ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2014年12月19日金曜日

[CDレビュー]  RONDONRATS。「eat sorrow and happiness」


RONDONRATS。「 eat sorrow and happiness」
(2014/7/16)

1. トロイメライ
2. GAME
3. クレイドル
4. ハジマリのウタ (Remix)
5. Hello! (Remix)  
お気に入り度:★★★★★★★★ (8/10)




RONDONRATS。の通算5枚目となるミニアルバム。
紅一点ボーカルのMAMIKOさん擁する、広島出身5人組インディーズバンドの作品です。

まず1曲目「トロイメライ」ではエモやパンクなどの様々な要素をミクスチャーさせつつも
ポップに聴かせるという、今の彼らの楽曲の魅力が存分に発揮された曲。
最初サビだと思ったところが実はBメロだったという曲構成も良い。
Bメロがサビと思ってしまうぐらいに、最初から最後までメロディの良さが光っています。

2曲目「GAME」は今作のリードトラック。この曲もエモさとポップさのバランス加減が絶妙。
男性コーラスや英詩の入れ方もうまいしカッコいい。さすがリード曲なだけある。


3曲目「クレイドル」はロックバラード曲。ほんのり切なさ漂うメロディと共に
ボーカルのMAMIKOさんのキュートな歌声が響く。上質なラブソングとなっています。

4曲目「ハジマリのウタ (Remix)」は爽快感抜群のポップ&ロックチューン。
彼らの曲はアニソンに起用されるにも適していると思います。この曲もサビメロが良い。


5曲目「Hello! (Remix)」はカラフルなポップナンバー。
編曲にファンタジーを感じられる。PVも華やかで、見ていて楽しいです。


4、5曲目は既発曲のリミックスバージョン、さらに6~10曲目には
1~5曲目のインストバージョンが収録されており、新曲は計3曲ということから
アルバムというよりは実質シングルに近い内容でしたが、
それでも質の高さを十分に感じさせてくれる作品でした。
しかし、前作のミニアルバムのレビューの時にも書きましたが、
これほどまでに実力有り余るバンドが、なぜメジャーデビューとならないのかが不思議。
インディーズで活動しているのは本人たちの意思なのか、それとも・・・
このままインディーズで終わっていいバンドだとは思えない。ぜひ次のステージへと羽ばたく姿が見たいです!



0 件のコメント: