ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2012年4月22日日曜日

[CDレビュー]  川上ジュリア「卒業 -Glorious day-」


川上ジュリア「 卒業 -Glorious day-」
(2012/3/7) 

1. キミといた証 -Album Mix-
2. Glorious day
3. 桜涙
4. Girls, be ambitious!
5. キミが聴こえる
6. ずっとここから
7. RUN & RUN -Tokyo Minx-
8. アスタリスク
9. サクラ舞う -合唱Version-
10. Fuzzy Glider 
11. さよなら -in the rain-
12. Ta-Ta
お気に入り度:★★★★★★★☆ (7.5/10)





JURIAN BEAT CRISIS改め、川上ジュリアの2ndアルバム。
「ガールズ・スクール・ロック」と銘打った前作から、
今作はタイトル通りに、「卒業」をテーマにしたアルバム作品となっています。


全曲の作詞と編曲を元LINDBERGのメンバーが担当した前作と比べると、
今作は編曲面では前作より多彩になったものの、肝心の曲の出来にはばらつきがあった印象でした。
歌詞については大多数の曲が本人作詞(共作名義も含む)となりましたが、
現状では誰でも作れるレベルの歌詞かなと・・・ これからの成長に期待したいです。

そんな中で前作よりも良かった点は、バラード系に良い曲が多かったということ。
昨年の熱闘甲子園テーマソング「ずっとここから」が名曲なのは言うまでもないとして、
先行シングル曲「桜涙」も、ベタなんだけどそれでもこの綺麗なメロディと歌声は耳に残る。
そして何より一番驚いた曲は、11曲目の「さよなら -in the rain-」。
まず歌い出しの低音の歌唱にドキッとさせられる。これはまるで大人への階段を1歩登ったかのよう。
そんなAメロ部分から高音のサビへと続いていく、この曲の流れがこれまた良い。
新境地開拓の名バラード曲といえるでしょう。


この作品をもって高校卒業、今後は果たしてどんな路線でいくのでしょうか?
まだまだ歌手としての伸びしろはあると思うので、これからの作品も楽しみです。




0 件のコメント: