ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・アニソン・アイドルからロック・メタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも基本的に大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2015年12月10日木曜日

[CDレビュー]  妖精帝國「SHADOW CORPS[e]」


妖精帝國「 SHADOW CORPS[e](シャドウ コヲプス)(DVD付)」
(2015/8/5)

1. Attack!! (instrumental)
2. “D” chronicle
3. 闇色corsage
4. 白銀薔薇奇譚
5. 残夜の獣
6. calvariae
7. Infection
8. 檄
9. ancient moonlit battleground (instrumental)
10. Shadow Corps
11. 体内時計都市オルロイ
お気に入り度:★★★★★★★☆ (7.5/10)




妖精帝國の6thアルバム。
今作は先行シングル曲もタイアップ曲も無い完全オリジナルアルバムとしてリリース。
キャリアを重ねるごとに、シンフォニックメタルバンドとして進化を遂げているのが分かる作品。
実質1曲目の「“D” chronicle」から間奏部分でギターやキーボードのテクニカルな速弾きが
次々と飛び出すところなどを見せつけられると、ここまで深化したかと驚くばかり。

しかし、これまでの作品と比べるとメロディのキャッチーさは全体的に後退した印象。
アルバム中盤のミドルテンポ曲や、収録時間4分台と6分台のインスト曲計2曲などは
とりわけメロディが分かりにくくて耳に残るものが無かった。
なお今作のラストナンバーとして11曲目に収録された「体内時計都市オルロイ」は
アニメ「少女革命ウテナ」の主題歌のカバー曲らしいですが、
この曲こそが、7曲目「Infection」と並んで一発で耳に残ったというのは何ということか。
ゆいさんのキュートなボーカルが生きているし、何より「♪ゴーンゴーンキンコンカン」は
1回聴いただけで口ずさみたくなる。やっぱりアニソンはキャッチーなんですよね。

これだけ本格志向を打ち出すならば、今後は国内の有名どころのメタルバンドと対バンしたり
はたまた海外進出を目指したりもするのか?と思いきやそれも無いというのであれば
いったい誰得なのか。やはり前作までの路線に戻した方がいいように感じるし、
おそらくこういう作風は今回だけで、次からはこれまで通りアニメタイアップ路線の
曲を中心にリリースしてくれると思う。そのように期待してますので・・・







0 件のコメント: