ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2017年5月19日金曜日

[ライブレポ]  COMIN’KOBE 17(THEイナズマ戦隊、リバーシブル吉岡、オメでたい頭でなにより、日食なつこ)

(前記事はこちら)

ALL OFFのライブステージが終わり、次は14時20分開始のMOROHAのライブに
行こうとするも、入場規制で会場に入れないというまさかの事態に。
会場前に着いたのが開始直前だったとはいえ、今やここまで人気だったとは・・・




・THEイナズマ戦隊

[セットリスト]
・赤い血が燃えている
・ズッコケ男道
・33歳
・応援歌

ということで今年もこちらに行く運命だった。今更説明不要の熱血バンド。
今回はまずリハーサルでキン肉マンの歌を歌い始めたという時点で
来て良かったと思ってしまった。あまりにも似合い過ぎ。
後のMCでは思ったよりウケなかったと語っていたものの自分の中では大ウケ。
本編ではまず新曲の「赤い血が燃えている」が聴けて嬉しかったがその後
関ジャニに提供した楽曲のセルフカバー「ズッコケ男道」から
自身の父親を歌った曲「33歳」というのは昨年のカミコベと全く同じ流れ。
これ絶対昨年何を歌ったかを忘れてるだろと思ってしまった。脳筋バンドだからしょうがないね。
それでも「応援歌」ではボーカルの丈ちゃんがラストのサビをマイク無しで歌い
会場にその自慢の歌声を響かせた後に思いっきりドヤ顔を見せたのが
とても面白かったので来て良かったです。やっぱりこの心意気でないと。




・リバーシブル吉岡

2009年デビューのピンク歌謡シンガーソングライター。元祖変態仮面。
この日は野外の会場にてカラオケを流しながら1人で歌うという
まるでインストアイベントのような、まったりとしたライブステージ。
だが歌詞の内容が1曲目から「♪男は女の子の乳首の先が吸いたいだけ」
などと歌うものだから会場からは笑い(失笑含む)が起こり、
しかも曲の後半からはそのサビの歌唱をお客さんへと振り始める。
こんなの恥ずかしくて歌えるか!と思いきや結構一緒に歌ってる人いるな(笑)
その次の曲では「24(トゥエンティーフォー)?NO! 31(サーティワン)?NO!
69? YES!69(シックスナイン)!」それが言いたかっただけか!?
ここでも69コールを一緒に合唱して盛り上がる。だがその後のMCにて、
9月のワンマンライブをもって活動休止を宣言するというまさかの展開が。
これには会場はザワつく。活動休止はイヤだという女性ファンの悲鳴が聞こえてくる。
そして次の曲が始まり、サビで別れを惜しむファン達が一緒に涙の合唱・・となるはずが
いかんせん肝心の歌の内容が「あたしがあなたの貝を舐めるから」とかだから
全く泣けないし感動できないじゃないか。笑い声なら至る所からこぼれてきてたが。
カミコベは他のロックフェスと比べると規制がユルいという話を聞きましたが、
この人が毎年出演できるってことはやっぱり本当にユルいんだなということが分かりました。
でもこれでカミコベの野外ステージへの露出が最後となってしまうのは惜しい。
来年以降も会場の建物の外で出してあげて欲しかった。性的な意味ではなくですよ。




・オメでたい頭でなにより

[セットリスト]
・憂き浮きウォッチング
・wosushi ~ウォールオブ寿司~
・ダルマさんは転ばないっ
・生霊の盆踊り
・オメでたい頭でなにより

当ブログ的にはすっかり常連となりつつあるオメでたいコア、略してオメコアバンド。
まず開始前のリハーサルで大塚愛「さくらんぼ」のカバー曲が。こちらのPV通りに
大塚愛さんのモノマネを聴かせたかと思いきやサビのラストで
「さくらんぼぉぉーーーっ!!」とグロウル全開にコアな演奏全開、
これだけでもボーカルの赤飯さんの歌唱力の高さと楽器隊の演奏力が分かる。
本編では「wosushi ~ウォールオブ寿司~」で期待通りウォールオブデスが起こり
その直後には回転寿司と称してサークルで盛り上がりまくったり
「ダルマさんは転ばないっ」ではダルマさんが転んだをやったりと
一緒に歌って踊っての最高に楽しいライブを味わうことが出来ました。
さらに欲を言うならば「あられ雛DANCE!」でセック(節句)コールしたかったが
それはまた次回以降の楽しみということで期待したいです。




・日食なつこ

2011年にデビューのピアノ弾き語り系女性シンガーソングライター。
この日はキーボード1台のみの演奏で聴かせるアコースティックライブ。
一見癒し系かと思いきやピリっとスパイスの効いた楽曲には
惹かれるものがあった。より子さんが世に出てきた頃を彷彿させるものがある。
会場の国際会議場は椅子席だったことからゆったりと座ってのライブ鑑賞。
ここまでのライブで思いっきり踊ったりしてそろそろ疲れてきた頃には
ちょうど良かったので、最後までいたかったがタイテの関係で途中で抜けることに・・・



(続く)



2017年5月17日水曜日

[ライブレポ]  COMIN’KOBE 17(あゆみくりかまき、打首獄門同好会、ALL OFF)

(前記事はこちら)

・あゆみくりかまき

[セットリスト]
・ジェットクマスター
・HAVE A NICE DAY, 世界
・鮭鮭鮭
・ゴマスリッパー
・KILLLA TUNE
・自分革命

当ブログではすっかりおなじみの、地元関西出身の3人組アイドルパンクDJユニット。
昨年のカミコベでも今年のでらロックフェスでも他の誰ともかぶらずに
迷わずあゆくまに行けるのは森の神様が味方してくれているとしか思えない。
今回も本当に行って良かったと思えるライブステージでした。
「ジェットクマスター」で一緒にダンスしたり「鮭鮭鮭」で一緒にタオル回ししたりと
楽曲、ライブパフォーマンス、ファンのノリ、どれをとっても楽しいという点では
ガールズロック系アイドルの中でもトップクラスのところまで来たのではなかろうか。
4月にリリースされたばかりの新曲「ゴマスリッパー」も予想通りやってくれました。
この曲はたむらけんじ作詞ということで話題。だが芸人としての実力はそんなに無くて
(アンケートにツッコむネタとか誰でも作れそうなレベルだし・・・)
本当に目上の人にゴマスリしてのコネで売れたっぽい人とコラボしても
あゆくまにとってはプラス要素はないのでは?と思ってしまったが、
いざ生でステージを観てみると、ゴマすりしながら歌うかのような
歌唱パフォーマンスに小悪魔的な可愛さがたっぷり詰まっていて、
これには見ていて思わず笑顔になってしまった。焼肉屋に行くよりも楽しい。





昼ごはんは昨年に続いてガガガSPのドラマーの田嶋さんの店で買うことに。


神戸市長田区のご当地グルメ、ぼっかけ(すじ肉とこんにゃく)が入った焼きそば。
これからも毎年ずっと田嶋屋で買います。そう思えてくるほどウマかった。
野外ステージにて開催されていた「冠徹弥のすべらない話」を聞きながら食べさせて頂きました。
このトークライブには冠さんに加えて四星球のドラマーなども含めた計5人ほどが出演。
タイトルとは裏腹に、中にはスベっていた人もいましたが。
てかなんでTHE冠は今年のカミコベで歌わせてもらえないんだ?
冠さんは以前にも某ロックフェスにおいて歌手ではなくプロレスラーとして
出演したりといったこともあったし・・・あの超絶歌唱を披露する場が無いなんて残念だ。
やっぱりまだまだメタルの地位向上を訴え続けていかないといけないよなぁ。




・打首獄門同好会

[セットリスト]
・デリシャスティック
・島国DNA
・きのこたけのこ戦争
・歯痛くて feat.Dr.COYASS
・日本の米は世界一

こちらも当ブログ的には説明不要、3年前のカミコベで初めて観て以来
年々右肩上がりで観客の数が増えていっているのが分かる人気バンド。
まず1曲目の「デリシャスティック」が始まる前には恒例のプレゼントとして
ファンの皆さんにうまい棒が配られる。前から後ろへと手渡しでうまい棒が
延々とリレーされていく姿は圧巻。どんだけたくさん買って来たんだ。
さらに魚が食べたいと歌う「島国DNA」では客席にマグロの人形が投げ込まれ、
フロアの海をマグロが泳ぐ。海を見る機会が無い自分にとってはこれが本物にすら見える。
「きのこたけのこ戦争」ではフロアの真ん中から左側がきのこ派、
右側がたけのこ派に別れてのウォールオブデスで盛り上がれてとても楽しかった。
相変わらず男女ツインボーカルを存分に生かしたラウド系楽曲は魅力的で
さらに歌詞付きのイラスト映像を場内に流すというファンサービスも健在。
だが4曲目の「歯痛くて」を聴くと、先ほど食べたばかりの
ぼっかけ焼きそばのすじ肉が歯に挟まってるのが気になってしまって
それ以降しばらく曲に集中できなくなってしまいました。
今度からは歯ブラシを持ってきます。うまい棒の次に歯ブラシを配ってくれたらもっと嬉しい。




・ALL OFF

[セットリスト]
・One More Chance!!
・Never Gave Up
・Sweet Sweet Crazy
・Yeah!!
・Just Tonight

昨年12月リリースの1stアルバムの感想(記事はこちら)でも書いた通り
バンドシーンとアニソンシーンのかけ橋的存在を目指すと宣言している4人組バンド。
しかしこれがライブを体験してみると、本当に彼らがそんなこと言ってたのか?と
思ってしまうぐらいに迫力満点の激ロック系バンドじゃないかと感じられた。
あまり広くない室内のステージだったため音響はこもり気味だったが
そんなことは関係ないぐらいに盛り上がりまくりの素晴らしいライブでした。
でもやっぱりアニメタイアップ曲で一番聴きたかった「リフレインボーイ」は
歌って欲しかったかなぁ。あとカラオケ店内の映像でよく流れてた「In Shadows」も。


(続く