ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2016年11月5日土曜日

[CDレビュー]  Mardelas「Mardelas Ⅱ」


Mardelas「 Mardelas II」
(2016/6/15)

1. 神風
2. 千羽鶴 -Thousand Cranes- [album version]
3. Loner
4. 蛇に牡丹 -snake & peony-
5. Cheers!!
6. Crossroads
7. HA☆NA☆BI
8. Moonlight Mirage
9. 4 Dice [album version]
10. a little star
11. D.G.L.
お気に入り度:★★★★★★★★ (8/10)




Mardelasの2ndアルバム。圧倒的歌唱力を持つ女性ボーカリスト、
蛇石マリナさん率いる4人組ハードロックバンドの作品。

今作を聴いてまず感じたのは、前半を中心に和テイストの加わった曲が増えたということ。
3曲目「Loner」ではお琴の音色を組み込んだ豪勢なサウンドに
イントロの時点から一気にもっていかれる。サビメロの開放感も文句無し。
4曲目「蛇に牡丹」ではドスの効いたロックバラードを披露、
これは和風というより、もはや任侠の世界に片足突っ込んでる曲に聴こえる。
牡丹の入れ墨を彫った極道の妻が歌ってるかのようなド迫力。「♪あんたが好きや…」って、
マリナさん関西出身じゃなかったよな? 調べてみたら鳥取出身でした。砂の国から来てたとは。

その一方で7曲目「HA☆NA☆BI」ではハッピーでポップ感のある曲も聴かせてくれる。
こちらも編曲が華やかで聴いていて気持ちいい。イントロが良い曲が多いというのは
高い演奏技術とエモーショナルな作曲センスがある証拠だと言えるのでは。
しかしアルバム後半の曲は、イントロの期待感に比べるとサビが微妙に感じた曲が多かったのが惜しい所。
あと5曲目の「Cheers!!」を聴いて思ったのは、ガールズメタル系のバンドやV系バンドは
アルバムにジャズテイストの曲を1曲入れなければならない風潮があるのかということ。
本当にこのパターン多いよなぁ・・個人的には入れなくてもいいと思ってしまう。

9月に開催されたElectric Lady Loudのレポに書いた通り(記事はこちら)
ライブだと更なる迫力を感じられるバンド。Real Soundのインタビューでは
ジャンルを超えてメタルに関心のない子たちの耳にも届けたいと語っており(参照)
今作でもそれに応じた内容のアルバムを作っているだけに、どうかこういう音楽に
興味を持つ人が増えて欲しい。ジャパメタの進化形バンドになってくれることを期待したいです。







0 件のコメント: