ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2012年12月15日土曜日

[CDレビュー]  ひいらぎ「ドーナツの穴」


ひいらぎ「 ドーナツの穴」
 (2012/9/26) 

1. 電車
2. 今、このとき。 (album ver.) 
3. 自分ルール
4. エキサイティングマンデー
5. あなたがくれたもの
6. 太陽と陰
7. 最近
8. 九月
9. 信じる心
10. 晴れた日曜日
11. タラッタラッタ
12. 明けゆく空
13. サイキン (ボーナストラック)
お気に入り度:★★★★★★★★ (8/10)





北海道出身の女性フォークデュオ、ひいらぎの2ndアルバム。

癒し系の優しい曲が詰まった作品です。歌詞は生活密着型でありながらも、
どの曲もしっかりと心を込めて作られているのが伝わってくる。
特に1曲目の「電車」はまさに電車で通勤・通学しながら聴きたい名曲です。
さらに「エキサイティングマンデー」や「タラッタラッタ」などの、
まるで路上ライブに行って一緒に盛り上がりたくなるかのような
ライブ感があって心躍るアップテンポ曲も魅力的です。

そして彼女たちの曲は、女性ボーカルにしては全体的にキーが低いのも大きな特徴です。
特に先行シングル曲の「最近」は男性が歌ってるのかと思うぐらいの曲で、
ゆずよりもキーが低く、ちょっぴりボーイッシュな雰囲気も感じさせてくれます。

しかしこの系統の音楽は、アルバムとなるとどうしても似たような雰囲気の曲が
多くなってしまう傾向があり、それはこの作品についても同様で
もう少し歌詞や編曲に幅があればなぁ・・とも思いました。

それでも、マイナー調でフォークロックっぽい3曲目の「自分ルール」、
しっとりとした高音で歌い上げるバラード曲の6曲目「太陽と陰」、
今回の曲の中では異色な、レゲエっぽいアレンジの10曲目「晴れた日曜日」
などといったような曲も収録されており、さらにボーナストラックの
「サイキン」は、「最近」の替え歌バージョンとなっていて、
歌詞のテーマはなんと細菌について歌った曲になっています。
こういった遊び心があるのは、とても良いと思いました。

今作の中での一番のお気に入り曲は、実質ラスト曲の「明けゆく空」。
辛い時に、そっと寄り添って歌いかけてくれるかのような、
暖かさに満ち溢れた曲で、心に沁みる名バラード曲でした。

女性フォーク歌手というのはメジャー音楽シーンにおいては
貴重な存在だと思いますので、彼女たちにはぜひこれからも頑張って欲しいです。


0 件のコメント: