ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2014年11月5日水曜日

[CDレビュー]  fripSide「infinite synthesis 2」


fripSide「 infinite synthesis 2(初回限定盤CD+Blu-ray)」
(2014/9/10)

1. sister’s noise
2. infinite synthesis
3. fermata ~Akkord:fortissimo~
4. lost dimension
5. I’m believing you
6. Secret of my heart
7. eternal reality
8. black bullet
9. rain of tears
10. scorching heart
11. waiting for the moment
12. always be with you
13. true resonance
お気に入り度:★★★★★★★★★ (9/10)




fripSideの3rdアルバム。
今作も前2作同様に、デジタルサウンドにこだわった作品となりました。

まず1曲目にいきなり、アニソン系アーティストとしては久々の快挙である
オリコン1位を獲得したことでも話題となった「sister’s noise」を
もってきてくれました。これにはオープニングから盛り上がらないわけがない。
サウンドが素晴らしいのはもちろんとして、歌詞からもアニソン系ならではの突進力を感じる。
さらに同系統の曲では、4曲目「lost dimension」も抜群の疾走感に加えて
バトルフィールドに放り込まれたかのような曲世界がカッコいい。納得のゲームタイアップ曲。
そして、先行シングルとしてリリースされた8曲目「black bullet」は
デジタルサウンドの中にシンフォニック風のコーラスが加わったアレンジに、
fripSideの新たな進化を感じられました。この編曲だけで文句無しの私的ベストトラック。
9曲目「rain of tears」や、11曲目「waiting for the moment」では
m.o.v.eの曲やI'veの曲を彷彿させるような、重厚感のあるトランス系サウンドが良いです。

その一方で、近年では少なくなった王道デジタルJ-POPナンバーも今作では健在。
小室哲哉さんとの共作でも話題になった7曲目「eternal reality」はまさにその代表。
私的には10曲目「scorching heart」が爽快感溢れる夏ソングで特にお気に入りです。
南條愛乃さんの作詞曲は、八木沼悟志さんの作るアニソン風の歌詞とは違い、
ストレートな夏ソング、ラブソングや応援ソングが多いというのも大きな特徴。
作詞に2人それぞれの個性が出ているのは面白いです。

これからも疾走デジタルポップスシーンの最前線を走り続けて欲しいです。
当ブログの検索ワードにも「fripSide 夜の高速」というフレーズなどが出てきたのをみると
以前よりも確実に世間の認知度は上がっていると思われるので、さらなる活躍に期待!







0 件のコメント: