ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2012年5月12日土曜日

[CDレビュー]  May'n「HEAT」


May'n「 HEAT」
(2012/3/21) 

1. Brain Diver
2. GET TOUGH
3. Giant Step -May’n ver.-
4. HEAT of the moment
5. Scarlet Ballet
6. 鏡
7. SPIRIT
8. DOLCE
9. ナンバーワン!
10. WE ARE
11. 恋
12. Jewels
お気に入り度:★★★★★★★★★ (9/10)




May'nの通算3枚目のフルアルバム。
前作では先行シングル曲も含めてバラード系の曲が目立った印象がありましたが、
しかし今作では、「HEAT」というそのアルバムタイトル通りに、
1~9曲目まで、熱いハードポップ・ロック系の曲でガンガン攻めまくっているという
これぞ私好みの作風になったこともあって、個人的には最高傑作だと思いました。


特に前半5曲はどれも素晴らしい。まずシングル曲の1曲目「Brain Diver」は、
愛する人の脳内に侵入して思考回路を操作してしまうという、歌詞がとても面白い!
これにスリリングなサビのメロディと、キレ味抜群の歌唱が加わることによって
まさに最高レベルの楽曲となりました。聴けば聴くほどに曲世界にグイグイ引き込まれていく。

そして3曲目の「Giant Step」のMay’nソロバージョンに至っては、
オリジナルより良いと思いましたし、さらにシングルで聴いた時は微妙かなと思った
浅倉大介提供曲の「Scarlet Ballet」も、デジタル+ストリングスという
4曲目までとは違った雰囲気のアレンジが、この疾走感抜群のアルバム前半の流れの中で
いいアクセントになっていると感じました。

アルバムオリジナル曲についても、前半の「GET TOUGH」「HEAT of the moment」
などはシングルでも全然いけるぐらいの王道ハードポップ曲ですし、中盤以降の曲では
レストランをテーマにした歌詞と、ガチャガチャしたホーン系のアレンジが面白い「DOLCE」、
サビ前のコーラスの掛け声が特に気持ちいい、本人自作曲の「ナンバーワン!」
などといった曲も良い曲だなと思いました。

このように圧倒的だった前半と比べると、後半失速してしまった感じがしたのが惜しい。
そもそも個人的には、11曲目のようなピアノ一本のバラード曲とかはあまり求めていないんです。
この抜群の声の伸び、そして抜群のパワーを感じる歌唱を聴けば、
静かなバラード曲では、せっかくのその歌唱の実力を持て余してしまうような気が・・・

やはり彼女には、前半の曲のようなハードポップ系の路線が一番合っていると思います。
特に1、3曲目は本当にオススメなので、この路線が好きな人には必聴作品です!


0 件のコメント: