑戦」) [公式PV]
アンドクレイジー「感情爆破レイン」[公式PV] (Mary's Blood「Marionette」)[公式PV]
渋谷P.R「悲観的狂詩曲」[公式PV] (リトルブルーボックス「ファイティングポーズ」)[公式PV]
ASH DA HERO 「HELLO NO FUTURE」[公式PV] (B'zのアッパーチューン全般)


最後に番外編でお届けする賞は、ちづるさんのブログ「インテリジェンヌ」にて発表されていた
伝説の年間ベスト企画「BEST OF PAKURIGINAL」を当ブログで復活させようということで
作ってしまいました。4年2組の曲には驚きましたね。まさかIn the Soupの東京野球という
無名ながらも隠れた大傑作曲で、カラオケでも以前から歌い続けていた曲が
この2016年に、彼ら独自のポップス解釈により新たに生まれ変わったというのだから。
YouTubeの公式PVにはコメントができない設定になってるのが惜しまれる。
これをきっかけにIn the Soupみたいなバンドが再評価されて欲しいと思ったのに。
PANは四星球と対バンもしてきているはずなのに堂々とパクリジナルをやってのけたのがスゴい。
アンドクレイジーと渋谷P.Rのアイドル2組はたまたまサビメロが似てしまっただけでしょうし
そもそも両方知ってる人いないと思うが。アイドルとアニソンは通ずる要素が多いんですよ。



2017年1月10日火曜日

[ライブレポ]  CYNTIA LIVE TOUR 2017 ‐Urban Night‐

1月8日(日曜日)大阪・阿倍野ROCK TOWNにて開催された、CYNTIAのワンマンライブ
「CYNTIA LIVE TOUR 2017 ‐Urban Night‐」に行ってきました。
昨年に東京まで行って見てきたNAONのYAONでは、ライブ終了後にボーカルのSAKIさんが
感激のあまりSHOW-YAの寺田姐さんと抱き合っていたのが印象的でしたが(レポはこちら)
ワンマンライブの方は2015年のツアー以来約2年ぶりに行くということで楽しみにしてました。



[セットリスト]
・Bless of the Fire
・Run to the Future 
・不眠症シンデレラ
・if
・Life Goes On
・深愛エゴイズム
・Through the Fire and the Desire
・ZOO
・TAKE ME HIGHER
・Call Me.
・暁の華
・Un!verse
・Urban Night
(アンコール)
・閃光ストリングス
・ハピネス

全15曲



まず1曲目からいきなり、期待していた最新アルバム収録のガールズメタルナンバー
「Bless of the Fire」をやってくれました。これには会場も一気に盛り上がる。
間奏部分ではYUIさんが最前でギターソロを披露するなど高い演奏技術も見せつける。
さらにインディーズデビュー曲で同じくメタル系の「Run to the Future」は
これまでのライブで披露された時以上に、ステージ上から躍動感が溢れていた。
頭を振って髪を振り乱しながらダイナミックに演奏する姿は迫力ありました。
これまではこういったハードな曲でのライブパフォーマンスが
Aldiousなどの他の女性メタル系のバンドと比べるともう一歩かなと思っていたのが
今回のライブでは飛躍を遂げたと感じられた。これには自分も最前で盛り上がりたかったなぁ。

ベースのAZUさん中心とした1回目のMCの後、最新アルバムから立て続けに3曲を披露。
「不眠症シンデレラ」ではピンクのライトに照らされながら歌うSAKIさんの姿が
何ともセクシーでしたね。ポップなダンスチューンの「Life Goes On」も
予想以上にライブで盛り上がりました。黄色のライトに照らされて
キーボードのAYANOさんの青い髪も黄色く光る。演奏する姿が何とも幻想的。

初期の名曲「Through the Fire and the Desire」ではタオル回しで盛り上がる。
重低音が響くハードロックナンバーでこれまた実力の高さを見せつけた後、
CYNTIAのライブではすっかり恒例となった、AYANOさんによる熱ポジコーナーが。
まずは表に「熱」裏に「ポジ」と書かれた巨大うちわを取り出し、
ひたすら大声でしゃべり続けた後、お客さんとのコール&レスポンズを要求。
これまでの大阪でのライブはたこ焼きたこ焼きとばかり叫んでたイメージだったが
今回はもう1つ取り出された巨大うちわの方に「USJ」という文字が。
何やらUSJには行きたいけどまだ行ったことがないそうです。
そしてUSJとコール&レスポンズするのかと思いきや、そのUSJに似た言葉も
一緒に叫ぼうということで、AYANOさんが巨大うちわを裏返すと、
そこには大阪城のイラストと共に「OSJ」という文字が。
すかさずAYANOさんが「OSJ!」と叫ぶも、会場の空気は・・・
見事にスベってしまいましたね(汗)「大阪城」を略して「OSJ」、
個人的にはそこそこ上手いと思ったのでもうちょいウケても良かったはずだが。
それでも最後にはうちわを何度もひっくり返しながら「USJ!」「OSJ!」と
お客さん達とのコール&レスポンズで盛り上がりました。

熱ポジコーナーの後は、未CD化曲を立て続けに2曲披露。
「ZOO」はYouTubeに振り付け講座がアップされていた曲で(参照)
まずはお客さんみんなで両手を挙げて指の関節を曲げて・・・あゆみくりかまきかと
思ってしまったが(参照)期待通りのダンサブルなステージで楽しかったです。
歌詞はサルゴリラチンパンジーとか歌ってた?もしも最新アルバムに収録してたら
面白過ぎて浮いてしまいそうな曲だったから入らなかったのだろうか。
「TAKE ME HIGHER」は最新アルバム曲に例えたら「Bless of the Fire」と
「ハピネス」の中間ぐらいの曲かな?2曲ともCD化が待ち遠しいです。

この日唯一のバラード曲「Call Me.」ではミラーボールの光に照らされながら
会場一帯にSAKIさんのエモーショナルな歌声が響き渡る。
バラード曲でより歌唱力の高さを見せつけられた。声の伸びも表現力も文句無し。

アンコールでは聖闘士星矢OP曲であり代表曲の「閃光ストリングス」で盛り上がり、
そしてラストナンバーにはみんなが幸せな気持ちになって欲しいというメッセージの後
「ハピネス」を披露。これで最新アルバム曲全曲を歌ってくれましたね。
昨年はドラマーの脱退などでライブをしたくてもできない時期があったことなどを
MCで語っていただけに、やっと再びライブツアーができることへの感謝の言葉に加え
感謝の気持ちがメンバー全員から終始伝わってきていたのが印象的でした。
最後にはサポートメンバー含めた5人全員が肩を組んでお礼をしてましたね。

これほどまでに演奏と歌唱の実力があり、カッコいいハードロック・メタル系の曲から
ポップでキャッチーな曲まで多彩なステージを見せてくれるガールズバンドは
どう見ても人気バンドになれる素質があるのに。MCにて、対バンで全国回ったりする
機会が少ないバンドなだけにと言っていたのは少し気になってしまいました。
むしろ対バンライブやフェス系ライブに数多く出られるようになれば
もっと人気上がるはずなのに・・・一応Gacharic Spinやがんばれ!Victoryなどとは
対バンしたことがありましたが、それだけでは足りないということで、
でらロックフェスやカミコベなどにもCYNTIAを出してくれませんかね?
今日の阿倍野ROCK TOWNぐらいのハコで終わるようなバンドじゃないはず。
まだまだこれからの飛躍を期待したいです。