ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・アニソン・アイドルからロック・メタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも基本的に大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2016年11月25日金曜日

[CDレビュー]  BiSH「KiLLER BiSH」


BiSH「 KiLLER BiSH」
(2016/10/5)

1. DEADMAN
2. ファーストキッチンライフ
3. オーケストラ
4. Stairway to me
5. IDOL is SHiT
6. 本当本気
7. KNAVE
8. Am I FRENZY??
9. My distinction
10. summertime
11. Hey gate
12. Throw away
13. 生きててよかったというのなら
お気に入り度:★★★★★★★★☆ (8.5/10)




BiSHの通算3枚目(メジャー1st)となるオリジナルアルバム。
メジャー進出後は「楽器を持たないパンクバンド」というキャッチコピーで
活動実績を積んできただけあって、今作はこれまでのBiSHや、
はたまたBiSのアルバムと比べてもガールズパンク色の強いアルバムとなりました。

まず1、2曲目の「DEADMAN」「ファーストキッチンライフ」からテンション最高潮、
1~2分台であっという間に終わるのがもったいないぐらいの全力疾走っぷり。
いやむしろ1~2分台だからこそあそこまで飛ばせるのか?
アルバム後半では、全英語詞でアメリカンテイストを感じる「summertime」、
スカ要素の入った「Hey gate」などといった曲が
いかにも近年のパンク・メロコア系バンドが歌いそうな楽曲だと感じられる。
作詞はメンバーの皆さんがそれぞれ自作した楽曲が多く、
どの曲もアイドルが作ったとは思えないぐらいにロック系の歌詞としての質が高い。
その中でも最もハマったのは6曲目の「本当本気」。
「♪みんなが僕をバカにすんだ ナメんなーー!」という曲序盤からしてエモーショナルで最高、
自分のようなとことん非力で、(一部の)周りの人からナメられてきた者にとっては
共感せずにはいられない。感動すら覚えるほど。
なめられてたまるかみたいなこと歌うバンドって近年はあまりいないなと思ってただけに、
最近の某なめ猫バンドとかよりもよっぽど魂がこもってると感じましたよ!

その一方でこれまでの作品と比べるとアルバム後半は一本調子な印象もある。
何より前作でいう、アイリッシュパンクメタルナンバーの「OTNK」のような
あっと驚かされるほどに型破りな曲は今作には無かったかなぁ。
4曲目の「IDOL is SHiT」はナイトメアのRUKAさん作曲、エモ系サウンドに
英語に聴こえる日本語詞が組み合わさった、いわば型破りな曲だが
これと全く同系統の曲であるBiS「IDOL」を初めて聴いた時の衝撃と比べると・・
「IDOL」を知らずに聴いたなら十分衝撃的だったのだろうが。
むしろ3曲目の「オーケストラ」が今作の中では異色とも言える曲。
弦楽器をうまく取り入れた哀愁ミドルポップチューンにのせて
遠く離れてしまった大切な人のことを思う曲で、これが意外なほどに良かった。
こういう曲も歌えるという多彩さがあるのは魅力的なので今後もやって欲しい。

このグループにはかつてのBiS同様に、今までのアイドル系グループには無いような
面白い音楽をやってくれることを常に期待していたのだが、
今後はそれに関しては復活したBiSの方がやってくれるものとして、
BiSHの方はパンク路線を中心に突き進むというのも有りかなと。これからも期待したいです。







0 件のコメント: