ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2015年7月10日金曜日

[CDレビュー]  JAM Project「JAM Project BEST COLLECTION XI X less force」


JAM Project「 JAM Project BEST COLLECTION XI X less force」
(2015/6/17)

1. Unlimited Force 
2. Rebellion ~反逆の戦士達~
3. Maverick ~覚醒されし獣~
4. 雷牙 ~Tusk of thunder~
5. Generation!
6. 灼熱の咆哮 ~Legend of GAMERA~
7. WANDERERS
8. Breakthrough
9. BUDDY IN SOUL
10. ZERO -BLACK BLOOD- 
11. PRAY FOR YOU
12. Rescue mission
13. 炎ノ刻印 -DIVINE FLAME-
14. 任務遂行!
15. my memory, your memory
お気に入り度:★★★★★★★★ (8/10)




JAM Projectの通算11枚目のベストアルバム。ベテランの味が光る作品。
その一方で、全盛期と比べると大人しくなった印象も・・・

今作はまずアルバムオリジナル曲であるオープニング曲「Unlimited Force」が
これまでのアルバム1曲目とは違い、ずいぶんポップな曲になったのが意外。
3rdベスト~7thベスト、そしてMAXIMIZERまでの作品は全て、1~4曲目までの流れが
神憑り的かつ圧倒的だっただけに、それらと比べると勢いが物足りない。
だがそれでも前半~中盤のシングル表題曲はどれも名曲ばかり。
これぞJAMの王道といえるドラマチックなハードロック曲「Rebellion ~反逆の戦士達~」、
同じく王道路線にブラスロックアレンジを加えた「雷牙 ~Tusk of thunder~」、
開放感とキラキラ感に溢れるハードポップナンバー「Breakthrough」といった曲はさすがです。

歌唱は今まで同様に迫力満点、さらに歌メロの質も十分良い、
となるとやはり編曲にマンネリ感を感じるということだろうか・・・
6、9曲目などの疾走系楽曲において、アレンジが単調に感じた部分があったのは惜しい。
そんな中で10曲目に「ZERO -BLACK BLOOD-」が収録されていたのは今作で一番良かった点。
この曲はイントロからして他の収録曲とは1ランクも2ランクも違う。
このエモーショナルなギターの旋律からして心を揺さぶられる。全盛期の名曲を彷彿させる。
サビの爆発力も文句無しナンバーワン。ハイトーンシャウトも見事に決まっている。
やはりJAMにはこのようなメタリックかつメロディアスな曲を歌って欲しいのです。

もし今作にて初めて彼らのアルバムを聴いたならばこれでも十分良い作品と思えるはず。
しかし個人的には3rd~7thベストまでの神曲の数々の存在があまりにも大き過ぎて、
それに並ぶほどの曲を求めてしまうわけです。
今のJAMが最も戦うべき相手はマンネリとの戦いだなと思ってしまいました。
これだけ長く一線級でやっているというだけで偉大な存在。まだまだ期待し続けたいです。







0 件のコメント: