ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2012年12月30日日曜日

[CDレビュー]  ぱすぽ☆「One World」


ぱすぽ☆「 One World(初回限定盤)(ファーストクラス盤)(DVD付)」
(2012/11/14) 

1. Departure
2. Next Flight
3. Final Vision
4. Love Diary
5. WING
6. WANTED!!
7. 夏空HANABI
8. 君は僕を好きになる
9. 2DAYS
10. Tap My Toe
11. Pock☆Star
12. ピンクのパラシュート
13. 君色のサンバ
14. With XXXX
15. Dear My Friends
お気に入り度:★★★★★★★★★★ (10/10)





ぱすぽ☆の2ndアルバム。
前作から一気に音楽性の幅を広げ、大きく進化を遂げた作品となりました。

今作は前半の曲を中心に海外の作曲家から提供を受けた曲が多く、それらの曲は
どれもロック色の強い曲になっているというのが、前作と違う大きな特徴です。
まず実質1曲目の、LAメタルの要素を取り入れた曲である「Next Flight」は、
オープニングナンバーにふさわしい、大空へと羽ばたく瞬間のワンシーンが
目に浮かんでくるかのような曲で、そのスケール感はまさに圧倒的。
さらに5曲目の、ジャーマンメタルの要素を取り入れたナンバー「WING」は、
これぞジェット機に乗っているかのような突進力と疾走感を感じる曲で、
この曲にもまた圧倒される。むしろこの曲こそが今作の私的ベストソング。
そして7曲目のジャパニーズパンクナンバー「夏色HANABI」も、
花火のような爆発力と、その火花が散ってゆくかのような切なさを感じる曲で
この曲も聴けば聴くほどに味がある曲だなと思いました。

「世界一周ロックの旅3部作」という名で先行シングルとしてもリリースされた
この上記3曲はどれも本当に素晴らしいです。
これだけ芸術的でなおかつハードでスケール感のある曲たちを
こんなにもポップかつ爽やかで聴きやすく歌ってしまうというのは、
これぞ彼女たちの曲ならではの魅力であり、J-POPの良さでもあると思いました。

そしてアルバムオリジナル曲では「WANTED!!」が特に素晴らしい。
ズシズシと鳴り響くロックサウンドと、その中で鳴り響く銅鑼の音がツボ。
さらに、恋愛模様を警察と犯人に例えた歌詞も面白く、
ぱすぽ☆の皆さんになら逮捕されてもいいと思える曲です(笑)
さらに、爽やかながらも哀愁を感じるミディアムバラードの「2DAYS」
洋楽ガールズバンクっぽい雰囲気の「Pock☆Star」といった曲も良い。
これだけ曲に多彩さが出れば、1st同様バンドル路線の「Love Diary」や
「君は僕を好きになる」といった曲も、アルバムの中でより一層栄える。
さらに後半にはアーバンギャルドの提供曲「ピンクのパラシュート」や
文字通りサンバ調の「君色のサンバ」といった曲もありますが、
上記2曲は、なぜか歌い方までアーバンギャルドっぽい
作ったような歌声になっており、果たして歌い方を変える必要はあったのか・・・
それでも曲ごとの個性を出そうという作り手の意志は感じることができました。

今作は海外のロック音楽をぱすぽ☆流に取り入れたことで、
まさに「One World」というアルバムタイトル通りの、
世界を又にかけたかのような作品となり、
「〝空”と〝旅”をテーマにしたガールズロックユニット」
というぱすぽ☆のコンセプトにもよりふさわしい作品となりました。
ここまで素晴らしいアルバムを作ってくれるとは、1stの時点では想像できなかった。
J-POPとしてもアイドルとしてもガールズロックとしても、
楽曲の質はトップクラスに高いので、この作品はもっともっと多くの人たちに
聴いて欲しいと思う名盤です。むしろアイドルに偏見を持っているような人こそ
この作品を聴けば、彼女たちに対する印象が変わるのではないかと思いました。
ぱすぽ☆は他のどのグループにもどのバンドにも無いような個性と魅力がある!




0 件のコメント: