ブログトップ

ガールズロックの名曲紹介が中心の歌姫系ブログ。バンドを推しつつも時々アイドル、アニソンと幅広くほぼ毎日更新しています。2018年1月リニューアルオープン。相互リンクも大募集中。コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2018年4月1日日曜日

[ライブレポ]  JUICY GIRLS vol.8(Gacharic Spin、寺田恵子(SHOW-YA))


(前記事はこちら)

・寺田恵子(SHOW-YA)

今回スペシャルゲストとして出演が実現した、言わずと知れた大御所ガールズバンド、
SHOW-YAのボーカリスト。まずはアコースティックギターを持って1人で登場。
「人数では負けてるが年齢では勝ってます」いきなりの姐さん節に会場からは笑いが。
そしてアコギ弾き語り形式で洋楽カバー曲を計2曲披露。
その歌声を聴いた瞬間に格の違いを感じた。貫禄の歌声で素晴らしいとしか言えない。
アコースティックライブで会場がこんなにも盛り上がるというのにも驚いた。
曲名の方は世代じゃないから分からなかったが、後で調べてみるとLed Zeppelinの曲だったそう。
1曲目と2曲目の間に「♪ねぇムーミンこっち向いて」などと歌ってたのは
姐さんならではのご愛嬌ということか。この2曲でライブ終了かと思いきや
すぐさま再登場して、ユニットを組みましたと宣言。
そしてステージに次々と登場してきたのが、Gacharic Spinの楽器隊4人!
新ユニット名はテラダリックスピン、略してテラピン(?)、
この日ならではのスペシャルなバンド編成にて、SHOW-YAの楽曲を
計3曲披露してくれました。「私は嵐」「FAIRY」といったヒット曲が。
Gacharic Spinの皆さんは当然ながら普段はやっていない曲をよくぞここまで
迫力抜群に演奏できるなぁと・・・聴くからに難易度の高そうな曲ばかりなのに。
オレオ様が普通の衣装でキーボードを真剣に弾いているところも良かったし、
そしてやっぱり楽曲が素晴らしい。重低音と共に思いっきりノレる。
さすが日本におけるハードロック・メタル系の曲を歌うガールズバンドの元祖的存在、
こんな曲を歌うバンドがヒットしていた時代があったなんて・・・うらやましい!!
今じゃ考えられない。またこんなバンドが日の目を見る時代が
来てくれないものだろうかと、あらためて思ってしまった。
寺田姐さんもGacharic Spinの演奏によるバンドのボーカルを体験して
20代の頃を思い出すと熱く語ってたのが印象的でした。なんならテラダリックスピンも
定期化していいのではと思えてくる。また見たいと思いましたから!



・Gacharic Spin

[セットリスト]
・KAKUHEN
・赤裸ライアー
・ドレミファンタジック(新曲)
・ズバリ発情期!(新曲)
・JUICY BEATS
・Redline(新曲)
・シャキシャキして!!
・ダンガンビート

トリを飾るのはもちろん主催バンド。今回も1曲目「KAKUHEN」から
ダンサーのまいちゃんとハンバーガーのオレオ様がステージ中央で歌いながら
ダンスしたり大きな旗を振ったりとさすがのライブパフォーマンスを見せてくれた。
2曲目「赤裸ライアー」は何度聴いても編曲が天才的、ベースの演奏も最高、
サザンの桑田佳祐さんが年間ベスト曲の上位に挙げていたこともある曲だし
もっと音楽好きの人達に評価されてもいい曲なはずなのにと思わずにはいられない。
そしてこの日は4月11日にリリースされるニューアルバム「G-iltter」から
新曲を計3曲披露。「ドレミファンタジック」はTOMO-ZOさんがボーカルをとる曲で
ダンサーのまいちゃんもギターを演奏。「ズバリ発情期!」はオレオ様大活躍のコミカルな曲。
そして「Redline」はアルバムリード曲なだけあってイントロからカッコ良過ぎ。
サビでドラムを叩きながら歌うはな兄さんのエフェクトのかかったボーカルを聴くと、
あらためて魔法少女になり隊と早く対バンして欲しいと思ってしまった。
最も対バンでお互いに新規ファン獲得が見込めるバンドだと思うんですけどね。

MCでは今回もベース&リーダーのKOGAさんの熱いトークが全開。
このJUICY GIRLSという出演者が全員女子のイベントをやろうと思ったのは
NAONのYAON(SHOW-YA主催のガールズロックフェス)みたいなイベントを
自分たちもやりたいと思ったのがきっかけとのこと。それだけに本家である
SHOW-YAの寺田姐さんに出てもらったのがすごく嬉しいと語ってました。
このイベントを初めて開催したのは、2010年のインディーズ1stシングルを出した直後。
まだ結成間もない時点からこんなイベントを企画して実行してしまうとは
さすが他のバンドが3年かけてやることを1年でやるバンドだ・・・
さらに今回のライブツアーはニューアルバムが出ることをお知らせするツアーで
アルバムが出てからでは遅いと思った、CDを出したりライブツアーを
やったりすることは簡単なことじゃない、それでも多くの人達に
音楽を届けたいなどといった、必死な思いが伝わってくるトークが展開。
こういうのを聞くと心を動かされるしあらためて応援したくなる。
音楽的にも人間的にも素晴らしいからこそCDも買うしライブにも行き続けてるんですよ。

アンコールでは本日のイベント出演者の皆さんも次々とステージに登場。
寺田恵子、yucat、キラ☆アン(HöLDERLINS)、まなみのりさの皆さんが加わっての
計11人編成のスペシャルコラボで、SHOW-YAの「限界LOVERS」を披露。
テラダリックスピンで限界LOVERSをやらなかった時点でアンコールで
来るだろうとは思ってました。それを差し置いてもやっぱり名曲。
これぞガールズ系イベントならではの、ライブでしか体験できない醍醐味。

計8回目にして今回初めて「JUICY GIRLS」に行けて本当に良かったです。
毎度のことながらGacharic Spinが主催する対バンやライブイベントは
なぜこんなにも好きなバンドやグループばかりが集まるんだろう。
これからも定期的に開催してガールズシーンを盛り上げて欲しいし、
さらにはガチャフェスこと「Electric Lady Loud」も復活して欲しいと思ってる。
当ブログが今年からガールズロック系ブログへとリニューアルした理由の1つは、
Gacharic SpinがElectric Lady Loudのようなフェスをやれない状況ならば、
代わりに自分がそれをブログという形でやってやるぞ!と思ったから。
なのでJUICY GIRLS vol.9の開催も今から楽しみにしてます。おそらく開催地が東京でも
行きたいと思うでしょうね。そういうメンバーを集めてくれると信じてますよ。



0 件のコメント: