ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・アニソン・アイドルからロック・メタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも基本的に大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2014年8月7日木曜日

[CDレビュー]  JAM Project「JAM Project BEST COLLECTION X X cures Earth」


JAM Project「 JAM Project BEST COLLECTION X X cures Earth」
(2014/7/2)

1. 覚醒X
2. Wings of the legend
3. 一触即発 ~Trigger of Crisis~
4. Babylon
5. 夢スケッチ
6. 未来への誓い
7. 嵐
8. R.I.P~友よ静かに眠れ~
9. Wildflowers
10. キミノモトヘ
11. 俺流JUSTICE
12. PLATONIC
13. 風 ~旅立ちの詩~
14. Victory Soul
15. キミオモフ ~たった一人の君へ~
16. 未来への大航海 ~Great voyage~
お気に入り度:★★★★★★★★★☆ (9.5/10)




JAM Projectの通算10枚目のベストアルバム。

彼らは日本を代表するアニソングループであると同時に、日本を代表する
ハードロックグループとして、音楽的にもっと評価されるべきではないかと
思わずにはいられない。今作を聴いて、あらためてそう感じました。
アニソンというフィルターを通して、HR/HMの魅力を分かりやすく、
より多くの人に届けているということが、アルバム前半の曲を聴けば一目瞭然で分かります。
まず1曲目「覚醒X」のイントロの時点から、ドラマチックかつ重厚なバンドサウンドと
コーラスワークに圧倒される。5人のボーカルの歌唱は相変わらず素晴らしい。
間奏のキーボードや、紅一点ボーカルの奥井雅美さんの使い方も絶妙。
まさにJAMの全ての魅力が詰まった曲です。
2曲目「Wings of the legend」は、サビ→Aメロ→バラード調のBメロ→バラード調のサビ→Aメロ→最後にサビで終わるという、シングル曲とは思えないようなプログレッシブな曲展開が炸裂。
最初聴いた時はこの曲展開に慣れなかったですが、2回3回と聴くうちにこれはスゴいなと感じるようになりました。
4曲目「Babylon」は今作の中でも最もメタル色が強い曲で、終始重低音が響きまくる。
ラストのシャウトの迫力もスゴい。それでいてメロディの良さは健在でございます。

その一方でアルバムの中盤以降は、彼らのもう一つの魅力である、
ポップで親しみやすい曲も詰まっているというのが良いです。
前半の曲よりもグッと明るくポップなバンドサウンドとなった10曲目「キミノモトヘ」は
大人が全力で無邪気な歌を歌っているといった感じで微笑ましい。
デジロック調の14曲目「Victory Soul」に至っては歌詞が完全に子供目線ですが、
これも大人が聴けば懐かしさを感じるでしょう。「スキルを上げろ」って以前も聞いた気がしますが。
バラード曲では13曲目「風 ~旅立ちの詩~」が特に素晴らしい。
荒涼感とスケール感を存分に感じさせてくれる。これぞ新たな地へと旅立つ前の勇者の姿。
同じバラード曲でも、サウンド的には洋楽ポップス風に聴こえなくもない、
実質奥井さんのソロ曲である12曲目「PLATONIC」や、
ストリングスの入ったミディアムバラード曲ながらメロディに既視感を感じる
15曲目「キミオモフ ~たった一人の君へ~」といった曲よりも、
8、13曲目のようなロックバラードの方がより魅力を発揮しているなと感じました。

昨年リリースのオリジナルアルバム「THUMB RISE AGAIN」(レビューはこちら)では
今までには無いような曲調の楽曲が目立ったのに対して、
今作では彼らが最も得意とするロックナンバー中心の作品へと原点回帰したのが
とても良かったです。歌詞については偉大なるマンネリといっていい内容ですが、
サウンドとボーカルが素晴らしければそれでいい。個人的には前作や前々作以上の
お気に入り作品となりました。これからもこの調子で突っ走って欲しいです。

最近になってPVが作られる曲が増えてきたのが嬉しい。なんなら過去の名曲の数々のPVも作って下さいよ!




0 件のコメント: