ブログトップ


2019年8月29日木曜日

[CDアルバムレビュー]  Mary's Blood「CONFESSiONS」


Mary's Blood「 CONFESSiONS (初回限定盤)」
(2019/6/12)

1. Labyrinth of the Abyss  [公式PV]
2. Karma
3. アルカディア  [公式PV]
4. Laylah
5. エイム
6. Hello
7. Mermaid Serenade
8. HIGH-5  [公式PV]
9. GO AHEAD & LAUGH
10. VirtuaReaL
11. 贖罪の鐘~Requiem for the victims~
お気に入り度:★★★★★★★★☆ (8/10)



Mary's Bloodのメジャー5thアルバム。ハードロック・メタル系ガールズバンドとして
メジャーでこうして長く活動を続けられている貴重な存在。
今作では人間が持つ闇や、心の深い部分を掘り下げることをテーマに作ったそうだが
全編聴いた感想では、言うほど闇じゃない。前作同様に音楽性の幅を広げて
より多くの人達に音楽を届けたいという思いが伝わる作品だけに、そうなって欲しい。

まず1曲目「Labyrinth of the Abyss」はサビで一気に疾走するメタルナンバー。
ボーカルのEYEさんの歌声は激しくもセクシーでガールズ系バンドならではの魅力満載。
2曲目「Karma」はサビの「♪かもめ かもめ」がキラーフレーズそのもので
切ない歌詞に加えて演歌・歌謡曲風味のメロディにも哀愁を感じさせる歌謡ロック。
なんなら曲名もKarmaよりKamomeの方が良かったのではないかと思うほど。
3曲目「アルカディア」は今作のリードトラックである王道メタル系楽曲だが
個人的には1、2曲目の方がインパクトあったんじゃないかと思う。
4曲目「Laylah」はインド方面の音楽を取り入れたエキゾチックなミドルチューンで
演奏の重厚感は残しつつも新たな地へと連れていってくれるかのよう。
5曲目「エイム」はダークネスでカッコいいミドルバラード曲でサビ終盤のEYEさんの
歌唱のド迫力っぷりがとんでもない。「♪消ーーえーーた!!」が耳から消えない。
6曲目「Hello」はえらくポップな曲でキーボードアレンジも軽快で全然闇じゃない。
7曲目「Mermaid Serenade」は広がる青い海のように大らかで美しい歌声を聴かせる曲で
こういう曲を聴くとあらためて歌唱の表現力が多彩で素晴らしいと思う。
8曲目「HIGH-5」はダミ声混じりの歌唱で聴かせる痛快ロックンロールナンバーで
PVからも楽しさが伝わってくる。歌詞にバナナというフレーズが出てきて連呼する部分は
まるでメスゴリラみたいだなと大変失礼なことを思い浮かんでしまった。
9曲目「GO AHEAD & LAUGH」はライブだと一緒にヘドバン必至の高速メタルナンバーで
アルバム後半では一番のお気に入り曲。歌詞の内容も仕事が終わったらさぁライブハウスに
突撃だーーって感じで全然闇じゃない。EYEさんの歌声も前曲に続き骨っぽいし、
日本一骨付き肉が似合う女性ボーカリストではないかと思う。
ケンタッキーなどの肉系の店のCMソングのオファーが来ればいいのに。
10曲目「VirtuaReaL」は今作一の激情をぶつけた楽曲で8曲目以上にダミ声歌唱が全開。
11曲目「贖罪の鐘~Requiem for the victims~」はシンフォニック要素を加えた
荘厳なバラード曲で、多彩な楽曲が詰まったアルバムの最後を綺麗に締めくくってくれた。

かつての最重量ガールズメタルバンドというキャッチコピーからはやや離れたものの
軸はブレずにやっているのが分かる作品で、個人的には今作も全然良いと感じたのだが、
一方でamazonのレビューでは酷評が多いというのはどういうことだろうか。
所属事務所の先輩であるSHOW-YAも、ハードロックを中心としながらも多彩な楽曲を
歌っていたはずだし、そうして人気バンドの座を獲得したはずなのに。
音楽の表現の幅が広くなったならば、それに比例してファン層の幅も広がって欲しいし
そうでないと作風を広げた意味が無いように思うのだが、現状では時代の流れが
こっちに向いていないのか・・・うらやましいよなぁSHOW-YAがブレイクした時代が。






2019年8月23日金曜日

[ライブレポ]  ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019(BLUE ENCOUNT、the GazettE、清水ミチコ)

(前記事はこちら)

・BLUE ENCOUNT (PARK STAGE)

[セットリスト]
・バッドパラドックス
・T.K.
・ANSWER
・もっと光を
・#YOLO
・DAY×DAY
・VS
・アンコール

2019年8月18日日曜日

2019年8月15日木曜日

[ライブレポ]  ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019(屋台利用券X、モーニング娘。'19、人間椅子、SCANDAL)

8月10日(土曜日)茨城・ひたち海浜公園で開催された「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019」
に行ってきました。約2年前まではどうせ自分の本当に好きなバンド勢はほとんど
出してくれないだろうから行くことはないでしょうと思ってたフェスにまさかの参戦決定。
これまでは4大フェスの中の1つに行くとしたらSUMMER SONICが一番最初だと思ってたし
実際今年は8月17日のサマソニ東京公演に行きたいと思い、チケットをとろうとするも
計3日間東京と大阪の2会場で開催される中でよりにもよってこの回の公演だけが
即ソールドアウトでとれず。やっぱり自分は4大フェスには縁が無いのかと思いきや、
なんと今年のロッキンに、約2年前まではどうせ出してくれないだろうと思ってた
Gacharic SpinとBAND-MAIDが同日に出演するということを知り、さらにこの日は
それ以外の出演者も個人的に観たいのが奇跡的なまでに数多く集まってたというから、
方針転換して行くことにしました。よくぞ10日にガチャピンとメイドさんを呼んでくれた。
これが12日とかなら他に観たいのがほとんどいなかったから行ってなかったですよ。

ということでこの日は、屋台利用券X→モーニング娘。'19 →人間椅子→SCANDAL→
Gacharic Spin→阿部真央→緑黄色社会→BLUE ENCOUNT→→the GazettE→清水ミチコ→
BAND-MAID→宮本浩次→あいみょん→ROTTENGRAFFTY→四星球 
以上の全15組を観てきました。この中には途中参加で2曲ぐらいしか聴いてない
アーティストも含まれてますが、それでも実質オープニングアクトの屋台利用券X以外は
全て当初の予定通りの完全制覇。会場エリアは広いだろうしおまけに暑いだろうから
実際この予定通りに回るのは厳しいかもと思ってましたが、いざ行ってみると
気温は関西よりは全然低かったし木陰も多かったし海からの風も涼しかったし、
さらに会場エリアの方は今年のでらロックフェスの5分の1ぐらいしか無かったので
余裕で完全制覇できました(笑)てか会場の端から端まで地下鉄3駅分あるという
でらロックはやっぱり異常だ(レポはこちら)だがこれでも観たいの全部は観られなかった。
あゆみくりかまき、OLDCODEX、MUCCなどは他のバンドとかぶって観られなかったし、
その中でもMUCCは今回を機にぜひライブを体験して、ガチャピンとムックのコンプリートを
したかったんですけどね。よりにもよってムックの楽曲のカバーをやったことのある
BAND-MAIDとかぶってしまうとは。ガチャピンとムックの対バンはいつ実現するのだろうか?

2019年8月7日水曜日

[ライブレポ]  Leaping Destiny 'Ⅲ’ RELEASE TOUR(日乃まそら、キラナ fr.SILC set Heaven、Quince、ガールズロックバンド革命)

8月2日(金曜日)大阪・心斎橋VARONにて開催された
「Leaping Destiny 'III (スリー)’ RELEASE TOUR-Start Something vol.37-」
通称「リピデスツアー」に行ってきました。出演者は、
・カミツキ
・CODE OF ZERO 
・ES-TRUS
・Quince 
・日乃まそら 
・ガールズロックバンド革命 
・キラナ fr.SILC set Heaven
以上の計7組。リズムアクションゲーム「Leaping Destiny」の主題歌集として
リリースされた、カミツキとCODE OF ZEROとES-TRUSの計3組によるスプリットシングル
「III (スリー)」を掲げたツアーで、出演者7組全て女性ボーカルのバンドということから
いわばインディーズ系ガールズロックの祭典。今回のスプリット企画の主催者でもある
カミツキといえば、今年1月には奈良ネバーランドにも来てくれたことから
これには当ブログ内においても喜んでライブに行くと宣言したにもかかわらず、
当日は高熱のため行けなかったという当ブログ史上初めての悔しい思いをしただけに、
またライブに行ける日を待ってました。そして今回は他にも好きなバンドを何組も
引き連れて来てくれたというのだから一層嬉しいですよ。

2019年8月5日月曜日

[ライブレポ]  Gacharic Spin、ガールズロックバンド革命「ガチャっ10LIVE 2019」

7月27日(土曜日)滋賀・U☆STONEにて開催された、
Gacharic Spinの主催ライブ「ガチャっ10LIVE 2019」に行ってきました。
この日は対バンにガールズロックバンド革命を迎えての2マンライブ。
今最も熱い2大最強ガールズバンドの夢の競演がついに実現ということで、
21日のAldiousとCYNTIAのSAKIさんのコラボライブ(レポはこちら)に続いて2週連続で
滋賀ユーストーンまで遠征に行ってきました。琵琶湖には行けずともライブハウスには行く。