ブログトップ


2019年10月13日日曜日

[ライブレポ]  ちょこロックフェス(ガールズロックバンド革命、カミツキ、chocol8 syndrome)

(前記事はこちら)

・ガールズロックバンド革命 (SUN HALL)

[セットリスト]
・VOLTAGE
・RESISTANCE
・Utopia
・STEP BY STEP
・CHANGE

本日の主催バンドの1組が登場。この日も可愛いルックスからは想像つかないほどの
圧倒的パフォーマンス全開でカッコいいガールズハードロックを存分に聴かせてくれた。
フェスのメインステージにていつも以上に大勢の観客の前でライブをできたことは
本当に良かったなと思った。ただこのライブハウスは収容人数400人クラスの
会場にもかかわらず後ろの方からだとステージが見えにくい気がするんですよね。
せめてドラムセットだけでも高い位置にあればなぁ。ドラマーのJUNNAさんの
スゴ腕演奏パフォーマンスが見えないとライブの魅力が十分に伝わらないのでは。
MCでボーカルのASAKAさんが観客達の前でちょこロックフェスへの思いを語る時には
泣きそうになるとまで話していたのは印象的だった。フェス大成功おめでとう!
まさかのチケット一時ソールドアウトで当日は1000人以上の来場があったというから
どうかこれからも開催を続けてガールズシーンの地位向上につながればいいなと思いますね。



・カミツキ (Pangea)

[セットリスト]
・7th Android
・Pulsation
・Silent Night
・VAMPiRE KiSS
・月華の奏
・Stranger

こちらも当ブログイチ押しの若手インディーズバンド。この日は2曲目に披露された
「Pulsation」が一番盛り上がった。インディーズデビューアルバムの収録曲とは
思えないほどのクオリディ。アップテンポ曲もここまで軒並みメロディの良いバンドは
個人的にはDo As Infinity以来ではないかと、20年以上活躍して欲しい逸材だと感じた。
しかしカミツキは今回入場規制になるのではないかといった話を個人的にしていただけに
この観客動員数は正直ショックだった・・・同時刻に行われたSALTY DOGのライブの方に
行った人が多かったのだろうか? そういう自分もSALTY DOGとどっちに行くか迷ったが、
カミツキを選んだ理由はライブでまだ聴けてない曲が多かったからだったんですよね。
ということで本編全6曲の終了後にアンコールが起こり、ボーカルのMIZUKIさんが
再び登場してアンコールでは何を歌って欲しいかを観客達に質問した際には
最新ミニアルバムの1曲目に収録されている「Cailing」をリクエストしてみましたが、
何やらその曲は最近ライブでやっていない曲らしく、その直後に他の観客が「VAMPiRE」と
リクエストしたことにより「VAMPiRE KiSS」をもう1回やって終了という結末に。
考えてみれば「Cailing」はサビのキーがとても高い上にロングトーンを
要求される曲なので生歌だとFukiさんレベルの歌唱力が無いと歌えない曲だ。
CD音源では上手いのにライブだとこの日も声が出てるところとあまり出てないところがあり
ムラがあるように感じてしまう。それだけに現状では歌うのが厳しいのだろうか?
(追記:MIZUKIさんの公式ツイッターからの返信によると「Cailing」は過去のライブでは
ちょこちょこやっているそうです。失礼に感じられたなら申し訳なかったです。)
だがそれでもライブ終了後の物販ではこれまでにリリースされたCDを全部買う観客が
現れたりするのだから、やっぱり楽曲の質の高さは他の出演者と比べても
頭1つも2つも抜けているわけですよ。早くライブでCailingを完璧に歌いこなすところが
観てみたいですね。歌唱力はまだまだ伸びるはずだし実際昨年観た時よりは良くなってるから。



・chocol8 syndrome (SUN HALL)

メイン会場のトリを務めるのは本日のもう1組の主催バンド。
ライブを観たのは途中からでしたが、会場に入った時には男性メンバーの1人が
コウメ太夫のマネをやっていました。そのネタがスベってしまい観客達は一斉にブーイング。
乳首ネタで引かれたとはいえあんなにも演者がブーイングされてるところは個人的には
初めて見た。前記事で書いたおっぱい揉み揉みバンドの盛り上がりっぷりとはなぜ差がついた?
キャッチコピーは「おしゃかわロックバンド」、おしゃれで可愛いロックという時点で
ガル革の楽曲とは対照的っぽくて自分の好みとは違いそうだと予想したのだが、
後半3曲ほどを聴いた限りでは思った以上に盛り上がるアッパーチューンもあったりと
楽曲の幅が広そうなのは良かった。あらためて主催者に敬意を表したいですね。
以上でございます。長文レポを最後まで読んでいただきありがとうございました。