ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2012年4月8日日曜日

[CDレビュー]  影山ヒロノブ「ROCK JAPAN」


影山ヒロノブ「 ROCK JAPAN」
 (2012/2/8) 

1. Ray of Hope ~Anthem of KAGE☆STARS~
2. ROCK JAPAN
3. Another heaven ~愛の名のもとに~
4. Rock steady
5. Birthday eve
6. Everlasting Love
7. フガイナイゼ! ~Stardust Punks~
8. C.C.R(Crazy Cyber Riders)
9. Karma
10. フユソラ ~君の未来 君の幸せ~
11. CROSS WORLD ~俺達のフロンティアスピリット~
12. 明日天気になれ! ~僕は晴れ男~
お気に入り度:★★★★★★★★★☆ (9.5/10)





影山ヒロノブの約4年半ぶりのソロアルバム。序盤の1~3曲目の時点から
ハードにガンガン飛ばしてまくっている、タイトル通りのロックアルバムです。
3曲目の「Another heaven ~愛の名のもとに~」や、
8曲目の「C.C.R(Crazy Cyber Riders)」などといった
ハードロック・メタル系の曲は、まさに破壊力抜群。その一方で、
サビの「Beatin out!」というフレーズがとりわけキャッチーな「Rock steady」、
まるで鳥のように大空を飛び立つかのような開放感に溢れる「Everlasting Love」
などのような、比較的ポップ寄りの曲についても素晴らしい出来。
そしてそれらどの曲も、キーボードの使い方がうまく、曲により一層の彩りを加えている。
これはこの作品の大きな特徴といっていいでしょう。


ただ歌詞については、ロック色の強い曲ほど、どこかで聞いたことあるフレーズばかりになる、
というかJAM projectの曲で聞いたことあるフレーズばかり(「立ち上がれ」「突き破れ」など)
になってしまっている傾向がありますが、これは何十年もその系統の曲を作り続けていれば
やっぱりフレーズが出尽くしてしまうのも無理はないですし、これも個性かなと。
しかしミディアムテンポの曲には、JAMの曲には無いようなパーソナルな一面があったり、
ラブソングがあったりというように、歌詞の面においてもアルバム全体ではそれなりに多彩です。

その中でもラストの「明日天気になれ! ~僕は晴れ男~」の歌詞はメッセージ性が強い。
「非国民と蔑まれたっていい」 「争わないで 愛し合おうぜ」
などといったこの曲の歌詞には、大きな意味での、愛の大事さを感じることができる。
これは、ソロ歌手としてもJAM projectとしても、世界中でライブを行い、
そして世界中に多くのファンを持つ彼が、こういう曲を作り歌い上げているということが、
曲により一層の説得力を感じさせてくれる。

これからも、この広い世界を又にかけての活躍を続けて欲しいです。



今回のこのアルバム収録曲の中で唯一PVが作られた曲でもある、 「CROSS WORLD ~俺達のフロンティアスピリット~」はまさに終盤のクライマックス。 実は最初にこの曲を聴いた時は、JAMの名曲の数々と比べると微妙かもと思ったのだが・・・ このアルバムの流れの中で聴くと、抜群に良い曲だということに気づきました。

0 件のコメント: