ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2013年1月17日木曜日

[CDレビュー]  茅原実里「D-Formation」


茅原実里「 D-Formation」
(2012/2/29) 
   
1. D-FORMATION
2. Dream Wonder Formation
3. 嘘ツキParADox
4. Metamorphosing Door
5. Planet patrol
6. KEY FOR LIFE
7. この世界のモノでこの世界の者でない
8. X-DAY
9. Defection
10. 暁月夜
11. TERMINATED
12. アイノウタ
13. 夢のmirage
14. Freedom Dreamer
お気に入り度:★★★★★★★★ (8/10)





茅原実里の通算5枚目のアルバム。(公式では4thアルバム扱いのようですが)

彼女のアニソン歌手としての最大の特徴、それを一言で表せば、
「人間版初音ミク」。もしくは「実写版ボーカロイド」。
今作ではまずオープニングナンバーの「D-FORMATION」を聴いた時点で、
これって初音ミクが歌ってるのでは? と思ってしまうぐらいでした。
この、のっぺりとした機械的な声こそが、ボーカリストとしての個性。
むしろ生身の人間で、このように本物の歌声と作り物っぽい歌声との間を
行ったり来たりするかのような、独特の味を出すことができる歌手というのは
そう滅多にいないのではないかと思えてくる。
この現実と非現実との間を浮遊するような歌声が、アニソンの世界観にも合っている。
そう感じました。この歌い方はむしろ武器になるのではと。

そしてサウンド面においては、今作ではトランス・デジタル系のポップスが中心。
かつてはもっとシンフォニック色の強い曲も歌っていた気がしましたが、
今作ではそういう曲は10曲目の「暁月夜」ぐらいで、
これもどちらかというと電子音の方が目立っているように感じます。
そんな中で、作詞に奥井雅美さん、作曲にI'veの高瀬一矢さんを迎えた
トランスナンバーである3曲目「嘘ツキParADox」は、今作でも一番ハマりました。
ノリの良い曲でありながら、独特の浮遊感と神秘性をも同時に感じる曲で、
どこか無機質なボーカルもこのサウンドには絶妙に合っています。
さらに、宇宙への冒険を歌った歌詞と、おもちゃ箱をひっくり返したような
カラフルサウンドが楽しめる「Planet patrol」も、夢とファンタジーに溢れた曲で
素晴らしいです。まるでディズニーアニメを見てるかのよう。

1~11曲目まで、ほぼアップテンポでポップな曲が続く構成になっていますが、
その中では唯一、石川智晶さん作詞の7曲目「この世界のモノでこの世界の者でない」
だけはシリアスな雰囲気の曲で、このアルバムの中では異色な感じがします。
歌詞はあまりにも深いがために、じっくりと歌詞カードを見て考えさせられる曲ですが
これはこれで茅原さんの歌声とのコラボ効果がうまく出た名曲だと感じました。

前半の曲に比べると、後半の曲は若干弱い曲もあった気がするのが惜しいところ。
ラストナンバーの「Freedom Dreamer」は、歌詞の通りに、
ライブではみんなでジャンプして一緒に盛り上がれそうな曲で
こういう曲を最後を締めたのは良かったと思いました。

これからも、歌手としてどのようなアプローチを見せてくれるか楽しみです。
個人的には、2ndアルバムの頃にあったような、シンフォニックポップともいうべき
幻想的でしっとりとした路線の曲もまた聴いてみたいなと思います。


3 件のコメント:

EMANON さんのコメント...

茅原さんは2004年に声優デビューをし、同年にアルバムを発売して歌手活動を開始しました。
しかし、2005年にシングルを発売した後は本人名義での歌手活動を一時ストップしてしまうんです。
そんな茅原さんに転機が訪れたのが2006年に放送されたアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」に長門有希役で出演した事です。
この作品ではキャラソン展開もされており、茅原さんも長門としてこんな曲を歌っております。
「雪、無音、窓辺にて。」
http://www.youtube.com/watch?v=oCGToGXlstk

なお、この曲は編曲をElements Gardenの上松範康氏が担当しております。
茅原さんの特徴でもある機械的な声は2006年ごろからこの歌い方だったんです。
この曲を現在所属してるレコード会社のプロデューサーが目を付けて翌2007年に歌手として再デビューを果たします。
それに伴い、2004~5年に発売したシングルとアルバムはノーカウントされているんです。
そんな茅原さんが歌手としての知名度を決定づけたのが2008年に発売したこちらの曲です。
「Paradise Lost」
http://www.youtube.com/watch?v=AD0tIvebMxw

この曲自体は作詞:畑亜貴、作曲・編曲をElements Gardenの菊田大介氏が手掛けております。
これがヒットした事で茅原さんは歌手活動を積極的に行うようになり、今や声優アーティストとしては水樹さんに次ぐ存在感を醸し出しております。

えむけー さんのコメント...
このコメントは投稿者によって削除されました。
えむけー さんのコメント...

「雪、無音、窓辺にて。」を聴きましたがこの曲も良かったです。
これもまた歌い出しの部分は初音ミクに聴こえますね。
曲はキャラソンっぽくない感じなのでこのアルバムに入っていても全然違和感無いのではと思いました。
「Paradise Lost」は知ってます。さすが代表曲なだけあって素晴らしい曲だと思います。