ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・アニソン・アイドルからロック・メタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも基本的に大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2014年3月2日日曜日

[CDレビュー]  彩音「Luminous Flux」



彩音「 Luminous Flux【通常盤】」
(2014/1/29)

1. フェノグラム
2. Fullmoon Rhapsody
3. 覚醒-Fractional Vision-
4. 幻術のクロスロード
5. Divine Beast
6. Crest of Knights
7. Red Rose Evangel (Full ver.)
8. cry out
9. ultimate arrow
10. punitive justice ~千年の錯綜~
11. GO→Love&Peace
12. かけがえのない想い ずっと一緒に
13. パーフェクト☆クエスト
14. The place in your dream
15. いつもこの場所で
お気に入り度:★★★★★★★★★★ (10/10)





アニソン歌手、彩音の4thアルバム。期待以上の作品でした。
1曲目から9曲目まで疾走感満点のアッパーチューンで攻めに攻めまくったのが
聴いていて最高に気持ち良かったです。

まず1曲目「フェノグラム」はデジロック系ナンバーで、サビの良さもさることながら
Bメロの編曲が素晴らしい。まるで高鳴る胸の鼓動のよう。聴いてる方もドキドキする。
2曲目「Fullmoon Rhapsody」はデジタルポップ系の曲でこちらも疾走感がある。
そして3~7曲目は前半にして今作のクライマックスといっていい。
荘厳なコーラスや、ギターやドラムやストリングスなどの楽器がうなりをあげる曲ばかりで、
イントロや間奏の時点からして、聴いていてテンションが上がらずにはいられない。
さらに3曲目「覚醒-Fractional Vision-」と7曲目「Red Rose Evangel」では、
サビが終わったかと思えばすぐさま別のサビが登場するという曲構成も見事。
歌詞はいかにもアニソン・ゲーソン的な内容のものが多いですがどれもカッコいい。
6曲目「Crest of Knights」の、城壁に戦火に籠城などといった文字通りお城系な歌詞は
誰が作ったのかと思いきや、JAM Projectの奥井雅美さんだったのか!
8曲目「cry out」は今作の中でも一番ロック色の強い曲で、ギターの旋律が胸に響く。
9曲目「ultimate arrow」はストリングスやシンセなどの旋律が、
カランコロンと鳴り響く鐘の音のように聴こえる。とにかくどれも編曲が派手なのが良いです。

その一方で、バラード曲となる10曲目「punitive justice ~千年の錯綜~」以降の曲は、
声質が似ていることもあり、浜崎あゆみっぽいと感じました。
11~13曲目のような、エイベックス風な普通のポップスを歌うと区別がつかないレベル。
それでも14曲目「The place in your dream」は良かったです。
「熱いこの想いスタンドへ」「ダイヤモンド駆け抜ける」などといった歌詞からして
野球アニメかゲームのタイアップ曲かと思いきや、そうではないとのこと。
それでも今作の中では歌詞が一番印象に残りました。
ラスト曲「いつもこの場所で」はこれぞ美メロバラード。ピアノやストリングスの入れ方も絶妙。
歌詞に観測者などといったフレーズが入っている以外は初期の浜崎あゆみみたいな曲だが
それでも良いものは良い。今作の締めくくりとしてもふさわしい曲でした。

ハードポップやロック系の曲で押しまくった前半から中盤は圧巻の一言。
個人的には、飛蘭の2ndアルバム「ALIVE」を思い出させるものがありました。
もちろん近年の水樹奈々のアルバムが好きな人にもオススメな作品です。
こういう感じの曲を歌うアニソン系アーティストは数が増えた過ぎたあまりに
すっかり激戦区となった気がしますが、いくら増えたとしても良いものは良いのだ!







0 件のコメント: