ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2014年8月9日土曜日

[CDレビュー]  秋赤音「SQUARE」


秋赤音「 SQUARE(初回生産盤 CD+DVD)」
(2014/5/21)

1. Black Ganger
2. FIRST
3. 反鏡のバリアシード
4. カックラウ
5. シャクネツ
6. RUNWAY
7. 空間⇔Formation
8. Melancholic Degree
9. ah
10. 糸
11. Flash B ack (Instrumental) (Bonus Tracks) 
12. 感弩≠Reduction (Instrumental) (Bonus Tracks)   
お気に入り度:★★★★★★☆ (7.5/10)



ニコニコ動画発の歌い手兼イラストレーター、秋赤音の3rdアルバム。
「絶叫シンデレラ」というキャッチコピーからも分かる通りの
抜群の歌唱力とシャウト力を持っている女性歌手の作品でございますが、
しかし今作では、前作や前々作に多かったラウドロック系の曲がほとんど無く、
それに代わってデジタルサウンド系の曲ばかりになっていたことが、まず意外でした。

まず1曲目の「Black Ganger」は八王子P作曲のディスコナンバーで、
ノリの良さはあるもののサビメロが印象に残りにくいのが惜しい。
ボーカルにエフェクトをかける必要はあるのだろうか・・
それならばボーカロイドでいいのではと思ってしまいました。
2曲目「FIRST」はデジロック系の曲で、高音で一気に盛り上がるサビが良い。
「♪よーごーれーてーよーごーれーて」の連呼はインパクト抜群。これは名曲。
3曲目「反鏡のバリアシード」もデジロック系。前曲以上に派手にシンセが鳴り響く。
4曲目「カックラウ」はダンサブルなポップナンバー。
メロディ自体はR&Bっぽいですが、それ以上にシンセの音の印象の方が強い。
5曲目「シャクネツ」は「Duet with ろん」という名義でリリースされた曲。
気になる「ろん」の中の人とは、声優の小林ゆうさん。
かつてはCrush Tearsというバンド(レビューはこちら)のボーカルとしても活躍経験があり
当ブログでも絶賛したことのある声優歌手に、まさかこんなところで再会するとは!
楽曲の方も今作のデジロック系ナンバーの中で一番良かったです。
イントロからして高速かつ切迫感があり興奮させられる。サビのキレ味も素晴らしい。

6曲目「RUNWAY」はデジタル系ハードポップ。やはり今作はこのようなアレンジが多い。
7曲目「空間⇔Formation」は今作で唯一のラウド系ロックナンバー。
やっとこういう曲が出てきてくれたかと思いました。ボーカルによく合っている。
8曲目「Melancholic Degree」はメロディ自体はジャジーな雰囲気ですが、編曲の方はやはり電子音が多め。
9曲目「ah」は5曲目と同じく梅とらさん作曲のデジロック。
今作のプロデューサーの中では一番良いメロディを作っていると感じました。
そして10曲目の「糸」は、なんと中島みゆきさんの曲のカバー。
これはラスト曲にして一番驚かされました。原曲よりキーを上げて歌われる歌唱が良い。
あらためてこうしてカバーという形で聴くと名曲だなと。美メロ度はピカイチですし、
歌詞の方もニコ動発の人気Pの作る優秀な歌詞の数々に勝てそうなほどの質の高さ。
これならばニコニコユーザーも納得のカバーでしょう。最後にしっとりと名バラードで締めてくれて良かったです。

今作は全10曲中9曲が各Pの書き下ろしによるオリジナル曲で勝負した作品でしたが、
歌詞の質の高さはさすがだったのに対し、肝心のメロディの方は
1st・2ndアルバムの曲と比べると全体的に弱い気がしたのが惜しい。
作風の方も、デジタル系のポップス・ハードポップが多過ぎたのはやはり気になりました。
3~4曲ぐらいまでなら全然良かったが・・・ 
こういうのはニコニコ動画発の歌手の曲としてはよくあるタイプの作風だと言えるので、
彼女ならではの個性という点でも前作前々作と比べると一段落ちる。
超高音歌唱を見せつける場面もこれまでと比べると少なくなった気がしました。
やはり彼女の歌唱が一番生きるのはロック系の曲でしょう。
また1stアルバムのような気合いのこもった作品が聴きたいです。







0 件のコメント: