ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・アニソン・アイドルからロック・メタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも基本的に大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2014年9月15日月曜日

[私的名曲ランキング]  2014年7月度 マイベスト10

今月もJapanese Dreamをもとに作った、月間私的名曲ベスト10を紹介したいと思います。
7月度はPVにて海が登場する曲が多かったですね。夏だなと感じさせてくれます。
あと今月はアニソン系アーティスト率が高いですが、元々この企画をやる上で、
ランキングを似た系統の曲ばかりで固めたくはないと思ってるので、
シンフォニックロック、デジロック、疾走デジタルサウンドなど、
同じアニソン系でもなるべく違う系統の曲を選びました・・ということにしておいて下さい(汗)
それでは、いってみましょう。




第10位 上間綾乃「はじめての海」 [公式PV]

今月の沖縄枠。美しい歌声に三線とストリングスとのハーモニーが聴いていて癒されます。




第9位 Rune「未来きっと、叶えもっと」 [公式PV]

爽やかなポップチューンにのせて歌われる、力強いメッセージが良い。
>夏の高校野球 青森・山形大会のエンディングテーマ
これだけでより一層名曲に聴こえてしまいマイベスト10にまで入れてしまう自分は
それはそれで偏ってるのかもしれませんが・・・




第8位 TOTALFAT「夏のトカゲ」 [公式PV]

今月のお祭り枠。PVでの太鼓の演奏シーンを見ただけで血が騒ぐ。
メロディがモロに歌謡曲っぽいロックナンバーで、さらにボーカルの歌いっぷりも良い。
ザ・コブラツイスターズを思いっきりチャラくしたような曲ですね。
(この例えが分かる人はほとんどいないかもしれませんが)
これをダサいと敬遠する人とは話が合いそうにないかも。このサウンドこそが好きな路線だ!




第7位 GARNiDELiA「grilletto」 [公式PV]

名前が「ガ」で始まるアーティストは好きなアーティストばかりという法則。
細かいシンセの音にまでシビレさせられるようなデジロックナンバーで、
今から1stアルバムが楽しみになります。




第6位 AiRI「Mind-set」 [公式PV]

ランティス所属ながら今まで全く知らなかったです。
イントロの荘厳なシンセからして惹きこまれるシンフォニックロックナンバーで、
これはフルPVがあればもっと上に入れてたかも。アルバムも聴かなければ。




第5位 KNOCK OUT MONKEY「Wonderful Life」 [公式PV]

ノクモンはボーカルが歌い始めただけで空気を一瞬にして変えられるバンドだと思う。
やっぱりバンドはこのような、伸びやかなメロディにのせて
スカっと爽快感のある歌声とサウンドを聴かせてくれる人たちが一番好きです。




第4位 上坂すみれ「来たれ!暁の同志」 [公式PV]

疾走ユーロビート最高です。m.o.v.e亡き今となっては貴重な曲に思えてくる。
そしてこんな曲調の楽曲であっても、団結とか反抑圧とか歌わずにはいられないというところが面白過ぎる。
アニソンロック2014でも期待してます。すみぺワールドを楽しみにしてます。




第3位 RONDONRATS。「GAME」 [公式PV]

さすが「Electric Lady Loud 2014」に出演したバンドなだけあってか(レポはこちら)
新作でも勢いが止まらない。どこまで突っ走るんだ。近日アルバムレビュー予定。




第2位 茅原実里「向かい風に打たれながら」 [公式PV]

アニメの内容を含めた感想はこちら。つくづくアニソンってのは前向きで聴いていて元気をもらえるような曲ばかり。
この曲の2位は不動でした。たとえ1位と同じ系統の曲になろうとも・・・




第1位 KOTOKO「Tough Intention」 [公式PV]

ということで1位もこの曲で不動でした。結局はこのようなアニソン系ロックこそが大正義なのです。
伸びやかな歌メロと歌唱、そしてサビの盛り上がりっぷりが最高。
さらにサビでのコーラスや、間奏内で入るウォーウォーウォーという掛け声もツボで、
ぜひライブにて一緒に拳を突き上げながら声をあげたくなる。
9月23日に奈良で行われるライブにて、一緒に盛り上がれることを楽しみにしてます。
ちなみにこの曲を作曲した宮田リョウさんというのは、
2011年11月リリースの大傑作「Light my fire」を作った、supercellのryoさんのことか?
曲調的にもそっくりだし・・・と思って調べてみたところ、それとは全くの別人でした。
リョウさんという名前のミュージシャンは素晴らしいミュージシャンばかりですね!
と、DoAsクラスタの私が言ってみる。本当良い曲作ってます。




(次点)
・つばさFly「Unforgettable Days」 [公式PV]
つくづく最近はロックなアイドルが増えましたね。
良い曲なのですがこのサウンドは何だか既視感があるなと思いきや、
>松隈ケン­タ率いるクリエーター集団SCRAMBLESの井口作曲
やっぱりBiSとつながりがありましたか。思った通りだ。

・Cocco「ドロリーナ・ジルゼ」 [公式PV]
舞台の劇中歌なだけあってムーディーでいい感じ。ニューアルバムも楽しみにしたいです。

・小野正利「KNOCK ON YOUR GATE!」
GALNERYUSで活動しながらソロでも久々のリリース。これまた王道アニソンロック。
ヴァンガードといったらJAM Projectというイメージでしたがむしろ「Vanguard」よりこの曲の方が良くないか?
私の中では、Believe in my existence>>>>KNOCK ON YOUR GATE!>Vanguardぐらいに良かった。
知らない人には何のこっちゃって感じでしょうが・・・

・angela Presents 中川翔子「キラキラ-go-round」
コラボ効果が出た、可愛らしい曲ですね。イントロはangela「Galactic material」っぽい。
どちらも好きな私にとってはそりゃ嬉しいですよ。次があればもっとアッパーな曲もリリースして欲しいです。

・SKE48「不器用太陽」 [公式PV]
まずメロディが良いですし、曲全体から感じられるピュアさには心が洗われますね。
サビで加速していく曲構成も良いです。

・バズマザーズ「スキャンティ・スティーラー」 [公式PV]
このテーマでこんなにもカッコ良く仕上がった曲が作れるんだということに驚いた。
歌詞によほど注目して聴かなければ、これが下着泥棒の曲とは分からないですよ!
同じテーマの曲でも、モーモールルギャバン「パンティー泥棒の唄」とは大違いだ(笑)
こちらの方はカラオケで友人の前で歌って爆笑されたことがあるほどの曲なのに。

・ぽわん「かわいいっていわないと呪う」 [公式PV]
これは1度聴いただけで耳に残り過ぎる。
まさに呪文でもかけられたかのよう。ただ、パスピエっぽい。



(その他注目曲)
・THE ORAL CIGARETTES「起死回生STORY」 [公式PV]
今月の地元枠。東京進出&メジャーデビューおめでとうございます。
ギターのテクニカルさが良い感じ。ボーカルもしっかり歌えていると思うのですが、
やっぱり典型的な今風のロキノン系バンドといった感じでとっつきにくいかなぁ・・と思ってしまう自分は頭が古いのだろうか。

・KIDS「さよなら」 [公式PV]
今月の地元枠その2。バラード曲ですが、普通の曲という印象。
彼らに関しては「ミラーボール」や「38.5°」のような踊れるロック路線で攻めた方がいいと思うのだが・・・
何かこれだという売りが欲しいですよね。吉本所属というのが一番の特徴?

・Le Siana「やまとなでシカ」 [公式PV]
今月の地元枠その3。二月堂も若草山の子供の頃に登ったものです。
神戸とか京都を歌った曲は多いのに対して奈良が歌われた曲はほとんど無いからそれだけでも貴重ですよ。
あとはアレンジに和風要素を入れた曲とかも出してくれればさらに嬉しいんですけどね。

以上、今月は地元枠が3組も登場いたしましたが、
こうして聴き比べてみるとあらためて、ワコンチュというガールズバンドがメジャーデビューまでいかなかったのは残念だなぁ。
最近好きになるインディーズバンドは東北出身のバンドばかりですよ。地元勢も頑張れ!



(おまけ)
・グミベアとガチャピン・ムック「おやつ いいやつ すごいやつ」 [公式PV]
久々に緑色の方のガチャピンが新曲を出したのか!しかも赤モジャの方のムックも歌ってるのか!
グミベアは・・・ごめんなさい知りませんでした(汗)
ぜひ3人まとめてGacharic Spinのライブにゲスト出演して下さい。MUCCのライブには先々月の時点で既に出てましたからね。



2 件のコメント:

hawaiibem さんのコメント...

一目見てえむけーさんらしさ全開のラインナップになっているなと思いました。

その中でも、GARNiDELiA、AiRI、上坂すみれあたりは気になっていました。
GARNiDELiAは作曲がボーカロイドで既に実績のある方なので、安定した活動が期待できそうですね。
AiRIさんは私も今回初めて聴きました。意外と経歴も長くて隠れた実力派な印象。
上坂さんは『公式が病気』とも言えるアバンギャルドなMVが妙にツボでした。パラパラが踊れそうな時代錯誤な楽曲もこれまた面白い。番外編を作るとしたら確実に拾っていたことでしょう。

地元枠も今回は3曲あったようですね。オーラルは今回はイマイチ響かなかったなあ。私は地元と呼べる場所が3箇所あるので、都合よく出身アーティストを応援しています(笑)

えむけー さんのコメント...

らしさ全開で作り過ぎても何だか申し訳ないというか、自分はJDの参加者の中で空気読めなさ過ぎではないかと思うこともあるんですけどね・・・
ボーカロイド作曲家が人間に提供した曲というのは好きな曲が多いです。昨年11月度のDancing Dolls「Ring Dong」という曲なども大好きでした。それだけにGARNiDELiAにも期待したいです。
上坂さんは各曲のMVを見てるだけで面白いです。公式にて全てフルサイズで公開されているのも良いですね。

地元が3ヶ所もあるんですか。今更ながら「灰の降る街」という表現は何だか幻想的で好きだったりします。
水樹奈々さんは地元民としての誇りですよね。同じアニソン系でも私の地元枠のearthmindはどこ行ったんだ・・・