ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2016年1月1日金曜日

[日記]  第66回(2015年)紅白歌合戦の感想

やはり大晦日は紅白歌合戦を見ることになりました。
今回はツイッターの方で注目の歌手の実況をしながら見ることに。
ということでブログにもその時の感想を載せていきたいと思います。


まず紅組トップバッターの大原櫻子さんの「瞳」は亀田誠治さん作曲なだけあって
DoAsぽいなと思った。サッカー中継のテーマ曲というのは野球中継の曲と比べると
好きな曲が少ないイメージなのだが、この曲は良かったと思う。

伍代夏子さんのステージでは豪華なバックダンサー達も登場しましたが、
とにかく明るい安村がNHK紅白に出られて、DJ OZMAと氣志團が未だNHKに出られないのは
なんでですかね?どちらも穿いてるというのに。

アニメ紅白はなぁ・・アニソン系アーティストに頑張って欲しいと思ってる者としては、
せめて「残酷な天使のテーゼ」ぐらいは高橋洋子さんご本人も出して欲しかった。
その点キング・クリームソーダは良かったですよ。
motsuさんが2年連続紅白出場とか、m.o.v.e時代には考えられなかったなぁ。
初期のトランス・ユーロビート路線からシンフォニックロック方面へと路線変更、
その両方で傑作を生み出したm.o.v.eはあらためて偉大なアーティストだった。
今こそ再結成・・というのはさすがに厳しいのだろうか。

演歌は紅白ぐらいでしか聴く機会が無いのですが、藤あや子さんや氷川きよしさんの曲には
迫力を感じましたね。演歌歌手はみんな歌唱力があるのが良い。
その中でも今回の紅白で密かに注目していたのは「大和路の恋」を歌う水森かおりさん。
ご当地ソングは数あれど、奈良が舞台の曲が紅白で歌われたのはこれが初めてでは?
と思いきや「紅白歌合戦のお話。」によると計4回目らしい。年末は忙しくて読み切れなかったんですよ申し訳ない…
曲もさることながらCGアニメを使った豪華なステージも素晴らしかったですね。
4日前に行ってきたばかりの平城京が映ってる!なんて思ったりしながら見てましたが、
ただ曲が始まる前「あの生き物と共演」というような紹介があったため
そこはてっきり、せんとくんが登場するのかと思ってしまったではないか。
この日は全国高校サッカーの香芝高校の応援のために埼玉まで来てただけに(参照)
試合後そのまま東京のNHKに向かうのではと予想してたのだが・・・

椎名林檎さんのステージでは、ツイッターのTLに向井秀徳さんという名前が溢れてたが、
一体誰なんですか?(汗) 私と同じく知らないと言ってた人も何人かはいましたが。
調べてみたら元NUNBER GIRLで現ZAZEN BOYS・・どちらも名前だけは聞いたことあるけど。
ブログで音楽ネタを数多く扱ってる者としては知っておかなければいけなかったのだろうか。
こんなんだから人気音楽ブロガーの大多数の人達からは相手にしてもらえないのかなぁ。

Superflyは素晴らしいの一言。選曲が「Beautiful」だったのも良かったですね。
やっぱり圧倒的に歌の上手い女性歌手というのは大好き。
そしてゴールデンボンバーは期待通り最高に面白かった。
もういっそのこと20年連続で「女々しくて」で出てくれても構わないですよ。
芥川賞作家の又吉さんと相撲をとるなんて誰も予想つかなかったし!
2016年は何をやってくれるのか早くも楽しみですね。(既に出られるのが前提)

PerfumeはCGを駆使したステージが楽曲にも合っていて素晴らしかった。
復活出場の小林幸子さんの歌唱力にも感動。「千本桜」は個人的には和楽器バンドの
イメージが強かったが、それをも超えたんじゃないかと思ったぐらい。
さらにX JAPANが紅白の舞台に帰ってきたのにも感動的だったし、
その後にはMISIAさんも長崎からの中継で、ガンダムタイアップ曲ってだけで名曲確定な
「オルフェンズの涙」を歌い上げたのも良かったし、この計4組を立て続けに見せられると、
やっぱり紅白ってスゴい!と思わずにはいられなかったです。

今井美樹さんの「PIECE OF MY WISH」は、Aldiousがカバーしたことで話題になったため
紅白でも歌われることになったんですね(違) [公式PV]

投票の結果は紅組が勝利。今回の紅白の私的MVPはSuperflyだったので納得です。
2015年の紅白は、期待以上に素晴らしかったですね!
まぁ奈々様落選の時点で期待値が下がりまくってたというのがそうなった理由ですが(汗)
ともあれ、これからもずっとずっとこの歌番組は続いて欲しいものです。


0 件のコメント: