ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・アニソン・アイドルからロック・メタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも基本的に大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2014年8月8日金曜日

[CDレビュー]  ウルフルズ「ONE MIND」


ウルフルズ「 ONE MIND (初回生産限定盤:ベストアルバム付き 復活だぜ!!盤/復活記念77,777枚限定)」
 (2014/5/21)

ディスク:1 
1. あーだこーだそーだ!
2. どうでもよすぎ
3. とまらへん
4. ヒーロー
5. ブヤカシャー!
6. らせんのファンタジー
7. あついのがすき
8. ど真ん中
9. きこえてくるのはいつもココロの声
10. わかるぜ!その気持ち
11. ジャンケン   
12. あついのがすき -reprise-
13. メイド イン ジャパン
ディスク:2 
1. ガッツだぜ!!
2. バンザイ ~好きでよかった~
3. 借金大王
4. 大阪ストラット
5. SUN SUN SUN ’95
6. それが答えだ!
7. かわいいひと
8. 笑えれば
9. ええねん
10. サムライソウル
お気に入り度:★★★★★★★★ (8/10)




ウルフルズの通算12枚目のオリジナルアルバム。
活動休止期間を経て、約7年ぶりのリリースとなったアルバム作品です。

まず1曲目「あーだこーだそーだ!」を聴いた瞬間、
よくぞ帰ってきてくれた!と思いました。ミドルテンポ曲でここまで
奔放さとエネルギッシュさを感じられるのは、まさに彼らの曲ならでは。
そして今作のリードトラックである2曲目「どうでもよすぎ」は
メロディ自体は単調ながらも、荒削りかつ豪快に突き進んでいく感じが良い。
ボーカルのトータス松本さんの歌いっぷりが素晴らしいんですよね。
3曲目「とまらへん」はラブバラード曲。このタイトルからすると意外でした。
涙がとまらへんと歌う切ない曲ですが、こういう曲でもエネルギーを感じられるのが良い。
4曲目「ヒーロー」は歌詞が素晴らしい。子供の頃に憧れたヒーローとはかけ離れた
自分の姿を嘆きつつも、少しでもヒーローに近づきたいと歌う姿に共感できる。
5曲目「ブヤカシャー!」はバンドとしての一体感を感じる。「4人の力」という歌詞は
まさにウルフルズの4人を歌ったものだろうなと。サウンドは昭和のGSっぽい。
6曲目「らせんのファンタジー」は家族の絆を歌った曲。歌詞に暖かさを感じる。
7曲目「あついのがすき」は、配信限定でリリースされた曲が待望のCD化。
数年前にミズノのCMソングとして、野球少年が泥んこになってプレーする姿をバックに
「♪誰にも負けないぜ 負けるわけないぜ」と歌われてるのを見た瞬間から
間違いなくこれは名曲だと思ってました。フルで聴くと実はラブソングだったんですね。
メロディがこれまでの曲の中でも一番良い上に、らしさが存分に出ている。
この曲こそが今作のリードトラックで良かったのではと思いました。

前半から中盤までは良かったのですが、しかし後半の曲はどれも普通かなという印象で、
メロディが弱く感じる曲が多かったのが惜しいところ。
11曲目「ジャンケン」なども歌詞は特徴的で良いのに、サビメロが単調な気が。
ラスト曲「メイド イン ジャパン」は47都道府県が総登場する歌詞が面白い上に、
曲調にも勢いがあったので、この曲で終わってくれたのは良かったです。

以前から彼らの曲についてはシングル曲>アルバム曲という傾向が
はっきりしていた印象でしたが、今作を聴いて尚更そう感じました。
なぜなら、今作の初回限定盤には10曲入りのベストアルバムが付いてきたわけですが、
そのベスト曲(シングル曲)の数々はあらためて聴いても名曲過ぎて・・・
自分が中高生の頃によく聴き、カラオケでもよく歌っていた、
そんなバンドがついに復活してくれたことが嬉しく感じました。
これからもまた、名曲をたくさんリリースしてくれることを期待したいです。







0 件のコメント: