ブログトップ


2022年11月30日水曜日

[ライブレポ]  虎の子ラミー、ヒミツノミヤコ、おとぼけビ~バ~「カオスに吠えろツアー」

11月12日(土曜日)大阪・寺田町Fireloopで開催された、
虎の子ラミー 5th mini Album「Q.日常とはA.カオスです」全国リリース記念
『カオスに吠えろツアー』に行ってきました。
出演者は虎の子ラミー、おとぼけビ~バ~、ヒミツノミヤコの計3組。
今回のお目当てはニューアルバムの楽曲が素晴らしかった虎の子ラミーに加えて、
昨年11月に初めて体験したライブがアットホームでとても良かったヒミツノミヤコ。
こちらのライブレポ記事ではちょっと恥ずかしかったとか書いてしまったけど
今振り返れば最高の思い出。観客の声を大事にするバンドはそりゃ支持したい。
一般人は口元を塞がれて声を出すことすら許されないとかいう、
まるで奴隷のような扱いをされるライブやイベントに行くつもりはもう無いが
ヒミツノミヤコを含めたこの3組ならば大丈夫だろうと思い、
ライブ自体約半年ぶりの参加です。2022年最後となるライブレポにいってみましょう。

2022年10月30日日曜日

2022年9月度 マイベスト10

恒例企画のサブコンにより選ばれた月間マイベスト10を発表いたします。
約3ヶ月以上もブログの更新自体が止まってしまってましたが、
この2022年9月度の上位に挙げた曲はどれも素晴らしかったので
思い立ったが吉日ということで一気に作ってしまいました。
実は4月度~8月度の月間マイベスト10の紹介記事も全て書きかけの状態で
その中でも4月度は9割完成していたのだが、なかなかあと一歩が踏み出せなかった。
この記事の後に、8月度までの書きかけの分も順次公開していきたいと思います。
それではいってみましょう。

2022年7月6日水曜日

[ライブレポ]  NEMOPHILA、LOUDNESS「NEMOPHILA Zepp Tour 2022 ~虎穴に入らずんば虎子を得ず~」

6月11日(土曜日)Zepp Osaka Baysideで開催された
「NEMOPHILA Zepp Tour 2022 ~虎穴に入らずんば虎子を得ず~」に行ってきました。
これまでにもガールズミュージシャンとして実績のあったメンバーを中心に
2019年に結成された最強ガールズバンド、NEMOPHILAの初の主催ライブツアーにして
5大都市で開催されるZeppツアー。今から約半年前の時点で早々とチケットを
取ってしまうほど楽しみにしてました。さらに対バン有りということで
チケット購入後に発表された対バンアーティストには、MUCC、PassCode、
氣志團、ROTTENGRAFFTYなどの名前が。これは素晴らしい人選だと思いました。
てっきり過去にも共演経験のあるGacharic Spinあたりが来るのかなと思いきや
来なかったがそれでもいい。ガールズシーンやメタルシーンの中だけではなく、
その外の世界にまで幅広く自分たちの音楽を広めていこうという意志が感じられる。
この姿勢がCyntiaやAldiousにも欲しかったよなぁとも思ってしまった。
さらにNEMOPHILAといえば公式YouTubeチャンネルの面白さも随一であり、
ツアー前には対バン相手のバンドの代表曲のカバー動画も次々と公開。

こういうジャンルの枠を超えたカバーは好きだなぁ。ぜひ氣志團万博にも呼ばれて欲しい。
そしてこの日行くことになった大阪でのライブの対バン相手は
まさかのLOUDNESSという、全出演者の中でも最大のビッグネーム。
こちらも初めて観るということで楽しみにしてました。ではいってみましょう。

2022年5月26日木曜日

[ライブレポ]  SEX MACHINEGUNS 阪神タイガーショット tour

5月6日(金曜日)大阪・梅田Zeelaで開催された
「SEX MACHINEGUNS 阪神タイガーショット tour」に行ってきました。
ついこの前の記事にて、ライブはもう当分行く気になれないとか言っておきながら
舌の根も乾かぬうちにこれか!とツッコまれそうなところだが、
やっぱり以前のレポでも書いた通りの、あの某バンドのライブからの一連の酷い流れを
早く払拭したかった。MCで俺的に万死に値するような発言まで出たあのライブとは
対照的なまでに、マシンガンズのライブはMCも含めて全てが面白いのが保証済み。
そして今回は大阪と神戸を回るライブツアーということから名付けられた、
このツアータイトルからしてぜひ行きたいと思いましたからね。
大好きなあの曲もやってくれそうなタイトルなだけに、初めてその曲を
生で聴けることも期待して・・・これまでにも何度となく登場している
当ブログ常連バンドだが、純粋なワンマンに行くのは意外にも初めてなことに気が付いた。
今から10年以上前に初めてマシンガンズのライブに行った時には、
オープニングアクトでTHE冠が登場したので実質ツーマンでしたからね。

まずは入場時にて、来場者全員に記念品のプレゼントがありました。
マグカップ、カッコいいので部屋に飾ってます。なのでまだ一度も使ってない。

2022年5月7日土曜日

2022年3月度 マイベスト10

恒例企画のサブコンにより選ばれた月間マイベスト10を発表いたします。
最近は当ブログの記事をきっかけに、長らくSNSの相互フォロワーだった人から
突然侮辱的なことを言われ、あんないい年して口の利き方すら知らないのかとビックリ、
やっぱりアンチ〇〇っていう人にろくな人いないと思いましたが、
それでも全ブログ記事、こう見えても自分なりにしっかりと書いてるつもりなので
今回も作りました。次また何か言ってきたら晒します。
ちなみにその人以前にはアニソンバンドのmilktubからブロックされたと言ってたが
そうされて当然の人だ、milktubが正しいということで久々に聴いてみたら元気もらえた。

この豪快さたまらん。「♪トラブルすらも燃料さ」といった歌詞も良いよなぁ。
こんな名曲にも出会うきっかけとなったのがサブコンです。ではいってみましょう。

2022年5月2日月曜日

2022年2月度 マイベスト10

恒例企画のサブコンにより選ばれた月間マイベスト10を発表いたします。
ようやく4月分のライブレポも一段落したということで、遅まきながら公開です。
ちなみにライブはもう当分行くのを減らすか辞めようかなと思ってしまいますね。
先月観た某バンドは拍手でコールアンドレスポンズをしようと言い始め、演奏と共に
ボーカルが「声出したいよね~?気持ち分かるよ!」などと言って観客を煽ってたが、
そんなのいらないから、いい加減海外同様にライブで声出しぐらいさせて下さいよ。
これは全アーティスト、全イベント会社に対しても訴えたいことですね。
こちらなどを見ての通り、今やほとんどの海外では音楽もスポーツも観客達は
2019年までのまともな世界に戻れているのに、日本はいつまでこんなことを
続けるつもりなのか。つくづくおかしな国だなと思う。今日からここは何でも
書きたいことや訴えたいことを書く日記帳だ。ということでいってみましょう。

2022年4月24日日曜日

[ライブレポ]  岸田教団&THE明星ロケッツ LIVE TOUR 2022「異世界転生したらライブハウスでした。」

4月14日(木曜日)神戸VARIT.で開催された、岸田教団&THE明星ロケッツ
LIVE TOUR 2022「異世界転生したらライブハウスでした。」に行ってきました。
岸田教団といえばこれまで当ブログの月間マイベスト10の登場回数は
LiSAさんと藍井エイルさんの次ぐらいに多いというほどに
好きな曲ばかりであるにもかかわらず、実はまだ1度も
ライブを体験したことが無かったアニソン系アーティスト。
当初のライブツアーの予定が一部延期になった影響で、チケットがまだ
残っていることに気づき、このチャンスを逃したらもう一生無いかも
しれないということで、いきなりワンマンライブに行ってきました。
そもそも観る機会が無かった理由の1つは、フェスや対バンイベントなどに
出演することが少ないバンドだから。アニサマには昨年ようやく初出演したものの
それも出て来るのが5年遅い感があったし、もっと色んな所に
出ていって欲しいなと、このライブを体験する前までは思ってました。
※今回のライブレポは非常に厳しい内容の記事となっていることをご了承下さい。

2022年4月16日土曜日

2022年1月度 マイベスト10

恒例企画のサブコンにより選ばれた月間マイベスト10を発表いたします。
2022年1発目のマイベスト10は最終候補だけで17曲ほど残ったというぐらいに
うああああああどうしようかと三日三晩悩むほどのハイレベル、
もはやHAMBURGER BOYSの「うんちエモーション」[MV]みたいなネタ要員枠は
2次候補にすら入る余地が無かったですからね。結果どれが入ったかいってみましょう。

2022年4月6日水曜日

[ライブレポ]  LUPINUS ROCK FESTIVAL 2022(Free Aqua Butterfly、太田家、虎の子ラミー)

4月2日(土曜日)東京・下北沢のライブハウス計9会場で開催された
「LUPINUS ROCK FESTIVAL 2022」に行ってきました。昨年に初開催された
(当時のレポはこちら)ガールズロックの音楽フェスに2年連続の参加。
遠方なこともあり今年は行けないと思ってた中で、行けるチャンスを下さった方には
あらためてこの場を借りて感謝の言葉を申し上げたいです。
毎年5月にあるはずのGOLD RUSHのガールズ編は今年は開催されないという
まさかの事態が起きた一方で、ルピナスロックの運営であるファミメ!は
公式SNSにて女性Voロックシーン向上のために頑張ると宣言。
これは嬉しかったので当フェスが続く限り行き続けたいと思いましたからね。
さらにこの運営は昨年末に同じく下北沢で開催されたDIE ON ROCK FES
(レポはこちら)にも関わっていたことを知り、だからダイオンロックは
ガールズシーンで活躍するバンドの出演が多かったのかと納得した。
もうこれからの当ブログはRAD CREATIONよりもファミメの時代です!
ちなみに今回の全81組の出演者の中から個人的に一番の注目だったのは、
元がんばれ!Victoryボーカルの文稀さんの新バンドのラストランプ。
昨年のHAGANEと同じくこのバンドが出るからはるばる東京まで行こうと思った枠ですよ。
てか昨年最速入場規制のHAGANEがなぜ今年は呼ばれてないのか。
フェスで貴重なガールズメタルバンドは呼ぶべきだっただろと思いつつもこの日は
Free Aqua Butterfly→太田家→虎の子ラミー→ラストランプ→ナックルチワワ
→安城夢那→GREED FIVE EGG'S→FullMooN→SAISEIGA→Broken By The Scream
→妄想レプリカント→ES-TRUS→カノエラナ→Little Lilith→TRiDENT
以上の計15組を観てきました。当初はこの中にリリー楽綺団も入るはずだったのが
前日にボーカルの瑞月さんの体調不良によりキャンセルとは残念。
そして今年はキャパ最大の会場がシャングリラからCLUB251へと縮小されたせいもあり
入場規制が続出。特に251は全出演者が入場規制になったらしいが
そんな中でも12時から21時まで目一杯観てきたということで、いってみましょう。

2022年3月31日木曜日

2021年12月度 マイベスト10

恒例企画のサブコンにより選ばれた月間マイベスト10を発表いたします。
現在は2022年3月末だというのに、2021年12月度がまだだったということで
すっかり更新が滞ってしまった。ここ最近は精神的不調でネットを見る気にもなれず
特にツイッターは見れば確実に嫌な思いをするだろうから苦痛で開けられなかったが
それでも今回は、1位の曲だけでも何としても紹介したかったということで作りました。
全く知らなかった歌手から激ハマリ楽曲が登場したということで、いってみましょう。

2022年2月13日日曜日

[ライブレポ]  でらロックフェスティバル2022(カネヨリマサル、アノンクララ、プピリットパロ)

2月5日(土曜日)名古屋・栄近辺のライブハウス計16会場にて開催された
超大型サーキットイベント「でらロックフェスティバル2022」に行ってきました。
当ブログではすっかりおなじみの名古屋の音楽イベント事務所の
RAD CREATION主催による、バンドとアイドルの音楽フェスに3年ぶり5回目の参加。
この日のお目当ては推しのガールズバンドの1組である虎の子ラミーに加えて、
プピリットパロ、ロマンス&バカンス、アラウンドザ天竺、この計4組は
いつも対バンしているなということで気になってたので、まとめて観ることに。
それに加えてガガガSPやNEO JAPONISMなども観る予定でチケットを取ったものの
この2組はまさかの出演時間かぶりからの出演キャンセル2連発。
それ以外にも出演者のキャンセルが相次いだため、行く前は個人的タイテを埋めるのに
困ると思ったが、それでもフタを開ければ今回1曲だけ聴いたグループも含めると
カネヨリマサル→アノンクララ→プピリットパロ→Kolokol→GEEKSTREEKS
→ロマンス&バカンス→板歯目→黒子首→最果テルーティン→虎の子ラミー
→蜂蜜★皇帝→アラウンドザ天竺→FES☆TIVE
以上の計13組を観ることができました。虎の子ラミー以外はほとんどが
初見のバンド・グループばかりだったが、それでも大多数は魅力があると感じられたし
つくづく自分は全く知らないバンドの曲でも楽しめる体質に生まれて良かったと思う。

2022年1月30日日曜日

[ライブレポ]  リリー楽綺団 3RD Album 【REALIZATION -Declare-】Release Live

1月23日(日曜日)NAGOYA ell.FITS ALLで開催された
「リリー楽綺団 3RD Album 【REALIZATION -Declare-】Release Live」
に行ってきました。昨年10月リリースの3rdフルアルバムは当ブログの
年間ベストアルバムの第1位に輝いたほどの大傑作であり(記事はこちら)
今回のワンマンライブではその収録曲を全曲やってくれるのに加えて
過去一の曲数で攻めるという予告があったので、行くことを決めました。
前回のミツバチロックで観た時には、ギタリストとキーボードが不在で
メンバー2人脱退の大きな穴を感じてしまったが(レポはこちら)
果たしてあれからバンドとしてどこまで再建を果たすことができたのか?

2022年1月23日日曜日

2021年 私的ベストライブ&最優秀アーティスト

2021年度最後の年間ベストソング企画。当ブログはライブレポブログであることから
恒例の年間ベストライブと、最優秀新人賞、最優秀アーティストを発表いたします。
なお2021年の全ライブ記録はこちらの計12本でございます。
ワンマンライブは計3本、対バンライブは計2本、
フェス・イベント系ライブは2021年1月に振替となった「GOLD RUSH 2020」は
2020年扱いということで除いての計6本、この中から最優秀ライブをそれぞれ発表です。

2022年1月2日日曜日

2021年 私的名曲ランキング(100位~51位)

明けましておめでとうございます。2022年もよろしくお願いします。
新年1発目の記事は、恒例企画である2021年版・私的名曲ランキングを発表いたします。
2021年のリリース作品として、シングル曲、アルバム曲、配信曲などを問わず
ありとあらゆる形で聴いた約3000曲の中からの、ベスト100の発表です。
今回も音楽試聴投票サイトのサブコンへの参加により100位まで作ることができました。
厳選を重ねた上で作られた年間ランキング、まずは51位までの発表です。