ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・アニソン・アイドルからロック・メタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも基本的に大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2014年12月17日水曜日

[CDレビュー]  オズ「NOTiCE」


オズ「 NOTICE」
(2013/5/8)

1. you
2. 君の手
3. パイレーツ
4. Loveless Child
5. ラブアドール
6. よる
7. はなび
8. NO FEEL NO LIVE!!!
9. NEVERLAND ROCK
10. 星になれたら  
お気に入り度:★★★★★★★★☆ (8.5/10)




2013年にリリースされた、オズの2ndアルバム。
紅一点ボーカルのNARUMIさんの歌声が弾ける、沖縄出身3人組バンドの作品です。

まず1曲目「you」の、90年代ガールズポップを彷彿させる雰囲気にやられました。
サビの「♪あきらめたらそこで終わり」がたまらなく健気で、聴いていて思わず笑顔がこぼれそう。
その後の曲も陽気でポップなロックチューンが中心で、勢いがある。
5曲目「ラブアドール」ではダンサブルかつテクニカルな演奏が聴けたり、
9曲目「NEVERLAND ROCK」ではイントロから重厚感のあるギターサウンドが聴けたりと
楽器隊の演奏や編曲にも確固たる実力を感じられる。
歌詞は等身大の若さを感じさせるものが多いですが、それなりに練られているのは伝わってくる。
円周率を延々とメロディにのせて歌う、3曲目「パイレーツ」、
サビで「♪いつまでも子供だっていいでしょ」「♪責任感なんて二の次」などと言いつつも
「♪結局は自分のケツは自分で拭く」と歌ってしまう、9曲目「NEVERLAND ROCK」
などは特に面白さを感じる。女性がケツ拭くなどと歌うとは・・(笑)

そんな中で意外だったのが、今作のリードトラックにバラード曲の「Loveless Child」
を抜擢したことでした。最初に聴いた時は微妙に感じたのだがこれが思わぬスルメ曲。
可愛らしくも哀愁漂うその歌声は、愛を求める、か弱き天使のよう。
曲のラストで歌声が重なり合うところはとりわけ胸に響く。今までにない新たな魅力が発揮された名曲です。

もっと評価されていい女性ボーカルバンドです。
とりあえずステレオポニーや中ノ森BAND、CHERRYBLOSSOMあたりが好きだった人は聴いてみましょう。
ぜひメジャーシーンでブレイクを期待したいです・・と思いきや今作からはインディーズだと!?
あなた達はインディーズにいてはいけないです! 
しかし、次作も結果的にインディーズからのリリースとなりました。
最強クラスの楽曲を生み出した、2014年の最新作へ・・・(続く)







0 件のコメント: