ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2014年4月15日火曜日

[CDレビュー]  Gacharic Spin「WINNER」


Gacharic Spin「 WINNER」
(2014/4/9)

1. WINNER  
2. ダンガンビート  
3. 連星  
4. もし世界を敵にまわしても  
5. 週末ファンタジー   
6. 運命さえも変える言葉 -Album Ver- 
7. 脳内エラー
8. オトナ少女 
9. 宝物  
10. MorePower -2014-  
お気に入り度:★★★★★★★★★☆ (9.5/10)




Gacharic Spinの2ndフルアルバム。今作も「爆テクガールズバンド」を名乗るにふさわしい、
ハイレベルな編曲と演奏が炸裂した作品です。

まず、前作もそうでしたが今作も1、2曲目からして圧倒的。
ギターもベースもドラムもシンセも弾けまくりで、なおかつ疾走感が抜群。
特にイントロや間奏では、どんだけ楽器を弾きまくるんだと。
1曲目「WINNER」は勝利をつかめと歌った歌詞と、ドラム兼ボーカルのはなさんの歌唱が熱い。
コーラスにも一体感があって良い。これらはどこかアニソンっぽくも感じる。
さらに今作はCDジャケット写真からして、ギターのTOMO-ZOさんが野球のバットを握ったり、
キーボードのオレオ様の新体操コスチュームがセクシーだったりと、
表題曲同様のスポーティーさを感じる。これらは別にリクエストしたわけでもないのに、
なんでこんなにもやることなすこと自分の好きな方向にばかりいってくれるんでしょうか。

2曲目「ダンガンビート」も1曲目と同じように最高。それしか言いようが無い。
3曲目「連星」はロックバラード。サウンドはメタルがベースになっていて、
そこに鋭いシンセの音が突き刺さるという曲構成はさすがガチャピン。
4曲目は、たとえ「もし世界を敵にまわしても」君を守り抜くと歌ったミドルテンポ曲。
歌詞はベタですが、それでも編曲レベルが高いので聴けてしまう。
5曲目「週末ファンタジー」はギターのTOMO-ZOさんがボーカルをとるポップチューン。
ガチャピンの可愛い一面が出た曲で、ぜひ一緒に週末を過ごしたいなと思える曲です。

6曲目「運命さえも変える言葉」はデジロック色の強いHR/HM系ナンバーで、
今作の中でも一番ハードな曲。歌詞カードには載っていないシャウトも胸に響く。
7曲目「脳内エラー」は別れを歌ったロックバラード。
この曲もシンセの入れ方が良い。楽曲を盛り上げるのに一役も二役も買っている。
8曲目「オトナ少女」はエレクトロ系ダンスナンバー。あまりにもキャッチーでクセになる。  
9曲目「宝物」 はピアノバラード。中盤から徐々にバンドの音が入って盛り上がりをみせていくという曲展開が良い。
10曲目「MorePower -2014-」はインディーズデビューシングルのC/Wとして収録されていた曲ですが、この曲を最初に聴いた時の衝撃は半端なかったです。(当時のレビューはこちら)
イントロの時点から脳内をグルングルンにかき回される。興奮が止まらない。
しかし今作ではイントロのシンセの入れ方が、シングルで聴いた時とは変わっている。
個人的にはシングル版の方が好きだったか。それでもこの曲はC/Wで終わらすにはもったいなさすぎるほどの大傑作だったので、こうして日の目を見る形になったのは良かったです。

前作と比べると、新たな挑戦と感じられるようなものは少なかったですが、
相変わらず安定してハイレベルな曲を作っていて、さすがだなと思いました。
これほどまでの実力者集団が、未だにインディーズなのはなぜなのか。
CD売り上げが伸びる、もしくはライブに来るファンが増える、メジャーデビューが決まるなどといったように、どんな形でもいいから早く努力の結果が出て欲しい。
前作の「NEXT STAGE」の歌詞にもあった通り、残された時間は少ないと思うんですよ。
結果が出ないと解散に追い込まれるなんてことになってしまうんじゃないかと心配ですよ・・・
レコード会社の方も、アニメタイアップを付けるなどなんでもいいから彼女たちをもっと売り出してあげて欲しいです。
2014年こそは、どうかブレイクのきっかけをつかんで欲しいです。



2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

週末ファンタジーを歌ってるのは、オレオレオナさんではなく、TOMO-ZOさんですよ。

えむけー さんのコメント...

修正いたしました。前作のTOMO-ZOさんボーカル曲「メロメロファンタジー」から比べると歌唱力が上がりましたよね。