ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2013年1月5日土曜日

[私的名曲ランキング]  2012年名曲ランキング(10位~1位)

それでは、お待たせいたしました。ついにその時間がやってまいりました。
2012年版・私的名曲ランキングの10位~1位を発表したいと思います。
(100位~51位はこちら)
(50位~11位はこちら)

2012年のNo.1名曲は、果たしてどの曲が選ばれたのでしょうか!? 発表です!








第10位 天野月「天の樹」 [公式PV]

分島花音さんの演奏によるチェロ中心のサウンドが美しいバラード曲で、
ギター無しでもこんなに深みのある曲が作れるのかと驚かされました。
これはやはり歌声とメロディの強さが最高レベルだからこそ成し得る技だと思った。
以前までは天野月子という名でメジャーにて活躍、
現在はインディーズにて活動を本格再開したようですが、
この新曲1曲を聴いただけで、やはり彼女は別格だと思いました。




第9位 BABYMETAL「ヘドバンギャー!!」 [公式PV]

レビューはこちら。
2013年はメジャーデビューも決定しましたので、この勢いのまま突っ走って欲しいです。




第8位 黒崎真音「鳴り響いた鼓動の中で、僕は静寂を聴く」

レビューはこちら。この迫りくる感じがたまらない。
年間1位候補と言いながらも最終的にはこの順位になってしまいましたが、
これはランキング全体のレベルが去年までと比べて大きく上がったからです。




第7位 Do As Infinity「君の為に今できること」

「悲しい景色が 拡がるこの国を」という歌詞が特に印象的なこの曲は、
やはり震災のことを歌った曲に聴こえました。そんな中で、
僕たちはアーティストとして何ができるのか、それは歌で励ますことだと言わんばかりに、
DoAsのメンバー全員が、傷ついた人たち全員に優しく歌いかけている、
そんなこの曲はまるで、暗闇の中に灯る一筋の光のよう。
これぞ、歌の力というものを感じられる、感動の名曲が誕生いたしました。




第6位 AIR SWELL「バッドボーイズ セレナーデ」 [公式PV]

これぞ本物のロックに出会った。
境遇の違いとかもはや関係無いと思うぐらいに、心をこじ開けられるような曲に出会った。
楽曲やボーカルの歌唱に魂がこもっていて素晴らしいのはもちろんですが、
この曲がここまでも心に響く理由は、メロディ・旋律が最高だから。
彼らも2012年に私の中で強烈なインパクトを残したアーティストでした。








第5位 May'n「Giant Step -May'n ver.-」

イントロからして最高。まさにヒーローがこの地に降臨したかのよう。
そしてサビの高揚感がたまらない。この興奮はもはや止められない。
未だにふとしたきっかけでこの曲が脳内をリピートする時があります。
元SURFACEの椎名慶治さんと組んだAstronautsとしてのバージョンよりも
こちらのMay'nソロバージョンを先に聴いたこともあってか、
私の中ではGiant Stepといったらすっかりこちらの曲になってしまいました。
アルバム「HEAT」でしか聴けないのがもったいないぐらいに感じます。





第4位 BABYMETAL「ウ・キ・ウ・キ☆ミッドナイト」 [公式PV]

レビューはこちら。
ちなみにこの曲をPVを見た時は、本気でこれを年間1位にしようかと思いました。
あまりにも前衛的で衝撃的。曲との相乗効果がすごいです。





第3位 Do As Infinity「東京亜熱帯」

アルバム「Do As Infinity X」より。
地球温暖化による環境破壊が進み、ついには人が住めなくなってしまった
未来の東京の姿を、アッパーチューンにのせて鋭くカッコ良く歌いあげた曲。
この曲のような未来になってはいけないのだとばかりに、
地球を守ることの大事さを、歌の力により世に訴えかけている。
まさに芸術的でありながらも、ポップで聴きやすくてそれでいてカッコいい。
これこそがDoAsの凄さであり日本一のJ-POPアーティストであると思う根拠です。





第2位 飛蘭「Dead END」 [公式PV]

レビューはこちら。
ちなみにこの曲は2012年のItunes再生回数第1位でした。(計25回)
これに車のカーステレオで聴いた回数を足すとその3倍ぐらいは聴いている。
この曲は間違いなく去年最もたくさん聴いた曲です。
それぐらい2012年(特に前半)は飛蘭の曲にハマりまくった年でございました。








第1位 Gacharic Spin「ヌーディリズム」 [公式PV]

レビューはこちら。
この曲を初めて聴いた時の衝撃といったらそりゃもう半端なかった。
2007年から年間私的名曲ランキングを作り始めて、今年で6年目になりますが、
この曲は、歴代の年間1位曲でランキング付けをしたとしても間違いなく1位。
まさに数年に1度レベルの、私的大傑作が誕生いたしました。







以上、年間私的名曲ランキングでございました。
2012年は「Japanese Dream」という音楽投票サイトに参加させて頂いたこともあり
下半期を中心にこのサイトをきっかけに知った曲がたくさんランクインし、その結果、
歴代でも最もレベルの高い年間ランキングを作ることができたと思いました。
しかし、ベスト100にランクインしたアーティストの顔ぶれを見てみれば、
アニソン系とハードロック系の2本柱で約8割を占めるランキングとなってしまい、
さらに一番たくさんランクインしたアーティストはDo As Infinityの計6曲と、
(なのに1曲もシングルとしてリリースされなかったのが惜し過ぎる)
これでは2011年と比べてあまり変わってないじゃないかとツッコまれそうですが(汗)
2013年は、2012年よりもさらに幅広い系統の曲がたくさんランクインすると
もっと面白いランキングになると思いますので、今年もまた、
まだ見ぬたくさんの名曲に出会えることを期待したいと思います。
最後まで付き合って頂いて、ありがとうございました。


0 件のコメント: