ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2012年5月19日土曜日

[CDレビュー]  黒崎真音「HELL:ium」


黒崎真音「 HELL:ium 「リアル鬼ごっこ3,4,5」主題歌3曲収録」
(2012/5/9) 

1. 鳴り響いた鼓動の中で、僕は静寂を聴く   
2. I’m still breathing...
3. Just believe.  




黒崎真音のニューシングルは、自身初となる映画主題歌を計3曲も詰め込んだ作品。
この映画「リアル鬼ごっこ」の、パート1の方については、
以前、KOTOKOが歌っていた同名の主題歌がすごく良かったため、
それ以来気になって、そして後から映画作品の方もDVDで観たということがありました。
しかし内容は私的にはかなり怖かった上に、何より終わり方があまりに釈然としなくて、
せっかくのラストのKOTOKOの曲をモヤモヤ感の中で聴くことになってしまったじゃないか、
とかいう映画の感想はさておき、肝心の曲の方は・・・

まず1曲目の「鳴り響いた鼓動の中で、僕は静寂を聴く」は
スリリングかつ重厚で、なおかつ疾走感抜群のハードロックナンバー。
サビのメロディや編曲の素晴らしさもさることながら、その前のBメロの時点から、
まさに何かに激しく追われるかのように、迫りくるギターサウンドがたまらない。
この曲の作曲は、前アルバムでも彼女のハードロック系の曲の作編曲をしていた
MintJamのa2cさんが担当していますが、このMintJamという音楽集団の作る曲の数々は、
Elements Gardenの曲並みに編曲レベルが高いのではないかと思いました。
それぐらいに楽曲が素晴らしい。今の日本のヘヴィロック勢の中で、メロディの質の高い、
最も良い曲を歌っているのは、もしかすると黒崎真音ではないかと思ったぐらい。
この系統ではかつてはHIGH and MIGHTY COLORが一番メロの質が高かったですが、それが今では黒崎真音になったかなと。
前アルバムの「VANISHING POINT」「Glanz -沈黙の雪-」などといった曲も最高だったですし、
これらの曲を聴いていると、彼女は本当にメタルやエモ系の音楽が好きなんだなと感じます。
ぜひこれからもこの路線で突っ走って欲しいです! やっぱり本人の好きな音楽をやるのが一番だということで!

2曲目「I’m still breathing...」は、
ストリングスの音が溶け込んだ、シリアスな雰囲気のロックナンバー。
この曲の作曲は、樹海のデワヨシアキさんが担当。彼の作る曲も、
これまた外れ無しレベルに今まで良いメロディの曲を作り続けてきただけに、
やはり今回も良かったです。そして1曲目とはまた違う味を出せていました。
3曲目「Just believe.」は、同じくデワさん作曲によるバラードナンバー。
これもまたつくづく綺麗な旋律だなと思います。そして歌声も美しい。


3曲ともにドラマチックな曲でした。これは映画主題歌だということもあってでしょうが、
やっぱりアニソン系アーティストの曲は普段からしてドラマチックさを感じる楽曲が多いから好きです。
特に1曲目は最高でした。もはや今月はこの曲ばかり聴くことになりそうだ・・・


0 件のコメント: