ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2013年11月19日火曜日

[私的名曲ランキング]  2013年9月度 マイベスト10

恒例の月イチ企画、今回は9月度の月間私的名曲ベスト10をJDをもとに作ってみました。
この月は私的に男性ボーカルバンドが豊作の月でした。
一時はマイベスト10の中に7組ぐらい入るかなとすら思いましたが、
終わってみれば、男性4組女性4組その他2組というバランスの良い(?)ランキングに。
その一方でアニソン系アーティストはランクインせずという結果になりました。
これはいつ以来でしょうか? ともかくいってみましょう!






第10位 FUZZY CONTROL「The way you decide」 [公式PV]

この疾走感には持っていかれた。調べてみるとドリカムとつながりの深いバンドらしいですね。
ハイカラのファンだった者としてはボーカルを取られたドリカムに良い印象は無いのですが(爆)彼らの曲はそれが意外に思えるほど鋭いです。




第9位 keeno「in the rain」 [公式PV]

初音ミクの声によく合ったバラード曲でした。歌詞はニコ動系の曲にしては
普通かなといった感じでしたが、それでもメロディが良いので心に響きます。




第8位 あえか「時の祈り」 [公式PV]

2回目のランクイン。綺麗な歌声と綺麗な旋律が良い。
期待の女性ソロ歌手だと思いますので、歌姫好きはぜひ注目してあげて下さい!




第7位 ラフベリーディッティーズ「16」 [公式PV]

タイトル通りに、16歳のあの頃のような青臭さとガムシャラさを
楽曲から感じることができる。ちょっぴり懐かしい雰囲気が漂う名曲です。




第6位 KANA-BOON「盛者必衰の理、お断り」 [公式PV]

歌謡曲やGSの要素を感じるバンドサウンドが良い。寿限無のくだりはインパクト抜群でした。
メンバー公式ブログ内でのダイブモッシュ禁止論争を見た時は自分には残念ながら縁の無いバンドかなと思いましたが(爆)この曲で彼らの印象が大きく変わりましたね。




第5位 yucat「言霊」 [公式PV]

2作連続2回目のランクイン。派手なデジタル系バンドサウンドが良い。
川田まみが好きな人などはハマるのではないかと。
もはや元RYTHEMの面影は無くなってしまいましたが、個人的にはこの路線は好きです。




第4位 家の裏でマンボウが死んでるP「風が吹けば人類が終わる」 [公式PV]

どうしたらこんな歌詞が作れるんだ。もはや常人離れしている。
そりゃ大槻ケンヂさんともコラボするよなと。筋少とはまた違ったベクトルで天才的。
サウンド面ではBメロのパンクな感じも良かったです。
しかしマイベスト10の中にボカロ曲が2曲も入ったのは初めてだなと。
さらに4位というのも最高記録だったりします。




第3位 BiS「Fly」 [公式PV]

こちらも2作連続のランクイン。大空を飛びたいと歌う曲は名曲が多いですが、
たとえ低空飛行でも飛ぶしかないんだと歌ったこの曲には
また一味違った素晴らしさを感じます。




第2位 Schau-Essen「FUTURE WORLD」 [公式PV]

爽快感抜群、サビのメロディの素晴らしさは随一。
曲名が示す通りに、未来への希望に満ち溢れている。
岡山出身の紅一点ボーカル擁する5人組バンドで、公式サイトによると
「HIGH-SPEED J-POPバンド」と名乗っているようですが、
その一方で「ドイツ風メタルバンド」とも書かれている。一体どっちなんだ。
ともかくこの曲はちゃんとしたCD音源で聴いてみたくなりました。
とりあえず公式サイトにディスコグラフィぐらいは掲載して下さい!




第1位 もるつオーケストラ「四国アイランド講座」 [公式PV]

「♪右上 香川 右下 徳島」 これは1回聴いただけで覚えてしまいましたし、
思わず口ずさみたくなるキャッチーさがある。
この曲を聴いて四国に行きたくなりました! ご当地ソングとして理想的。
しかし彼らは四国出身ではなく大阪出身なのか・・・ならなぜこんな曲を作った(笑)




(次点)
・中島卓偉「ゲッザファッカゥッ!!!!」 [公式PV]
これぞロックだ。美学を感じる。荒々しい曲ですがサビはメロディアス。
ちなみにwikiを見てみると、酒も煙草もやらずその一方で手洗いうがいは欠かさないなど、
この楽曲からは想像がつかないような意外な一面が見られて面白かったです。

・THE BACK HORN「バトルイマ」 [公式PV]
この迫力、そしてコーラスの一体感が良い。この月は本当にバンド激戦月でした。マイベスト10に入ったバンドの曲と比べても全然遜色無いです。

・ザ・チャレンジ「お願いミュージック」 [公式PV]
ダンサブルなバンドサウンドが良い。この月は本当に(以下同文)

・FLOW「常夏エンドレス」 [公式PV]
キラキラ感満点なバンドサウンドが良い。こ(以下同文)

・テスラは泣かない。「アンダーソン」 [公式PV]
バンド名がテスラは泣かない。、曲名がアンダーソンで合ってるんですね。
逆かと思ってしまいました。先月もこんなことがあった気が。
曲の方はピアノの浮遊感が良い。k(以下同文)



2 件のコメント:

ノースフライト さんのコメント...

FUZZY CONTROLはとドリカムはですね。
ボーカル同士が夫婦なんですよ。
19歳差てスゴイですよね。

えむけー さんのコメント...

夫婦らしいですね。19歳差は19歳差でも、女性の方が年上だというケースは尚更珍しいような気がします。