ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2014年11月23日日曜日

[CDレビュー]  玉置成実「Vivid Telepathy」


玉置成実「 Vivid Telepathy(TVアニメ「白銀の意思 アルジェヴォルン」新エンディングテーマ)(初回限定盤)」
(2014/11/19)

1. Vivid Telepathy
2. Do Ya Wanna Dance  




玉置成実のニューシングル。
いつもお世話になっているブログ「アニソンしか聴きません!」
の管理人のアニソン鹿さんから、この度記事の方にてリクエストを頂きました。
こんなことは滅多に無いことなので嬉しいです。ではレビューにいってみましょう。

まず表題曲「Vivid Telepathy」は久々のアニメタイアップ曲となった、
ダンサブルなデジタルポップナンバー。こんなにもキラキラした曲はいつ以来だろうか。
「導く後ろ姿 とても眩しい」と歌うサビの歌詞通りの、
眩しいほどの輝きを感じさせてくれる。間奏のエレキギターの疾走感も良い。
初期の曲を彷彿させるような、前向きで聴いていて元気をもらえるハードポップ路線が
ここに来て復活してくれたのは良かったです。
一時期はこのような新曲が聴けることに期待ができなかっただけになおさらですね。

カップリング曲「Do Ya Wanna Dance」は、セクシーな一面が発揮された
洋楽ポップス風のダンスナンバー。エレクトロ色の強いサウンドも印象的です。

2008年にソニーとの契約が終了し、その後レコード会社を移籍してからは、
着うた系R&B、K-POP、大沢伸一プロデュース曲など様々な路線の曲を歌いながら
試行錯誤を繰り返し、それがネット上の一部では迷走だと言われたこともありましたが、
しかし昨年リリースのシングル「REAL」以降からは、
原点回帰ともいえるべき名曲を立て続けにリリースしてくれるようになりました。
だがそれでも、いろんな曲を歌った経験が決して無駄ではなかったことは、
今回の表題曲とカップリング曲を聴き比べてみれば分かるでしょう。
これからもまた、デジタルポップを軸にしつつも多彩な魅力を発揮した作品を
リリースしてくれることを期待したいです。次はぜひオリジナルアルバムを!







2 件のコメント:

アニソン鹿 さんのコメント...

レビューありがとうございます!!

自分は、今年、ガンダムSEEDを観て玉置さんの歌に触れましたが、えむけーさんのブログで玉置さんのことがしばしば取り上げられてなければ、今回の新曲をスルーしてしまうところでした。

あらためて、新曲と11年前のデビュー曲「Believe」を聞き比べてみると、当時と声の雰囲気が変わらないのには、驚きます。
玉置さん本人は、アニメ系のイベントに出たいという意欲満々のようです。
これからの動向に注目ですね。

えむけー さんのコメント...

まさか私のブログがきっかけで新曲を聴いたとは・・何だか嬉しいです。いつも見て頂きありがとうどざいます!
歌声もダンスもデビュー直後から今まで不変の魅力があると思います。
来年はアニサマなどのフェスへの出演があるかもしれませんね。期待したいです。