ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2017年7月26日水曜日

[CDレビュー]  水樹奈々「Destiny's Prelude」


水樹奈々「 Destiny’s Prelude 劇場版アニメ「魔法少女リリカルなのはReflection」主題歌」
(2017/7/19)

1. Destiny's Prelude
2. Invisible Heat
3. Poison Lily 




水樹奈々の通算35枚目のニューシングル。
表題曲「Destiny's Prelude」は「魔法少女リリカルなのはReflection」の主題歌。
これまで通りの王道路線の歌謡曲風ミドルチューンでありながらも
エモーショナルな歌唱と、ピアノとストリングスを中心とした
芸術性の高いサウンド構成が、今作もまた美麗だと感じさせられる。
これからもこういう曲を歌い続けて欲しいと願うばかり。マンネリとは思わないっすよ。

そして2曲目「Invisible Heat」は魔法少女リリカルなのは挿入歌で
これぞアニソンJ-POPの醍醐味とでも称したくなるような
輝かしいアッパーチューン。シンセのキラキラ感満載のバンドサウンドと
夢や希望を感じさせられる奈々様の力強い歌唱、これは本当に魔法がかかっているのかと
思ってしまうほど感動的。表題曲との両A面扱いでも全然良かった。

3曲目「Poison Lily」は感覚ピエロの横山直弘さん作曲のロックナンバー。
以前にはLiSAさんに「Psychedelic Drive」を提供したこともあるお方で
感覚ピエロといえばいかにも今風のチャカチャカ系ギターロックを奏でる
関西若手バンドの典型というイメージ。今回の曲もダンサブルなリズムに
バンドの面影は感じさせつつも、それでもLiSAさんへの提供曲と比べると
こちらはギターばかりでなくシンセなどもうまく組み合わせたサウンドとなっているので
ポップかつ爽快感ある。編曲がElements Gardenの藤永龍太郎さんだったというのが
やっぱり大きい。奈々様の歌いっぷりの良さも相変わらずで
素直に聴いていて気持ちいいガールズロックとなった。3人のコラボ効果。

(次作へ続く



0 件のコメント: