ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2013年12月20日金曜日

[CDレビュー]  ギルガメッシュ「MONSTER」

ギルガメッシュ「 MONSTER」 (2013/11/27) 1. Intro 2. Drain 3. VOLTAGE 4. INCOMPLETE 5. 斬鉄拳 -MONSTER ver.- 6. antlion pit 7. Resolution 8. BAD END DREAM 9. Live is Life 10. 絶頂BANG!! -MONSTER ver.- 11. Another way 12. ALONE お気に入り度:★★★★★★★★★★ (10/10) ギルガメッシュの通算6枚目のフルアルバム。 今作は今までの総決算であり最高傑作だという、メンバーのコメント通りの作品でした。 ミクスチャー要素を取り入れつつも、サウンドの迫力は前作を余裕で超えています。 ボーカルの左迅さんの歌唱についても力がこもっていて良い。 V系バンドにありがちなナヨナヨとした歌唱は個人的にあまり好みではないだけに、 こういう歌い方の方がむしろ聴きやすいぞ!と感じました。 インストを挟んで実質1曲目の「Drain」からラウドロック全開。 曲中に入るシンセの音色も楽曲のスケール感を増すのに役立っている。 そして続く「VOLTAGE」は、今作の中でも最もメタルな曲。 歌詞についても怒りを帯びたダークな内容ながら、それをエネルギーに変えて 突き進めと歌う。「♪行くぜ そーーーーっ! 曝け出して 声を上げろ」 と歌うサビは文字通り一緒に声を上げたくなる。最高です! ミクスチャー色の強いサウンドを聴かせる先行シングル曲「INCOMPLETE」を挟み、 同じくシングル曲である「斬鉄拳」へ。この曲は今作のアルバムの中においても 最強ナンバーでした。腐りきった者たちに鉄拳制裁を食らわし、 弱い自分自身に勝てと歌う。これには聴いていて最高にスカっとさせられる。 日頃のうっぷんを全て吹き飛ばしてくれるかのような大名曲です。 続く6曲目「antlion pit」は曲の中盤にメタルコアの要素が入る迫力満点な曲。 それでいてサビはキャッチーに仕上げている。このようにアルバム前半は まさに男魂炸裂のヘヴィロックナンバーがズラリと並ぶ、圧巻の内容でした。 ユーロビート風のイントロから始まる7曲目「Resolution」辺りからは ポップ感が増した曲が多くなり、歌詞についても前向きな内容が多くなるも、 バックのサウンドの重厚感はアルバム後半も健在。これらの楽曲も軒並み質が高いです。 8曲目「BAD END DREAM」ではラップを取り入れつつも、サビメロはやはりキャッチー。 そして9曲目の「Live is Life」や、11曲目の「Another way」といった曲は どこかアニソンっぽい雰囲気も感じられるロックナンバーで、サビの爽快感が抜群。 バックのコーラスにも一体感を感じられて気持ちいいです。 「♪吹き飛ばす ように歌え (ウォーウォーウォー!)」 「♪掴め 全力で(ウォーウォウォーウォウォー!) こんなのを聴かされたら、JAM Projectのファンなら確実にハマるだろと。 10曲目「絶頂BANG!!」は、ダンサブルなノリの良さと、ラウドロックの重厚感が 見事に融合した傑作。女性コーラスが華やかで聴いていてとても楽しい。 12曲目曲「ALONE」はヒップホップ風のイントロから始まるロックバラード曲で、 メロディの美しさが光っている。哀愁を感じさせるギターの旋律も心に響く。 アルバムのラストを飾るにふさわしい名曲でした。 今作は先行シングル曲の計3曲がどれも素晴らしい曲だったので、 アルバムリリースはまだかとばかりに、ずっと秘かに期待していましたが、 その期待値をも上回ってしまうぐらいの、見事としか言いようがない内容でした。 当ブログでも、もうすぐ年間の私的名盤アルバムの発表を行いますが 今年の終盤にして、とんでもないモンスターアルバムが飛び込んできたぞ・・・ ライブにも行きたいと思わせてくれる作品です。ぜひ一緒に拳を突き上げたいです。

0 件のコメント: