ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2012年5月12日土曜日

[CDレビュー]  モーモールルギャバン「僕は暗闇で迸る命、若さを叫ぶ」


モーモールルギャバン「 僕は暗闇で迸る命、若さを叫ぶ」
 (2012/3/21) 

1. スシェンコ・トロブリスキー
2. サノバ・ビッチェ
3. MY SHELLY
4. 僕は暗闇で迸る命、若さを叫ぶ
5. いつか君に殺されても
6. 午前二時
7. J・O・E
8. それは悲しい唄のように  
9. 彼と彼女の日常
10. 気まぐれのように揺れる世界から
お気に入り度:★★★★★★☆ (6.5/10)





モーモールルギャバンの、メジャー通算2枚目のフルアルバム。
今作のリードトラック「サノバ・ビッチェ」のPVを視聴した時はもはや衝撃的で、
その勢いで、このアルバムも聴いてみました。

自称J-POPバンドとのことらしいですが、この作品はどこからどう聴いても
一般的なJ-POPとは一線を画した、独自の感性が炸裂した作品です。
ギターがいない3人組バンドという編成からか、キーボードとベースの音を
中心としたサウンドに、これまた独特な感性を持った歌詞が乗っかるという、
この組み合わせがハマった時はスゴい。
「サノバ・ビッチェ」ではそれに加えて男女ツインボーカルの絡みが面白く、
さらに曲の展開についても、ドラマチックながらも起承転結が綺麗にまとまっており、
これはやはり今作の中においても最高傑作といえる曲でしょう。

そして、今回初めてアルバムを聴いてみて意外だったのは、
じっくり聴かせるバラード系の曲が、結構多かったということ。
今作でいえば1、2、5曲目のような、シュールでどこかぶっ壊れた世界観を持った曲ばかりが収録されてると、聴く前までは思ってただけに、またそういう作品を期待していただけに、
まさかこんな曲を聴くとは思ってなかったわけですが、それでも7曲目「J・O・E」などは
曲の後半にいくにつれどんどん深遠な雰囲気になっていくサウンドが良かったですし、
こんなアプローチもできる実力があるんだなということを感じることができました。

しかしアルバム全体では、メロディの出来や曲の構成などにムラがあった印象でした。
ラストの10曲目に至っては、途中から全くついていけず・・・
ハマった時はスゴいだけに、これで一曲一曲のメロディの質がもっと高ければ
もっと良い作品になったはずだと思いました。なんか惜しいなぁと・・・


0 件のコメント: