ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2013年12月29日日曜日

[CDレビュー]  凛として時雨「i'mperfect」


凛として時雨「 i'mperfect」
(2013/4/10)

1. Beautiful Circus
2. abnormalize
3. Metamorphose
4. Filmsick Mystery
5. Sitai miss me
6. make up syndrome (album mix) 
7. MONSTER
8. キミトオク
9. Missing ling 
お気に入り度:★★★★★★★★☆ (8.5/10)




凛として時雨の5thアルバム。男女ツインボーカルを擁するバンドやグループは数あれど、
男性ボーカルが、並みの女性以上の高音で歌うバンドというのは彼ら以外には知らない。
それだけでも大きな個性であり、他にはない魅力を持っているといえる。
歌唱スタイルについてもささやくような歌い方から、激しいシャウトまで幅が広い。
それに加えて、ハードコアやオルタナティヴロックの影響を受けた
サウンドの迫力も抜群。テクニカルな演奏によるギターの旋律に凄みを感じます。

これらが合わさることで、唯一無二のカオスティックな楽曲世界を作りあげており、
今作も尖った雰囲気は健在ながらも、その一方でメロディの訴求力は
以前と比べると格段に上がったと感じました。これは個人的に大きな収穫でした。
1曲目の「Beautiful Circus」や7曲目「MONSTER」は今まで以上に
ノリの良さを感じる、ダンサブルな雰囲気を持ち合わせた曲で、
こんなに聴いていて楽しい曲も作ることができるバンドとは思わなかった。
その一方で「Filmsick Mystery」や「キミトオク」などといった曲は
ハードなサウンドの中にもどこか哀愁を感じさせてくれる。まさにバンド名通りの曲。
ラスト曲の「Missing ling」はロックバラード曲で、この曲も今まで以上に
メロディに美しさを感じる。全9曲ノンストップで駆け抜けるかのようなアルバムでした。

昨年末にMステの特番に出演して、多くの視聴者を驚かせたのは記憶に新しいですが、
今作のようにメロディの良さを感じさせつつ、これからもあっと驚くような曲を期待したいです。




0 件のコメント: