ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2012年8月7日火曜日

[私的名曲ランキング]  2012年6月度 マイベスト10

みんなでいい曲を発見する音楽投票企画「Japanese Dream -We Love J-Pop-」の協力により、
今月も、月間の私的名曲マイベスト10をこのブログにて紹介したいと思いますが、

この2012年6月度にて、ついに、私のリスナー人生の中に、
新たな伝説の1ページが刻まれました。

子供の頃からJ-POPを聴き続け、まもなく20年が経とうとしていますが、
曲を初めて聴いた瞬間に、ここまでのすさまじい衝撃を受けたアーティストは
他に記憶に無いぐらいです。
「Japanese Dream」への参加をきっかけにして、そして参加6回目にして、
ついに一生モノだと断言できるアーティストに出会うことができました。

本当に素晴らしい音楽に出会えたことに感謝です。
それでは、今月もいってみましょう!





第10位 熊谷育美「強く」

名曲「雲の遥か」から約1年、相変わらずの美しい歌声と、
震災から立ち上がる人々の姿を思い起こさせる力強い歌詞が印象的。
実は、これから世間的にブレイクするのではと期待していたのだが・・・
CDショップ大賞にも入賞していただけに。なぜみんなもっと彼女の曲を聴かないんだ!?



第9位 浜田マロン「私のピストル 平成二十四年編」

エロティックさ満点のジャズ歌謡曲。「♪3発目~ 4発目~」の部分は特にインパクトありました。
これは直前に頭から離れなくなって・・・ ということで9位に抜擢しました。



第8位 カラーボトル「魂ドライブ」

聴いてて気持ちいい! カラオケで歌いたい!
これで歌詞がもっと良ければ3位ぐらいに抜擢していたと思います。
しかしこの曲もそうですが、最近のバンドサウンド系の曲で個人的に素晴らしいと思った曲というのは、かなりの高確率でアニソン・アニメタイアップなのはつくづくなぜなんだ!?
少なくとも昔はそんなことはなかった。やっぱりメロディが良いから好きになるんだけど。



第7位 あえか「もう大丈夫...」

優しい歌詞に癒される名バラード。さらに、声質がとても綺麗だなと感じました。
個人的には川嶋あいあたりを思い出しました。今後のメジャーデビューにも期待!



第6位 アーバンギャルド「病めるアイドル」

以前彼らのアルバムを聴いた時は、サウンドは好きなのにボーカルに苦手意識があったのですが、
この曲ではボーカルまで含めて良いと思いました。
せめてこれぐらいに曲の中で歌い方に緩急をつけられればいいのに・・・
一度聴いたら耳から離れない魅力のある曲です。



第5位 C&K「ジャパンパン~日本全国地元化計画~」

独自の進化を遂げたディスコサウンド。こちらも一度聴いたら耳から離れませんでした。
さらに歌詞も面白い。日本全国を旅したくなるような曲ですね。



第4位 hidavicious「SPARK」
そこそこ活動歴があるようですが無名なのが不思議なぐらい、
歌メロ・歌唱ともに聴いていてすごく気持ちいい、熱いロックでした。
こんなバンドがもっとどんどん出てきて欲しい。カラオケに入ってれば絶対歌いたいのに。



第3位 Zwei「拡張プレイス」

2作連続2回目のランクイン。かつての有線放送の常連アーティストは
いつの間にかアニソン路線に完全転向したようですが、
シャープな声質とセンス溢れる編曲は健在で、今作も良かった。
アルバムがもう6年近く出ていないので、2006年以降の全シングル曲を収録した
3rdアルバムを早くリリースしてくれることを期待してます。



第2位 ぱすぽ☆「Next Flight」

「ぱすぽ☆ meets LAメタル」というコンセプトで作られたこの曲は、
LAメタルってこんなに素晴らしい音楽だったのかと思うぐらいに聴きやすいですし、
それでいて、まるでこれから大空に向かっていくかのようなスケール感を感じる。
まさに太平洋を越えた。彼女たちのフライトに案内される形で、羽ばたいていった。
これを6月のリリース直後に聴いた時は、早くも1位候補だ!と思ってました。



第1位 Gacharic Spin「ヌーディリズム」

彼女たちのその曲の素晴らしさは、この記事だけではとても語り尽くせない。
この「ヌーディリズム」という曲を例えるなら、Elements GardenがHR・HM系の曲を作ったらこんな感じになるのだろうか。それぐらいに超絶ドラマチック。
そしてこの曲以外の曲もYoutubeなどで試聴してみましたが、全曲スゴい。
私的殿堂入りアーティストで例えるなら、HIGH and MIGHTY COLORとm.o.v.eと聖飢魔Ⅱと水樹奈々とJAM projectを全部足したようなガールズバンドとでも言うべきか。
私的No.1アーティストのDo As infinityを今後もしかすると超える可能性のあるアーティストに、史上初めて出会った。

これから、このブログではさらに詳しく、
Gacharic Spinの作品の数々をレビューしていきたいと思います。
こんな素晴らしいバンドが無名だなんてもったいなさ過ぎる!
どうやら今年、AKB48が「GIVE ME FIVE!」というバンド形式の曲をリリースした際に、
Gacharic Spinの4人がAKBのメンバー達にバンド演奏の指導をしたことが
メディアに取り上げられたようですが、これはやはり、それだけの実力があるという証拠。
どんな形でもいいから、彼女たちの音楽はもっと世間に届けられるべき!




(次点)
bomi「キューティクル・ガール」
ブンブンサテライツ「BROKEN MIRROR」
彩音「Red Rose Evangel」
堀下さゆり「この街に咲く花のように」
ナナカラット「かくれんぼ」
NEW BREED「A Little Bit Of Bitterness」


bomi「キューティクル・ガール」は直前まではマイベスト10入りするばずだったのに、
2曲連続2回目のランクインとか書きかけてたのに、浜田マロンのピストル「♪5発目~ 6発目~」に撃ち落とされる形で今回は惜しくも次点となってしまいました。
あと、今回惜しくもこのランキングの中からは漏れましたが、
それでもすごく印象に残った曲は、BUGY CRAXONE「ハレルヤ」。
かつてデビュー曲にして助けてとか被害妄想止まらないとか歌ってたバンドとは思えないぐらいに、
久々に聴いてみると曲の内容が大きな変貌を遂げていて驚きました。
アルバムタイトルからして「Joyful Joyful」とか当時から思えば違和感ありまくりだ・・・


2 件のコメント:

ちづる さんのコメント...

ついにガチャリックスピンがえむけーさんのブログにもキタアアアアアアアッ!!!しかも1位に!
わたしのブログのほうでは、1ヶ月前に最新シングルのレビューをした程度なんですけど、過去の楽曲もいいものが多いんですよね。"Lock On!!"とか。
過去の楽曲レビューがえむけーさんより後になってしまった際は、こちらもパクリ疑惑が生じないようになんとか気をつけたいと思います。

えむけー さんのコメント...

ちづるさんはそんな以前から知ってたんですか!
それならデビュー曲の「Lock On!!」の時点で私に教えて欲しかったぐらいです(笑)
この曲のCDも買いましたが、こちらもまた、今はただスゴいとしか言いようがないですね。
詳細な感想はレビューの時に書くということで・・・