ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・アニソン・アイドルからロック・メタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも基本的に大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2016年11月19日土曜日

[私的名曲ランキング]  2016年10月度 マイベスト10

恒例企画、サブコンにより選ばれた月間私的名曲ベスト10を紹介いたします。
この月は男性ボーカルのバンドやユニットの曲に、骨のある曲が多くて素晴らしいと感じました。
一応歌姫系ブログの管理人の者であるにもかかわらず、全10曲中7曲が、
さらには1位~3位までは全て当ブログ初登場の男性ボーカルバンドが
マイベスト10を占めたというのは異例の事態では? ということで早速いってみましょう。





第10位 筋肉少女帯「人から箱男」 [公式PV]

カラオケDAMとのコラボシングル。日頃は声をあげることなんて滅多にできないが、
ここならば思いっきり大きな声が出せる、そして思いの丈を放つことができる。
だから歌うことって素晴らしいことだ。そんな気持ちでよくカラオケに行っていたあの頃を思い出す曲でした。





第9位 ROTTENGRAFFTY「So...Start」 [公式PV]

前メジャー復帰アルバムのリード曲にて起きた事件にはガッカリしたのでもう聴くことはないかもと思ってたが・・・
やっぱり良いですな!ミクスチャー系のバンドでここまで歌メロが良くて、
なおかつ歌詞や歌唱がストレートに響いてくるバンドは貴重な存在だ。





第8位 ACIDMAN「最後の星」 [公式PV]

生命力を感じさせるパワーバラード。
サビのメロディと歌唱が抜群に伸びやかな曲には一発で惹かれてしまう。





第7位 イヤホンズ「予め失われた僕らのバラッド」 [公式PV]

今年のアニサマで見た時から声優アイドルユニットとして注目していたが(レポはこちら)
ロックオペラと称した今作では、スケール感溢れるドラマチックな編曲に合わせたかのごとく
歌唱力も一気に上がり、アニソン系アーティストとして覚醒したと感じられた。





第6位 MOROHA「四文銭」 [公式PV]

前作の「上京タワー」には衝撃を受けたが、この曲もまた、
アコギ弾き語りラップユニットとして唯一無二の存在感を放つ曲だった。
6分地点以降の熱い語りには思わず感動。
先月に奈良ネバーランドで行われたガガガSPとの対バンは行きたかったんですけどね・・・
と思いきや来年1月には京都で竹原ピストルと対バンとは! 今度こそ行こうかな?





第5位 Octaviagrace「white graffiti」 [公式PV]

華麗かつメロディアス、こういう女性ボーカルバンドには一発で惹きつけられる。
キュートな美声も良い。案の定ハードロック系のシーンで活躍しているバンドだったようで。
他の曲を試聴してみたら案の定メタル色が強い曲もあるようで(参照)
なので今後どこかでライブを観る機会もありそうですね。楽しみにしたいです。





第4位 BiSH「オーケストラ」 [公式PV]

遠く離れてしまった大切な人への思いが伝わってくる曲で、これには聴いていて思わず目頭が熱くなるものがあった。
楽器を持たないパンクバンドが、ミドルチューンでもこれほどまでの名曲を届けてくれるとは予想してなかった。





第3位 ソンソン弁当箱「パッション」 [公式PV]

イントロを聴いた段階ではありがちなギターロックかと思いきや・・・
ボーカルにぶっ飛んだ迫力があるだけでこんなにも曲の印象は変わるものかと驚かされた。
思わぬ中毒性がある。調べてみたら仙台出身バンドでしたか、やっぱり東北のバンドは面白いバンドが多い。





第2位 カメレオン7「チャンス」 [公式PV]

この応援団チックな感じが大きくハマった。高校野球のブラバンでこの曲をやるチームが現れないだろうかと思えてくる。
ボーカルの豪快な歌いっぷり、ぶっとい声質は聴いていて最高に気持ちいいし、
太鼓の三三七拍子が入るところも盛り上がる。さらには間奏のベースも良い。
歌詞があともう一押し、何かキラリと光るフレーズがあれば1位だったですよ。





第1位 キャラメルパンチ「オトコメイション!!」 [公式PV]

真打ち登場、これぞ今月の男性ボーカル躍進を象徴する曲。PVの横断幕にある通り、
心技体を鍛え上げた武道家が歌っているかのような熱き魂のこもった歌謡ロック。
小手先の演奏技術や編曲どうこうよりも、内面から伝わってくるものが近年のそんじょそこらのバンドとは違う。
素晴らしい!!自分もランニングや筋トレなどで心技体を鍛えながらこの曲を聴きたい。
たとえ時代の流行に合ってなかったとしても、こういうバンドにはどうか躍進して欲しい!





(今月の次点)
・パンクロッカー労働組合「Make a song」 [公式PV]

今月はまだ他にも骨のあるバンドはいた。
とことん荒削りでも魂のこもった曲を歌ってこそロックバンドなんだ!PVもカッコ良すぎ。


・プルモライト「8回目のマニフェスト」 [公式PV]

かつてのFLiPを彷彿させるかのようなボーカルに、ダンサブルなリズムが加わったサウンドとの
組み合わせが面白い。また1組楽しみな女性ボーカルバンドが現れた。


・PiiiiiiiN「容赦なく逃げてった未来」 [公式PV]

前作「Shiny Days」は曲の方は良かったのにPVが・・と思ってたのはさておき
この曲もまたピアノを生かした哀愁ミドルチューンで味わい深い。
若干先ほど紹介したBiSH「オーケストラ」と印象がかぶるが・・それもそのはず、どちらも松隈ケンタさん作曲だから。


・ベボガ!(虹のコンキスタドール黄組)「かちとばせ!栄光のレインボー」 [公式PV]

チアガールが歌う曲みたいでハマった。高校野球のブラバンでこの曲をやるチームが現れないだろうかと思えてくる。
さっそく一発逆転ホームランを狙ってくるからな! 俺は明日も野球の試合だ!



(今月のもう一曲)
・Aldious「fragile」 [公式PV]

サブコンのエントリーリストには上がってない曲を1曲。
トリプルA面シングルの3曲目に収録されたバラード曲で、
おそらくこっちの方がエントリーされるだろうと勝手に予想していたのだが・・・
イントロのギターリフの時点から惹かれる。全編通して文句無しの美メロ。
今年に入ってサマソニにラウパにVJSにと大型フェス出演連発の快進撃を見せたのにはビックリ。
元々フェスに呼ばれまくって当然なほどの魅力を持ったバンドでしたからね。やっと時代が追いついた?



0 件のコメント: