ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2015年11月21日土曜日

[CDレビュー]  ROTTENGRAFFTY「Life Is Beautiful」


ROTTENGRAFFTY「 Life Is Beautiful (初回限定盤)」
(2015/10/7)

1. Life Is Beautiful
2. P.I.L
3. アンスキニー・バップ
4. かぞえ詩
5. Rainy
6. 一撃
お気に入り度:★★★★★★★★ (8/10)





ROTTENGRAFFTYのメジャー復帰第1弾ミニアルバム。
近年ライブでの人気が高まっている5人組バンドで、
さらにCDセールスにおいても今作はオリコン初登場6位を記録するなど
結成16年目にして大躍進。その一番の理由はやはりメロディの良さでしょう。
今作でも、歌謡曲テイストを感じさせられるキャッチーな歌メロと多彩な編曲は健在。
表題曲「Life Is Beautiful」は、ラップや電子音などを曲中にうまく組み込み、
さらにボーカルにも一部エフェクトをかけるなど、ミクスチャー要素をふんだんに
盛り込んだハードロックナンバーで、これぞロットンらしさが大いに発揮された名曲。

アルバムの全体的な感想としては、前作までと比べるとラウド感がやや薄れ、
さらにボーカルが激しくシャウトする場面も減ったという印象。
熱いセリフを言い放つ場面が無かったのは惜しい。「マンダーラ」とか好きだったのになぁ。
近年はメジャーレーベルに行って音楽性がおとなしめになるバンドというのは
そんなに多くはいないイメージだったのだが・・・
その代わりといってはなんだが3曲目「アンスキニー・バップ」には驚かされた。
スーパースターをテーマにした楽曲で、これまで以上にポップな曲調もさることながら
後半の間奏部分に入る子供たちのセリフが何とも健気で、温かみを感じる。
これはこれで面白い曲。
お祭り感のあるイントロから和テイストのメロディが光る「かぞえ詩」、
コーラスや掛け声などにツインボーカルの迫力を感じられる明快疾走ロックナンバー
「Rainy」なども期待通りの名曲でした。
これまでの彼らの曲をあまり知らない人が聴けば今作でも十分ハードなのかなと。

彼らの真骨頂はライブにあると思ってるので、今度の全国ツアーも対バン相手次第では
行きたいところ。これからメジャーでどういう軌跡を歩むのか注目していきたいです。







0 件のコメント: