ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2015年12月1日火曜日

[CDレビュー]  Aldious「Radiant A」


Aldious「 Radiant A (DVD付き)」
(2015/12/2)

1. Re:fire
2. THE END
3. die for you
4. STEP
5. Sweet Temptation
6. One Way
7. Believe Myself (new mix)
8. PIECE OF MY WISH
9. Moment
10. 胡蝶ノ夢
11. Dearly (new mix)
お気に入り度:★★★★★★★★★☆ (9.5/10)




Aldiousの5thアルバム。華やかさと儚さ、激しさと美しさを併せ持つ
アゲ嬢ガールズバンドの作品。先行シングルではポップな曲で新境地開拓も行われたが
このアルバムではしっかりとメタルへのこだわりを感じさせてくれる。
疾走感溢れる曲を、1、2、6、7、9、10、11曲目と計7曲も収録してくれたのは嬉しい。
楽曲の多彩さという点では前アルバム「Dazed and Delight」(レビュー・感想はこちら)
に分があるものの、今作はこのバンドが最も得意とする曲調で攻めまくったことで、
結果的に前作以上の作品になったのではないだろうか。
ボーカルがRe:Noさんに代わってからの計3作の中では、今作が最高傑作でしょう。
これからもヘビロテで聴きまくる作品になること間違いなしです。

まず1曲目「Re:fire」はこれまでの曲以上に熱さとカッコ良さを感じる疾走メタルナンバー。
サビの「燃やせファイヤー!!」という歌詞は意外で驚いた。
メタル系バンドの中でAldiousだけはファイヤーと歌うイメージが無かっただけに。
だがこの曲は見事にハマった。リノさんの歌い方に、バンド加入当初には無かったような
荒々しさが感じられたからこそ、文句無しの名曲になったと思う。

2曲目「THE END」は前曲以上にダークテイスト漂う疾走曲で、これぞAldiousらしい曲。
3曲目「die for you」はシングル曲としてはこれまで無いほどにポップなロックチューン。
こんなにも痛快で、楽しそうに歌うリノさんが見られるとは。
メタル系のバンドがこういう曲を出すと決まって賛否両論あるが、個人的には大好きな曲。
「♪イェイイェイイェイ!」とライブで一緒に盛り上がりたい。


4曲目「STEP」もポップでメロディアスな曲。優しい一面が存分に出ている。
5曲目「Sweet Temptation」は長い髪をモチーフにした歌詞、Aメロの低音歌唱などが
どことなくホラーな雰囲気。貞子を連想してしまったのは私だけだろうか(汗)
サビではアッパーに盛り上がる。リノさんの歌唱も一転して力がこもる。

6曲目「One Way」は「共に進むべき仲間さえ 足並みを揃えてなど走れない」
などといった歌詞がダークでドキっとさせられる。
こういうことを歌われるとリノさんはバンドメンバーに不満を持ってるのではと
一瞬不安になってしまうのですが、今作を全部聴いた限りは大丈夫ですよね!

7曲目「Believe Myself」はシングル曲であるメロスピチューン。
堕天使というフレーズはこのバンドにピッタリ。共に新たな世界へと連れていってくれそう。


8曲目「PIECE OF MY WISH」は今井美樹さんの曲のカバー。これまた意外で驚いた。
原曲に忠実なカバーながらも、リノさんの儚げな歌声が生きている。
間奏のギターソロはさすがハードロッカーといった感じで聴き応えがある。

9曲目「Moment」はこれまた疾走系のラブソング。ひたむきな愛を感じられる。
10曲目「胡蝶ノ夢」は地を這うようなサビの歌唱に妖しげな雰囲気が漂う。
らしい曲ではあるが、個人的にはもうちょい歌い方に力感や緩急がある方が好みかなぁ。

11曲目「Dearly」はイントロの旋律やコーラスからして輝きを感じる。
闇から光へ向かって、美しく疾走する姿が何ともたまらない。
なぜシングル曲の中で唯一PVが作られてないんですかね。音源だけだとは。


今作もインディーズとは思えないほどの質の高さを感じさせられる作品でしたが、
このバンドはCDセールスやライブ動員の実績の割に、
音楽好きに十分に認知されていないとしか思えない現状が惜しい。
ガールズメタルバンドの代表格でもあるだけにもっと幅広い活動をして欲しい。
昨年行われた「アニソンロック」(レポはこちら)の出演などは非常に良かったと思うが、
だがこれに出ておきながらアニメタイアップなどは未だにもらえないという現状は・・・
やはり1度はメジャーを経験した方がいいのではないかとも思う。
シーン全体の飛躍のためにもどうか頑張って欲しい。ライブステージの興奮度は
とてつもないものがあるだけに、この魅力がより多くの人に伝わることを願ってます。



0 件のコメント: