ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2012年11月10日土曜日

[CDレビュー]  川田まみ「SQUARE THE CIRCLE」


川田まみ「 SQUARE THE CIRCLE 〈通常盤〉」
(2012/8/8) 

1. SQUARE THE CIRCLE
2. No buts!
3. my buddy
4. Don't stop me now!
5. Clap!Clap!Clap!
6. Usual… (インスト)
7. See visonS
8. live a lie
9. Midnight trip // memories of childhood 
10. らせん階段
11. F
12. Going back to square one 
13. Serment 
お気に入り度:★★★★★★★★★ (9/10)





川田まみの4thアルバム。トランスを軸としながらも、
以前の頃と比べると音楽性の幅が広がったのが感じ取れる作品となっています。

まず1曲目のアルバムタイトル曲「SQUARE THE CIRCLE」は、
これぞI'veサウンドらしいデジタルサウンドに加えて、
これから新たな地へと向かって突き進むかのような
力強さとスケール感が伝わってくる歌詞が良い。
さすが安定のクオリティといえる曲に仕上がっています。
(どうでもいいですが、この曲のサビの「my equation」という歌詞が「マイク炎上」と聞こえるのは私だけでしょうか?)

しかしその後の曲は、まずシングル曲である「No buts!」「Serment」
では以前よりもシンセの音が強く鳴り響いているのが印象的。
さらに中盤の曲は、曲タイトルからすれば意外なほどに重厚なギターの音が
終始鳴り響く「Clap!Clap!Clap!」のような曲があったり、
ディープな雰囲気のインスト曲「Usual…」があったり、
さらに「live a lie」では音の作りがK-POPっぽかったりと
いったように、シングル曲以上に冒険していることが分かります。

その分、今作でいう「my buddy」や「らせん階段」のような
一度聴いただけで耳に残るぐらいにキャッチーでポップな曲は
減ってしまった印象でしたが、聴きこむほどに良さが伝わってくる作品でした。
ロック色の強いサウンドと、揺れ動く心をテーブルゲームに例えた歌詞が
共にカッコいい「Going back to square one」が私的ベストトラックです。

今作もI'veサウンドの魅力は健在で、さらに歌詞の質もこの系統の音楽にしては
頭一つ抜けるぐらいに良かったですが、素晴らしい出来だった序盤3曲と
ラスト2曲に比べると、中盤がやや弱い気がしたのが惜しかったです。
最新シングルの「Borderland」が収録されなかったのは
曲の印象が「No buts!」「Serment」とかぶるからなのでしょうか?


0 件のコメント: