ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2017年7月22日土曜日

[CDレビュー]  田村直美「Santih Santih Santih」


田村直美「 Santih Santih Santih」
(2016/9/21)

1. The future starts today 
2. Against
3. Bhaja Mana
4. Stand and fight!!
5. Starting point
6. Gravity
7. NUDE
8. Santih Santih Santih
9. Fireworks
10. Wonderland
お気に入り度:★★★★★★★★ (8/10)




田村直美の通算10枚目のオリジナルアルバム。
新曲のリリースは2012年のアニメタイアップコレクション&カバーアルバム
「リスペクト フォー アニソン」(レビューはこちら)以来約5年ぶり、
さらに完全オリジナルのアルバム作品は2008年にリリースされた
「Rockfield willow」以来約8年ぶりというからまさに待望の新作。
5年前の時点では本格的にアニソン系アーティスト路線に転向するのかと思いきや
今作は全曲タイアップ無し。これはむしろ残念だと思う気持ちの方が強い。
なぜならこれほどまでの曲を多くの人に知られる機会が無いなんてもったいないと
思わずにはいられないような大傑作曲があっただけに・・・

まず1曲目「The future starts today」はブルージーな雰囲気漂う、
これぞ平成オールドロックとでも呼びたくなるような曲。
いかにも今風な若手バンドがやるギターロックよりもこういう曲の方が
好きだというとおっさん扱いされるのだろうか?ともあれ名曲には違いない。
2曲目「Against」は大冒険へと旅立つかのようなスケール感と開放感に満ちた
アッパーチューンで、サビで突き抜けるハイトーンボイスも素晴らしい。
持ち前の高い歌唱力が存分に生きている。実年齢より30歳ぐらい若い曲に聴こえる。

3曲目「Bhaja Mana」は今年6月に開催されたGacharic Spinとの対バンで
コラボ曲として披露された楽曲(当時のライブレポはこちら)
ラテンテイストの加わったバンドサウンドにはゴージャスさを感じられる上に
「♪女に生まれた幸せ」などといった歌詞がこれまた90年代ガールズロックっぽくて
何だかとても懐かしくて笑ってしまいそうになった。
今の時代ならばこんな雰囲気の楽曲はベッド・インぐらいしか歌わなさそうだ。

そして5曲目「Starting point」、これは田村直美史上最高傑作ではないかとまで思った。
この記事の一番下にあるアルバムダイジェストの3分50秒地点から試聴した
その瞬間から傑作を確信した。圧倒的にキャッチーなメロディに抜群の歌唱力、
とにかく豪快そのもので、それに加えて歌詞もカッコ良過ぎ。
「♪飛び越えるイメージは完成 わき上がれ歓声」なんてまるで
ヒーローが降臨したかのようなアニソン系のロックみたいで、
むしろなぜこの曲にアニメタイアップが無いんだ!?とすら思ってしまった。
間奏のギターソロもこれまたメタリックで最高。こういう曲調の楽曲をもっと聴きたかった。

6曲目「Gravity」はまるで星空のような深遠さを感じるバラード曲。
音の数が少なめな分、楽器のメロディの一つ一つが聴けば聴くほどに響いてくる。
続く7~8曲目辺りは大人のロックといったところか?そしてラストナンバーとなった
10曲目「Wonderland」は「♪止まらない未来を目指して」と自身の代表曲
「ゆずれない願い」のサビをコーラスに加えてきたところが印象的。

今でもこんなに上手い歌を聴かせてくれていて、その上に多彩な楽曲を
自ら作り続けているというのだから、なぜもっと話題にならないのかと思う。
このアルバムの存在が幅広く知られていないことが残念でならない。そういう自分も
Gacharic Spinとの対バンが無ければ今作を聴く機会は一生無かったかもしれない。
やっぱりGacharic Spinとその周辺のガールズロック(アイドル系のロック含む)を
追いかけ続けていれば間違いないと思ったのはさておき、決して過去の人なんかじゃない、
アラフィフガールズロック歌手となってもパワーはまだまだ健在、
昨年のNAONのYAONで共演を果たしたSHOW-YAのババアメタルにも余裕で対抗できるほどの
作品が聴けたのは嬉しかった。ライブでも「Starting point」が聴きたかったですよ。







2017年7月19日水曜日

[CDレビュー]  THEイナズマ戦隊「LIVE GOES ON!」


THEイナズマ戦隊「 LIVE GOES ON !【初回限定盤】」
(2017/5/3)

ディスク:1 
1. 赤い命が燃えている  [公式PV]
2. Let's go DO根性
3. ドレミファソング
4. あいせてますように
5. YAKINIKU

ディスク:2 
1. 応援歌 -20th anniversary ver.-
2. オマエ・がむしゃら・はい・ジャンプ -20th anniversary ver.-
3. 合言葉 ~シャララ~
4. 各駅停車 -20th anniversary ver.-
5. ジタバタダンス
6. オマエだけを
7. 涙のファイター
8. 愛じゃないか -20th anniversary ver.-
9. 喜びの歌
10. Everything is gonna be alright
お気に入り度:★★★★★★★★☆ (8.5/10)




THEイナズマ戦隊の20周年企画アルバム。
CD2枚組のアルバム作品で、まずディスク1には新曲を計5曲収録。
「赤い命が燃えている」「Let's go DO根性」「YAKINIKU」
この曲名の数々を見ただけで笑ってしまった。これほどまでに気合いと情熱が満載の音楽を
これしか無いんだとばかりにひたすらワンパターンに歌い続ける、
ネットの音楽通な人達を一切寄せ付けなさそうなバンドって他にどれ程いるのだろうか。
こういうバンドが大好き。そんな当ブログの需要って一体どこにあるのだろうか。

まず今作のリードトラックである1曲目「赤い命が燃えている」は
2000年代の名曲の数々を彷彿させるほどにサビメロがキャッチー。
そして何より歌詞が良い。「へこたれながらも一歩ずつ それぐらいが丁度いい
あんまり上手くいってると 浮き足立つからね」これはただの脳筋野郎には描けないっすよ、
そりゃアイドルへの楽曲依頼も来るよなと思う。真摯な気持ちを込めて作られたのが伝わる。

2曲目「Let's go DO根性」はコーラスにアイドルネッサンスが参加、
手拍子なども交えたポップな曲調にのせて「♪根性 根性 DO根性」をサビで4回連呼、
その上にCメロで「♪K(ケー)O(オー)N(エヌ)J(ジェイ)O(オー)」
などとコールするものだから、どこまでど根性押しするつもりだ!と笑ってしまう。
まるでカツ丼を注文したらセットメニューで牛カルビ丼もついてきたかのような
ボリューム満点の特盛りど根性にもうお腹いっぱいっす。余は満足じゃ。

4曲目「あいせてますように」はひた向きさ感じるミドルバラード曲。
「♪甲子園を目指してた いがぐり坊主」という歌詞はボーカルの丈ちゃんのかつての姿でもあり、
そんないがぐり坊主達こそがヒーローであり夢や希望を教えてくれたという歌詞が
現草野球プレイヤーの自分としては共感しまくりでヤバいっすよ。
そしてディスク1のラストとなる5曲目は「YAKINIKU」。野球選手といえば焼肉ですからね。
イナ戦の新たな鉄板ソングになりそうな曲。自分は鉄板ではなくホットプレートで焼きますが。
なお音楽ナタリーのインタビューでは坂本九さんの「SUKIYAKI」を意識した曲だと
コメントしていたのがこれまた笑ってしまった(参照)世界に広がれ焼肉の輪。

ディスク2はライブの定番曲を中心としたベスト盤。
とはいっても代表曲の「応援歌」以外はPVが作られていない曲ばかりであり
今回は裏ベスト盤といっていいような選曲。
ます1曲目「応援歌」は今作において20th anniversary verとして再録、
初期の頃と変わらないほどの熱血っぷりが最高。キーは1つ下がってるけど。
そして2曲目「オマエ・がむしゃら・はい・ジャンプ」は
今年のCOMIN'KOBEでもみんなで一緒にジャンプで盛り上がったのが
記憶に新しい(当時のレポはこちら)これぞライブでこそ一層輝く曲。
3曲目「合言葉 ~シャララ~」はしくじり先生の挿入歌で毎回流れてるから
今回収録されたのか?と思ったのはさておきミドルバラード系の代表的名曲。
そして4曲目「各駅停車」5曲目「ジタバタダンス」は名実ともに最も勢いを感じられた
2000年代後半の曲で、この頃の曲には本当に元気づけられた。
カラオケでもどんだけ歌ったか。6~10曲目に収録された2010年代リリースの楽曲は
やはり2000年代の傑作曲の数々と比べるとやや大人しめになった印象がある。
とはいっても30代後半のメンバーが揃うバンドの曲としてはまだまだ元気だといえる。

たとえ流行りじゃないと自ら宣言したような音楽であっても、
それを愚直なまでに20年間歌い続けてきた、そんな姿に多くの人が心を打たれた、
だからこそ今でもこうして音楽界で活躍できているというのが分かる作品。
豪快な歌いっぷりを聴かせてくれるバンドこそが最高だという
当ブログ管理人みたいな人がいるならば、まずはこのバンドの曲をおすすめしたいです。