ブログトップ

ガールズロックの名曲紹介が中心の歌姫系ブログ。バンドを推しつつも時々アイドル、アニソンと幅広く毎日更新をしています。2018年1月リニューアルオープン。相互リンクも大募集中。コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2013年11月7日木曜日

[CDレビュー]  水樹奈々「GREAT ACTIVITY」


水樹奈々「 GREAT ACTIVITY」
 (2007/11/14) 

1. Bring it on!
2. Orchestral Fantasia
3. Promise on Christmas
4. MASSIVE WONDERS
5. Take a chance
6. ファーストカレンダー 
7. ラストシーン
8. SEVEN 
9. アオイイロ
10. TRY AGAIN
11. SECRET AMBITION
12. Nostalgia
13. Heart-shaped chant
14. chronicle of sky 
15. Sing Forever
お気に入り度:★★★★★★★★★★ (10/10)





2007年にリリースされた、水樹奈々の6thアルバム。
今作も多種多様な楽曲を、抜群の歌唱力で歌い上げたアルバム作品となっています。

楽曲の方は、前作に引き続いてElements Gardenのメンバー提供曲が素晴らしい。
その中でも2曲目「Orchestral Fantasia」は最強のシンフォニックロックナンバー。
たまらないほどの愛しい思いをオーケストラに例えた、幻想的かつ熱い曲世界を
目いっぱいの歌唱とサウンドで表現した曲で、そのドラマチックさに圧倒される。
アコギの音色も、2番終了後のピアノの速弾きの旋律も、全てが美しい。
「ストリングスの海で彷徨う」という歌詞は名フレーズ。
まさに果てしなく広がる海から、エモーショナルの波が押し寄せてくるかのような曲です。

さらに、同じくシンフォニックロック系のサウンドにパーカッションなどの
音も加わり、民族音楽テイストを強く感じる、8曲目「SEVEN」、
これぞ21世紀型歌謡アッパーチューンとでも言うべきな11曲目
「SECRET AMBITION」といった曲も名曲です。
そして13曲目「Heart-shaped chant」は、アルバム後半のキラーチューン。
ドラマチックな曲展開に美しさを感じる、壮大なストリングスバラード曲で
そのサウンドの中で絶妙に溶け込むハープの音色にも神秘性を感じる。
まるで天女が雲の上から歌いかけてくれているかのような曲です。最高。

そして今作はエレガ以外の作家による提供曲も名曲が多いです。
まず1曲目のロックナンバー「Bring it on!」は、明るい雰囲気の曲でありながらも
サウンドは適度にエモ風味なのが面白い。その力強さには聴いていて元気をもらえる。
さらには4曲目「MASSIVE WONDERS」や、14曲目「chronicle of sky」といった
アッパーチューンも素晴らしいです。編曲がダイナミックで良い。
その一方で6、7、15曲目のような穏やかなバラード系の曲は
メロディがあまり印象に残らずでした。もう少し歌メロの質が高ければ・・・
でもここまでの傑作ナンバーが次から次へと聴けるアルバムというのは
そう滅多に無いぐらいだったので、私的には満点といっていい内容でした。

ちなみに、当ブログのこのレビューで絶賛した楽曲の数々は、
某HR/HM系サイトによるレビューで「お気に入り曲」として挙げられた曲の数々と
ほぼ同じであるというのは、果たして偶然なのだろうか・・・
ともあれ、カラフルで派手なアルバム作品が聴きたい人には特にオススメです。


0 件のコメント: