ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2012年4月25日水曜日

[CDレビュー]  JAM Project「Get over the Border ~JAM Project BEST COLLECTION VI~ 」


JAM project「 Get over the Border!~JAM Project BEST COLLECTION VI~」
(2008/8/6) 

1. Get over the Border 
2. No Border 
3. Rocks 
4. Legend of the Heroes 
5. 翼 
6. SHURAKI
7. Milky Way 
8. BEAUTIFUL PEOPLE 
9. NEW GENERATION! ~KOBE to the WORLD~ 
10. Portal
11. ハリケーンLOVE 
12. HERO 
13. Sempre Sonhando ~夢追人~
お気に入り度:★★★★★★★★★★ (10/10)





JAM Projectの通算6枚目のベストアルバム。
このアルバムをリリースした年に、初の世界ツアーを敢行。
名実ともに世界へと羽ばたいていったアルバム作品、それが「Get over the Border」です。

この音楽というものを通じて、世界中に立ちはだかる、人種、宗教、格差などといった
ありとあらゆる壁を、いつか越えてるみせるんだという、彼らの熱い信念を
1曲目のタイトル曲「Get over the Border」から強く感じさせてくれる。
歌唱や曲全体にエコーがかかったようなAメロから、サビで一気に目の前が開け、
そして洋楽ハードロック風のメロディにのせて、歌詞に込められたそれらのメッセージが
5人の歌唱とともに一気に押し寄せてくる、すさまじい曲です。

この1曲目だけでもスゴいのに、それに続く2曲目の「No Border」は、
1曲目以上に激しく、世界平和と戦争反対を訴えかける曲で、
重厚なコーラス、迫りくるストリングスの音、さらには細かく刻まれるシンセの音などが
切羽詰まったこの世界を表していて、その中から聞こえる「No more War!」という叫び、
これには本当に、この世の全ての人たちの胸に強く訴えかけるものがある。
今までにも多くのミュージシャンたちが、音楽に国境は無いと言い、
さらには世界平和を訴える曲なども多くのミュージシャンたちが作ってきましたが、
これほどまでに、圧倒的な編曲と、圧倒的なパワーやメッセージ性を持ち合わせた曲というのは
この「Get over the Border」「No Border」の2曲以外にあるのだろうか・・・
そう思えてくるぐらいの曲です。

この1、2曲目だけでもスゴいのに、その後に続くアニソン系の曲もスゴいという・・・
特に3曲目の「Rocks」は、もう言葉にならないぐらいに素晴らしい。
5人のボーカルのリレー、メロディ、そしてドラマチックな編曲、間奏、曲の展開美、
まさに全てが伝説級の曲といっていいでしょう。

そして中盤以降の曲も、ハードなラブソング「ハリケーンLOVE」があったり、
大団円アコースティックナンバー「BEAUTIFUL PEOPLE」があったりといったように、
今までのアルバム以上に多彩かつ充実した内容。その中でも特に圧倒されたのは、
9曲目の「NEW GENERATION! ~KOBE to the WORLD~」。
この曲は、プロレス団体・ドラゴンゲートのテーマソング第2弾として作られた曲で、
前作「DRAGON STORM 2007」以上に進化した、前作以上に熱い、
もはやあまりにも熱すぎるハードロックナンバー。
前からこのブログにて、こういうスポーツ選手の入場テーマ曲になるような曲は
大好きだと宣言していましたが、これはまさにその通りの曲で、超絶にカッコいい曲です。

そして極め付けは、ラスト2曲のバラード曲の素晴らしさ。
12曲目の「HERO」は、子供の頃ヒーローやヒロインの姿に憧れた頃の思い出を歌った曲で、
ピュアな気持ちを思い出させてくれるこの曲は、むしろ大人になってから聴いてこそ胸にくるものがある。
そして13曲目「Sempre Sonhando ~夢追人~」は、ラストナンバーでありながら、
これで終わりではないんだ、僕らの物語は始まったばかりさと、優しくも力強く歌いかけてくれる曲で、まさにこのアルバムを締めるには最高の曲といっていいでしょう。


今作は、アニメタイアップの無いオリジナルソングが多いという特徴もあり、
アニソンという枠から外れた活動をすることについては賛否両論があったようですが、
その分、歌詞や曲のテーマの幅広さについては、歴代作品の中でも一番広い作品となってます。
なので、これから初めてJAM Projectのアルバムを聴いてみようかなという人には、
むしろ個人的にはこの作品を一番お勧めしたいです。
1~3曲目だけで、お気に入り度200点ぐらいつけたかったですし、
この最初の3曲だけでも、人類全ての人たちに聴いて欲しいとすら思える曲ですから・・・


0 件のコメント: