ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2013年1月13日日曜日

[CDレビュー]  DOLL$BOXX「ドールズ・アパートメント」


DOLL$BOXX「 ドールズ・アパートメント(初回限定盤)(DVD付)」
(2012/12/12) 

1. Loud Twin Stars
2. Merrily High Go Round
3. Take My Chance
4. monopoly
5. ロールプレイング・ライフ
6. fragrance
7. KARAKURI TOWN
8. おもちゃの兵隊
9. Doll’s Box 
10. ヌーディリズム ($ヴァージョン)  
お気に入り度:★★★★★★★★☆ (8.5/10)





Gacharic SpinとLIGHT BRINGERのボーカルにより結成された
「最強ガールズバンド」、DOLL$BOXXの1stアルバム。

当ブログ的には、月間私的名曲ランキングの第1回の1位獲得歌手と
2012年の年間私的名曲ランキングの1位を獲ったバンドがタッグを組むという、
まさに信じられないような展開。夢のコラボが実現いたしました。

まず、ボーカルのFukiさんのパワフルな歌唱はさすがとしか言いようがないです。
そして、そのボーカルに負けじとばかりに演奏の方も凄い。
ギターもキーボードも終始ガンガンに鳴り響くサウンドが印象的で、
1曲1曲はどれも圧倒的な曲ばかりです。

今作を代表するかのように、豪快で明るくてなおかつキャッチーな曲で
リードトラックとしてもふさわしい2曲目「Merrily High Go Round」、
デジメタルサウンドと、ボーカルのシャウトが共に破壊力抜群な
「Take My Chance」、ドラムのはなさんとキーボードのレオナ様も歌う
トリプルボーカル曲「monopoly」、2曲目と同じ系統のサウンドの曲ながら
人生をゲームに例えた歌詞が面白い「ロールプレイング・ライフ」、
ストリングスが加わったサウンドに切迫感を感じる「おもちゃの兵隊」
といった曲は特にインパクトがありました。

しかし、あまりにも、あまりにも期待が大きすぎたか・・・
どんなに圧倒的なパワフルさを見せてくれたとしても、そこに緩急が無く、
さらに1曲目から5曲目まで全部同じようなサウンドの曲が続いてしまうと
アルバムとして聴き通すのにはしんどさを感じてしまったのもまた事実。
6曲目「fragrance」でようやくこれまでと違ったパワーバラード系の
曲が来た時は、思わずホッとしてしまったぐらいでした。

以前にGacharic Spinのミニアルバムを聴いた時は、
1曲ごとにアプローチを変えてきて、そしてそのどれもが素晴らしかったことに
驚いたものでしたが・・・ もっと音楽性の振り幅の広いバンドだったはず。
そして「ヌーディリズム」はやっぱりガチャピンバージョンの方が良かった。
全体的に明る過ぎる作風になったことも意外でした。
過去のガチャピンの曲でいえば「ブラックサバイバル」や
「LosT Angel」のような、疾走感抜群ながらもどこか影があるような曲が
作れるというのも、彼女たちの大きな魅力だったはず。
LIGHT BRINGERの方も「今にも落ちてきそうな空の下で」という曲を聴いた時は
もっと妖艶で幻想的な曲も歌えるバンドだったはずなのにと・・・

どちらも、今までの作品と同じような曲を作っていては、
新バンドを結成した意味が無いというのも分かりますが、
これを聴く限りでは、やはりGacharic Spinには前ボーカルのArmmyさんの
歌声が合っていたんだなというのがよく分かりました。
個人的にはDOLL$BOXXは今作のみの、一夜限りの夢のコラボということにして、
FukiさんはLIGHT BRINGERでさらなる飛躍を遂げて欲しいと思いましたし、
Gacharic Spinは早く新ボーカルを見つけてメジャーデビューして欲しいと思いました。

そう思っていた矢先に・・・
なんと、Gacharic Spinは3月にフルアルバムのリリースが決定。
さらにその前に開催されるファンイベントでは、何やら重大発表も行われるようです。
この流れで重大発表ということは、もはやこれは新ボーカルの発表としか思えない!
さらに合わせてメジャーデビューともなれば嬉しさは倍増だ! 期待しています。




0 件のコメント: