ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・アニソン・アイドルからロック・メタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも基本的に大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2014年3月10日月曜日

[CDレビュー]  May’n「NEW WORLD」


May’n「 NEW WORLD【DVD付限定盤】」
(2014/1/29)

1. Lose My Illusions
2. Chase the world
3. Mr.Super Future Star
4. わたしのしるし
5. 決意の朝
6. あの日の歌
7. IN THE AIR
8. Run Real Run
9. アオゾラ
10. ViViD
11. MOONWALKER
12. ROCK YOUR BEATS
お気に入り度:★★★★★★★★☆ (8.5/10)




May'nの4thフルアルバム。今作は1~3曲目を聴いた時点で、
今まで以上デジタル色の強い作品に感じました。
これは浅倉大介さんから定期的に楽曲提供を受けるようになった影響なのでしょうか?
今作でも2曲目に提供曲の「Chase the world」が収録されていますが、
個人的には3曲目「Mr.Super Future Star」の方がギターの音を響かせている分好きです。

その一方で1曲目「Lose My Illusions」7曲目「IN THE AIR」11曲目「MOONWALKER」
などといった曲は、同じデジタル系でも洋楽ポップスっぽい雰囲気を持つダンスナンバーで
普段はあまり聴くことのないジャンルの曲ですが、May'nさんのその歌声と、
質の高いアレンジがあれば、このような曲でも楽しく聴けてしまいます。
しかし6、9曲目のバラード曲に関してはいまいちハマらずで、
これに関しては2ndアルバムの曲の方が良かったかなと思いました。
アルバム後半は、シングル曲にもなった8曲目の「Run Real Run」が素晴らしい。
疾走感と切迫感が最高。さらには10曲目「ViViD」も痛快かつハイテンションで良い。
やはりこのようなハードポップ系の曲が一番ハマっている。
ただこれらのシングル曲に並ぶ、もしくは超えるほどのアルバム曲オリジナル曲が
無かったのが惜しいところ。あえて挙げるならば「Mr.Super Future Star」ですが。

今作も安定感のある作品でした。これからもこの調子で頑張って欲しいです。







0 件のコメント: