ブログトップ


2019年4月14日日曜日

[CDアルバムレビュー]  SEX MACHINEGUNS「IRON SOUL」


SEX MACHINEGUNS「 IRON SOUL」
(2018/11/28)

1. みかんのうた (Re-Recording 2018)  [公式PV]
2. BURNING FIRE  [公式PV]
3. バイキンの逆襲
4. うなぎの王様
5. ネイチャーパワー
6. コインランドリーサンドマン
7. NOサーモン
8. CRUSH クリスマス
9. メタルベンチャーマン  [公式PV]
10. German Power (Re-Recording 2018)
お気に入り度:★★★★★★★☆ (7.5/10)



SEX MACHINEGUNSのデビュー20周年記念作となる通算12枚目のオリジナルアルバム。
まず1曲目に収録された「みかんのうた (Re-Recording 2018)」が
言わずと知れたマシンガンズの代表曲であり、20周年記念ということで新たに復活。
ボーカルのANCHANGの出身地でもある愛媛の魂の結晶であるみかんを歌った曲で
当ブログ管理人が10代の頃には友人達も含めてカラオケでよく歌ったメタルソング。
たとえ歌詞がネタ系統だろうが柑橘系だろうが、みんなでメタルで盛り上がっていた、
そんなあの頃が懐かしい。今となっては考えられない。これぞ素晴らしい功績だった。
誰でもカラオケで歌えるぐらい高音部分の無い曲なのに今回の再録でキーを下げていたのは
気になったが、それでもこの曲は俺達の青春時代を飾る傑作だと勝手に思ってますからね。

2曲目「BURNING FIRE」はパチンコ「CR巨人の星~栄光の軌跡~」の主題歌となった
正統派メロスピ。ついこの前まで「マシンガンズ、阪神のような活動を」とか言ってたのに
いつの間に巨人に魂を売ってしまったんだとツッコみたくなったが、
現在インディーズのバンドにタイアップが来るだけでもありがたいことなんでしょうね。
3曲目「バイキンの逆襲」はバイキンマンのテーマ曲で前曲に引き続き疾走感抜群。
サビで高音を張り上げながら「♪この世は悪が支配する」なんて歌うあたりは
ダークネスでカッコいいのに、歌ってるのはアンパンマンの世界だというから面白いし
親しみやすい。アルバムオリジナル曲の中では一番お気に入りということで子供達にも届け。
4曲目「うなぎの王様」はミドルテンポ曲ながらも重低音がズシっと響く曲で
ANCHANGの低音ボーカルにはうなぎのにゅるにゅる感が出ている。
5曲目「ネイチャーパワー」はベーシストのSHINGO☆さんがボーカルをとる農業メタル。
全然歌えてるのでANCHANGの喉の状態次第ではツインボーカルバンドにしてもいいと思える。
フェスでキーの低い曲しか歌えない状態ならば代わりに高音部分を歌って欲しい(参照)

6曲目「コインランドリーサンドマン」はAメロのセリフとミドルバラード系の曲調に
しっとりとした哀愁を感じさせる。まるで生乾きの洗濯物のように。
7曲目「NOサーモン」は曲名の時点でM-1暴言騒動のお笑いコンビを連想してしまったが
それとは全く関係無く、単にサーモンが食べたくないと歌う曲。
言うほど鮭って食べたくないか?これがNOピーマンとかなら共感する人多いと思うけど。
8曲目「CRUSH クリスマス」は後半で一気に盛り上がる曲だがAメロといい全体の構成といい
「そこに、あなたが…」と印象がかぶってしまう。そっちの方が傑作だったと思う。
9曲目「メタルベンチャーマン」は前アルバム曲の「メタル経理マン」と比べても
メロディが平坦でなぜこれがPV付きの曲なのかと思ってしまった。
10曲目「German Power (Re-Recording 2018)」はライブの定番曲でありながら
ストリングス系のアレンジが加わるあたりはCD音源ならではの良さがあった。

前半は良かったものの後半はもう一押し欲しかったかなと思ってしまったが
それでも今やれることを全力でやっている姿勢は伝わるものがあった。
今年3月にはドラマーのLEONさんが脱退してしまうという出来事もあったが、
それでもマシンガンズは俺達の青春だと勝手に思ってるのでどうかこれからも
メタルファイヤーの灯を消さずに活動を続けて欲しい。それだけでも嬉しいから。






2019年4月9日火曜日

[ライブレポ]  ベッド・イン カバーアルバム「Endless Bubble ~Cover Songs vol.1~」発売記念インスト​アイベント

4月5日(金)タワーレコード難波店 5Fイベントスペースにて開催された
ベッド・イン カバーアルバム「Endless Bubble ~Cover Songs vol.1~」
発売記念インストアイベントに行ってきました。

[セットリスト]
・あゝ無情
・君たちキウイ・パパイア・マンゴーだね。


今回も2人揃って登場するなり、みんなでジュリ扇を振って盛り上がり。
そして4月3日にリリースされたばかりの、90年代のバブル時代の名曲カバーアルバムから
まずはアン・ルイスのカバー「あゝ無情」を披露。90年代ガールズロックど真ん中の名曲が
ボーカルのかおり様の声質にハマり過ぎ。よくぞこれをカバーという形で2010年代に届けてくれた。
そしてMCでは毎度おなじみの90年代ジョークを連発。同じ大阪のリリイベでも
以前に開催されたあべのキューズモールのライブでは下ネタ禁止令が出ていたのに対して
(レポはこちら)タワレコ難波店ではそんなものは無いということで絶口調。
この日の観客の中にベッド・インのバージン(ライブを初めて見た人)は
いるかどうかを質問し、手を挙げた人に対しては「上半身の通天閣をおっ立ててくれて」
さらには「下半身の服部緑地」など大阪ならではの下ネタも連発。
てか服部緑地は前にも言ってたぞ。さらに性徒(ファン)達のあえぎ声を聞けて
嬉しいといった話をすると、観客の中にいた女性ファンの1人がア~ンと
あえぎ声を発したのにも笑ってしまった。それ本当にやるか!
そして2曲目には「君たちキウイ・パパイア・マンゴーだね。」を披露。
かおり様のセクシーかつ力強い歌声とちゃんまいのナマのギター演奏があると
こちらもまたガールズロック風に聴こえる。個人的には原曲を超えたのでは思えた。
最後は「ツクツクボウシ ツクツクボウシ」と西川のりおさんのギャグを発しながら退場。
それバブルともセクシーとも関係ないのではとツッコみたくなったが
まぁいいか(笑)カバーアルバムの感想はまた今度当ブログで書きたいですね。






2019年4月6日土曜日

[CDアルバムレビュー]  岸田教団&THE明星ロケッツ「REBOOT」


岸田教団&THE明星ロケッツ/REBOOT (アーティスト盤) (2枚組)
(2018/12/5)

1. Decide the essence
2. our stream
3. Never say Never
4. Blood and Emotions  [公式PV]
5. ストレイ  [公式PV]
6. 3 seconds rule
7. Reboot:RAVEN
8. Love prescribe
9. シリウス  [公式PV]
10. キミノミカタ
11. stratus rain
12. Code:Thinker
お気に入り度:★★★★★★★★☆ (8.5/10)



岸田教団&THE明星ロケッツの4thアルバム。今作のキャッチコピーは
「これは何度でも立ち上がる人間たちに捧げたい再起動する物語」ということからも
分かる通りの立ち上がれ系楽曲満載っぷりはJAM Projectにも並びそうなほどのレベル。
アニソン系アーティストの中でも最もシリアスでロックバンドらしいバンドだと感じられる。
なんせ1曲目から生きる意味を論じると歌うほどだから。元から歌詞が良いバンドだったが
今作はこれまで以上に刺さる。歌詞よりも編曲重視の当ブログ管理人でも
これほどまでに訴えかけられると全曲お気に入り曲にせざるをえなくなるほどに。

今作のリード曲でアニメ「ストライク・ザ・ブラッドⅢ」主題歌の4曲目
「Blood and Emotions」はイントロからにデジタルアレンジを加えて
変化をつけてきたことにおおーっ!これは良いぞと思わせてからの
歌詞のメッセージの数々が立ち上がりたくなるフレーズばかりで感動。
「♪一度も失敗しない生き方 それを生きているとは言えないんじゃないかな」
こんなん失敗や後悔だらけの人生だった者にはそりゃ心に響くって・・・
この曲も含めて今作の収録曲はどれも頭ごなしの公開説教ではなくて、
聴き手の心に寄り添ってからの立ち上がれだからこそ一層頑張ろうと思える。
骨や心が折れて簡単には立てない人のために杖を貸してくれるかのような曲ばかり。

5曲目「ストレイ」はアニメ「博多豚骨ラーメンズ」の主題歌で
ブラスバンドアレンジを加えてカッコ良く盛り上がる曲と思いきや2番の歌詞が衝撃的。
「♪生涯で一度ぐらいは本当の愛を知る」「♪次は君の番さ」からの
「♪なんて語りかける詐欺の手口は聞きあきたぜ」これには人を簡単に信じるなんて
できっこなくてラブソングにもそう簡単には心が動かない自分のような者には
共感しまくりだ・・・本当にその通りだと思うのは屈折した人生を歩んできたからなのか。
だがそれでも最後には「♪この街だけは君を裏切ったりはしないさ」
「♪誰からも愛されていないような気がしても どこかに居場所はあるものさ」
と歌ってくれることに救われる。愛されたかった・・・どんなに一人でも平気なふりしても
本心はそうなんだ。そしてこの街とはアニメの舞台からすると博多の街。
個人的には博多は親戚がいた関係で第2の故郷だったこともあってより一層響くんですよ。
ラーメンなどの食べ物がおいしくて物価が安くてサービス精神を感じられる街だった。
2018年の当ブログの年間ベストソング企画にて最優秀作詞賞で表彰すれば良かったと思うほどの傑作。

その一方で10曲目「キミノミカタ」では珍しくラブソングを歌う。
「♪キミノミカタさ 正義じゃなく悪にもなれず強くもない」
こんな自分でも受け入れてくれるという安心感。ただのラブソングじゃなくて
聴き手全員を愛して包み込んでくれるような歌。サビの真ん中で加速して盛り上げてから
そのサビの最後では「♪君のために地球を守るよ」とまで歌ってしまう。
そこまで真剣に突き詰めるのか。確かに子供の頃には戦隊ヒーローものを見て
地球を守りたいと思った人は多いはずだ。それほどまでに無垢で純粋な思いが詰まった
究極のラブソングということか。愛は地球を救う。ということで立ち上がれ皆がヒーローだ。

相変わらず傑作揃いのシングル曲やアルバムリード曲と比べると、それ以外の
アルバムオリジナル曲はもう一押し欲しい印象もあるが、編曲の頑張りっぷりは
シングル曲だけでも伝わってきた、遊びの要素が無いのも相変わらずだと思うが
同じシリアス系アニソン風バンドでも例えばSALTY DOGみたいに
ボーナストラックに既発曲のシャブ山シャブ子バージョンを入れるとかいった
おふざけはこれからも絶対にやらなさそうだし(参照)それが個性なんだと思う。
たとえアニメタイアップがあろうが無かろうがどれもマジメでひた向きな曲ばかりで
誠実な人柄が楽曲から伝わってくるのが何より素晴らしい。
その生き様を応援したくなるし、そんなバンドと共に歩み生きていきたいと思う。
音楽とは生きるエネルギーであるという当ブログ管理人のような者には最適なバンドであり
より大きなエネルギーを手に入れたいということで今作を聴きながら筋トレしたくなりました。
未だにライブを一度も体験したことがないのでそちらもいつか行ってみたいし
なんならガールズロック系の対バンなどにも出て欲しいと思ってるんですけどね。