ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2017年9月19日火曜日

[CDレビュー]  DISDOL「HARERUYA」


DISDOL「 HARERUYA【通常盤】」
(2017/1/13)

1. chessman  [公式PV]
2. メランコリックシンドローム
3. VICTORIA  [公式PV]
4. Jolly
5. NEW GENERATION  [公式PV] 
6. turbulence grid
7. FLASH BACK  [公式PV]
8. Pretty Girl  [公式PV]
9. 君へ・・・
10. Tail Wind
11. Mother  [公式PV]
12. 未来花
13. 君と悪魔
14. HARERUYA 
お気に入り度:★★★★★★★★★☆ (9.5/10)




DISDOLの1stフルアルバム。
2015年結成、東京を中心に活動するハードロックアイドルユニットの作品。
このグループの音楽はまさに90年代ガールズロックの進化系ハードロック。
公式サイトにて掲示されている楽曲コンペの募集案内には
「バンド系、特に90年代、00年代の主流だったサウンドに現代のサウンドを
ミックスさせたハードロック楽曲」と書かれていることからもそれが分かる。
もしも私が音楽の道に進んでいたならばDISDOLの楽曲コンペに応募してたこと
確実だったのに!と思ってしまうほどキャッチーなメロディが詰まった全14曲。

その中でも文句無しの大傑作曲は3曲目の「VICTORIA」。
まず作詞を担当したメンバーの小夏ちえりさんが、公式プロフィールにて
好きなアーティストにJAM Projectの名前を挙げているという時点で
当ブログ的には親近感ありまくり。さらに「♪抱きしめて -Victoria- 」
などといった歌詞を見るとJAMに加えて水樹奈々さんの影響も受けているのが分かる。
アニソンっぽくて、さらにサビメロが90年代ガールズポップ&ロックっぽくて
このメロディの良さはロック系アイドルの全楽曲の中でもトップクラスと言える。
それに並ぶほどの傑作曲が7曲目の「FLASH BACK」。
V系ロックを彷彿させるようなメロディと歌詞が光るラブソングで
シンセのキラキラ感もメタリックなギターも全てにおいてカッコいい。
楽曲の幅に関してはそれほど広くないのは気になったところだが、
ポップ感を増した「Tail Wind」にデジロック色強めの「未来花」、
ピアノの切ないメロディが響くロックバラード「君と悪魔」といった
アルバム後半のオリジナル曲も良かったので十分満足できる作品となりました。

ハードロック、メタル、V系などが好きな人もそうでない人も楽しめる作品であり
楽曲の質の高さはPASSPO☆やParty Rockets GTや仮面ライダーGIRLSなどに並ぶほどなので
そういったグループの曲が好きならばより一層おすすめしたい。
だがなんと最近になって、メンバーチェンジと共にバンド形式への移行が決定し
旧メンバー6人は全員卒業決定というまさかの発表が。
今後はロックフェスへの出演なども目指し活動をしていくとのことだが
ハードロック系の曲をやるならばそれなりに高い演奏力が必要になるので
これから披露される楽曲に制約がかからなければいいんですけどね・・・
ちなみにグループ名も当初のDISSENTER DOLLSからデビュー間もなく改名したそうだが
今の名前はディスるという嫌いな言葉を連想させてしまうから改名しなくてよかったのに。
なお公式サイトによると「当初のコンセプトはDISSENTER=追放されたを意味し、
他のゴシック&ロリータの惑星でロック過ぎて惑星から追放され
地球にやってきて歌を歌うというコンセプトだった」
なるほど。当初のコンセプトの方が面白かったと思う。こりん星みたいで。
そしたらニコリン星から来たTOMO-ZOさん擁するGacharic Spinと対バンをとも言えたのに。
ともあれガールズバンドになることが決まった以上は新メンバーに頑張って欲しいですね。







2017年9月18日月曜日

[ライブレポ]  ANIME GIRL、marble≠marble、もも色パラダイス「THREE COLORS vol.2」

9月16日(土曜日)大阪・長堀橋WAXXで開催されたライブイベント
「THREE COLORS vol.2」に行ってきました。 
出演は、ANIME GIRL、marble≠marble、もも色パラダイスの計3組。
ANIME GIRLとmarble≠marbleの共同主催による定期イベントの第2回目、
今回はゲストにもも色パラダイスを迎えるという形で開催されました。
なお記念すべき第1回目のゲストは猫まっしぐら。というバンドだったとのこと。
「♪ニャン ニャン くるくるニャンニャン」のガールズバンドか!
約3年前に生で観た時の楽しい思い出は今でも覚えてますよ(当時のレポはこちら)




・もも色パラダイス

2009年結成、大阪発5人組女性ツインボーカルバンド。
事前にYouTubeで試聴した段階から期待していたが、これが本当に良かった。
キーボードボーカルのゴージャス岡田さんのステージ上の存在感に加えて
専任ボーカルのゆん姫さんの歌唱に迫力を感じられた。
女性ツインボーカルのバンドといえばCHERRYBLOSSOMを思い出したが、
このバンドもまた楽曲にメジャー感があって元気をもらえる曲が多い。
一躍お気に入りバンドとなりました。これはもっと売れてもいいはずなのに。

ライブ中盤でゆん姫が突然退場。これに困ったメンバー達はハッピーマンを呼ぶと宣言し、
さっそくハッピーマンの歌を演奏。するとその通りにハッピーマンが登場。
頭にケーキの形をした帽子をかぶるなど特徴的なルックス、
よく見てみたらゆん姫に似てるが、きっと別人に違いない。
そしてハッピーマンがお客さんの中で誕生日が9月の人はいないかと募集。
1人しか手を挙げなかったため、急遽8月生まれの人も追加募集、
そして手を挙げた観客達にカップラーメンのプレゼントが。
なんてサービス精神旺盛なんだ! こんな面白い企画も組み込まれている
エンタメ性に溢れたライブステージ最高ですね。ちなみに私の誕生日は12月なので
その時にもも色パラダイスのライブに行けばラーメンをもらえますか?




・ANIME GIRL

[セットリスト]
・GLITTER EMOTION
・LINKZ
・パラレルヒロイズム
・SAIL ON!!
・FANTASIC HORIC
・翼(新曲)
・メビウス
・Dreamers Bell


当ブログではすっかりおなじみ、アニメタイアップ目指して活動中の3人組バンド。
1曲目「GLITTER EMOTION」からメジャーど真ん中なガールズロックに
会場は抜群の盛り上がり。これがインディーズとは思えない。全身を躍動させながら歌う
ボーカルのユウヒさんの姿を見ると、もはや格が違うとすら感じさせられる。
2ndミニアルバムからは「パラレルヒロイズム」が聴けたのも良かったし、
「FANTASIC HORIC」の男女ツインボーカル形式でのライブパフォーマンスもド迫力。

MCではユウヒさんから11月1日に4枚目のミニアルバムリリース決定の嬉しい発表が。
しかも初の全国流通盤という発表に、会場はさらに盛り上がりを見せる。
だがここでキーボードのリノズカさんから、全国流通が1日には間に合わなかったので
11月7日リリースになったという訂正が入る。このことは他のメンバーは
誰も知らなかったそうで・・・だがそれでもおめでたいの一言。
そのニューアルバムに収録される新曲から、ANIME GIRL初のバラード曲となった
「翼」をさっそく披露。この曲調だとユウヒさんの歌唱がより会場に響く。
あらためて歌上手いなと感じられました。また11月になったらライブ後の物販に行って
ニューアルバムを買いたいですね。この調子だと2017年最も多くライブで観た歌手になりそう。



・marble≠marble

2014年結成、大阪を拠点に活動する3人組エレクトロバンド。
8月2日に2ndアルバム「J≠POP」がリリースされたばかりということで
さっそくアルバムリード曲の「Social girl」などを披露。
デジタルポップ系の歌手にしては通好みでマイナーな感じの曲が多い印象で
その点ではANIME GIRLとは対照的な作風だなと思ったが、
関西を拠点に活動する3人組女性Voインディーズバンドという共通点から
このような定期イベントを共催することになったとのこと。
それでもボーカルがしっかりと歌えていて、さらにライブの盛り上げ方が
うまかったのはとても良かった。観客たちと一緒に片手をグルグル回しながら
右へ左へと動いたり、さらにはボーカルが歌いながらフロア内に降りてきたり
土下座ヘドバンに近いようなノリも発生したりと、事前に試聴した段階では
予想できなかったようなライブ感があって、十分に楽しむことができました。

この日は急用が入ったため5曲目の時点で会場を後にすることになりました。
最後に行われた出演バンド計3組によるセッションは観たかったが・・・
ともあれこの定期イベントにはまた行きたいですね。次回は12月23日に
「FOUR COLORS」と題しての4マンライブが開催されるという発表もありました。
ゲストバンドは2組とも知らないバンドでしたが・・・次々回以降では
猫まっしぐらもまた呼んで欲しいですね。一緒にくるくるニャンニャンしたい!