ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2012年5月22日火曜日

[CDレビュー]  「ザ・コブラツイスターズIII」

ザ・コブラツイスターズIII」
(2002/8/21) 

1. 七転八倒  
2. ガムシャラ人生 
3. いつかの少年
4. 骨になるまで 
5. 波の子守唄 
6. ゼロからの始まり
7. 日々を抱きしめたい 
8. 心の友達 
9. 魂の雄叫び 
10. 雪降る夜に 
11. 歩き続ける人たちへ
お気に入り度:★★★★★★★★☆ (8.5/10)





2002年にリリースされた、ザ・コブラツイスターズの3rdアルバム。
前作以上に、熱さや男らしさを感じる、力感に溢れたアルバム作品です。
曲タイトルからして、骨とか雄叫びとかそんなフレーズが並んでいるということからも、
いかにこのバンドが己の道を信じて強く逞しく突き進んでいたかが分かります。

まず1曲目「七転八倒」の時点で、歌詞に四字熟語がズラリと並ぶ和ロックを聴かせてしまう
その姿は、まるで今どきのチャらいリスナー連中どもに先制パンチを喰らわせるかのよう。
その後の曲も、ラストに「ガムシャラ!!」「ガムシャラ!!!」と叫びまくり、
その度に歌詞カードに!マークが増えていく「ガムシャラ人生」や、
穏やかな曲調ながらも、これぞ海の男の生き様が伝わる「波の子守唄」などは特に印象的。
そして極め付けは、9曲目の「魂の雄叫び」。
勇壮、剛健、武骨、そんな言葉達がこんなにも似合う曲は、当時も今もこのJ-POPシーンにはそう滅多にあるもんじゃないでしょう。

しかしアルバム全体では後半の出来が微妙だったのが惜しかった。
前半の曲、その中でもシングル曲にもなった2、3曲目は名曲です。
特に「いつかの少年」は本当に素晴らしいバラード曲。
子供の頃の懐かしい思い出たちが、まるで走馬灯のように蘇るかのような曲で、
そして、あの頃の純粋な気持ちを胸に、また新たに歩き出そうと思える曲です。

このように、こんなにも良い曲を作り続けていた彼らは、
この作品をリリースした翌年に、初のベストアルバムをリリース。
そして、メジャー契約を切られてしまったようです。なぜこうなってしまうんだ!? 
この我が道を突き進む姿がなんでカッコ良いと評価されないんだ!?


0 件のコメント: