ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2013年10月13日日曜日

[私的名曲ランキング]  2013年8月度 マイベスト20

今回は、7月度の私的名曲マイベスト20をJDをもとに
全百数十曲の中から選んで作ってみました。
この月は素晴らしい曲があまりにも多かったのでベスト20に拡大です!
ということで、早速いってみましょう。





第20位 河合一尚「YOU」 [公式PV]

男性ソロ歌手はなかなか聴くことがないのですが、この曲は熱さに惹かれた。
間奏のギターソロも良い。アニソンっぽいともいえるでしょうが。




第19位 植田真梨恵「心と体」 [公式PV]

去年聴いた「センチメンタリズム」が素晴らし過ぎただけに、
その曲と比べると・・・とは思いましたが、それでも歌声や楽曲の力は健在。
てかこれがメジャーデビュー作じゃないのか!? なぜだ・・・




第18位 水中、それは苦しい「めんた君のテーマ」 [公式PV]

まさか明太子を歌った食べ物ソングが聴けるとは! 明太子大好きなんですよ。
バイオリンの入ったバンドサウンドにも勢いがある。「芸人の墓」以来の名曲だなと。




第17位 片想い「Daily Disco」 [公式PV]

バンド名が片想い、曲名がDaily Discoで合ってるんですね。逆かと思ってしまいました。
曲前半からなんだこれは!?と思わずにはいられない独特のインパクトがある。
PVもメガネをかけた黒人男性たちがたくさん登場してくるし、とにかくファンクで面白いです。




第16位 六式「ロクデナシディスコ」 [公式PV]

ノリノリで聴いていて楽しいです。ディスコ色よりもロック色の方が強いがそれもまた良い。
そしてこれもインディーズとは思えないぐらいにPVが素晴らし過ぎる。
PVだけなら、先ほどの片想いと並んで1位2位を争うレベルだなと。




第15位 UVERworld「Fight For Liberty」 [公式PV]

彼ららしさに溢れたミクスチャーロック曲。歌詞に込められた力強いメッセージも心に響きます。




第14位 鈴木 このみn’キバオブアキバ「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い」 
[公式PV]

男女ツインボーカルのロック曲は大好きです。ハイカラを思い起こさせる。
歌詞も面白いですし、ぜひ定期的にコラボして欲しいなと思えてきますね。




第13位 おおたえみり「月のレヴェル」 [公式PV]

ブッ飛び過ぎて何だか大変なことになってる。これはスゴい!




第12位 C&K「へべれけ宣言」 [公式PV]

彼らの曲に関してはこのようなアッパーチューンの方が好きですね。
ジャンルとしては、ジャングルになるのでしょうか? 
あまり馴染みの無い系統のダンスミュージックであっても、
一発でハマれる曲を作れるのはさすがです。




第11位 ドレスコーズ「トートロジー」 [公式PV]

これぞロックと言わんばかりの破壊力。
ボーカルの前バンドである、毛皮のマリーズの曲を聴いた時よりも勢いを感じる。
PVのショートバージョンしか見てないですが、これはフルで聴いてみたくなりました。




第10位 Vinal「サヴァイラブ・スナイパー」 [公式PV]

デビュー作らしいですが、これは楽しみな新人女性ユニットが現れた。
サビには心を掴まれた。所々でミクスチャーっぽい要素の入ったサウンドも面白いです。




第9位 高垣彩陽「Next Destination」 [公式PV]

デジタルサウンドに透き通った美しい声の組み合わせというのも良い。
この歌唱力があれば何を歌ってもサマになるなと。




第8位 alan「DREAM EXPRESS~夢現空間超特急~」

久しぶりに新曲が出たことにまず驚いた。
「空唄」は名曲でしたね。(←これはどうしても言いたかった)
そしてこの曲も、列車旅の名曲としてぜひ当ブログで紹介したくなる曲でした。
アッパーチューンを歌っても声の美しさは健在で良かったです。にもかかわらずなぜ、
公式サイトにも公式ブログにも公式ツイッターにもこの新曲のリリース情報が載ってないんだ!?




第7位 サザンオールスターズ「ピースとハイライト」 [公式PV]

世界平和を願った歌詞が素晴らしい。人類の良心ですね。
今の時代にこんな曲が世に出てきたことは嬉しく思います。




第6位 KIDS「38.5℃」 [公式PV]

2作連続2回目のランクイン。前作のリードトラック「ミラーボール」に続いて
踊れるバンドサウンドでありながらも、この曲ではさらに成長したなと感じました。
特に歌詞は格段に良くなっている。これはアルバムも聴かなくては。




第5位 中島美嘉「僕が死のうと思ったのは」 [公式PV]

歌詞が心に響く。一見暗いバラード曲だと思うかもしれないが、言葉の表現の美しさと
メロディの良さが抜群なので、何度も聴きたいと思わせてくれる。
提供曲でこういう系統の曲を歌うというのは奥田美和子を彷彿させるなと。
それはさておき、今作に限っては歌声が大黒摩季に似てると思ったのは私だけ?




第4位 LiSA「traumerei」 [公式PV]

もはや説明不要。私の中での鉄板、超定番のアニソン系ハードロック。
先月だったら1位にしてました。歌唱が良い上に、編曲も最高!




第3位 喜多村英梨「Birth」

レビューはこちら。




第2位 遠藤正明「SPEC」 [公式PV]

私の中での理想の男性ボーカリスト。歌唱も楽曲も聴いていて最高にスカっとさせられる。
本当は1位にしたかったが、くしくも今月はこの下に理想の女性ボーカリストが現れた・・・
アルバムレビューはこちらです。




第1位 浜田麻里「Historia」 [公式PV]

この曲がエントリーされてしまったら、もう1位はこれ以外ありえない。
人類の持つ、野性の力を目覚めさせてくれるかのような名曲。
歌詞、メロディ、そして何よりも歌唱に、魂が揺さぶられる。
彼女はあまりにも世間で過小評価されている。今こそぜひ再ブレイクして欲しいです。





(次点の次点)
・鬱P「看板娘の悪巫山戯」 [公式PV]
ニコ動系はまだまだ素晴らしいアーティストがたくさんいるんだなと実感。
見事に独自のラウドロックを作っている。歌詞の質の高さもさすがです。

・鈴木雄大 with COCORO*CO「君のトモダチ」 [公式PV]
歌声が良い。シンプルなバラードでも魅力を十分に感じられる。

・大島はるな「Zillion Zest」
アニソン系歌手も次から次へと期待の新人が出てきますね。

・BASE BALL☆GIRLS「逢いたくて」 [公式PV]
福岡発の3人組のガールズユニット。
楽曲を聴く限りは野球と何の関係も無いじゃないかと思ったのですが・・・
それでもバンドサウンドは良い。歌詞があともう一押しあれば。

・石田ミホコ「Start Love」 [公式PV]
こちらは元女子サッカー選手という経歴を持つ歌手です。それだけに、
なでしこジャパンのブームにうまく乗っかればブレイクできたかもしれないのに・・・
90年代でいう鈴木彩子を思い起こさせるようなハスキーボイスが印象的。
彼女にはぜひ疾走感のあるロックナンバーを歌って欲しいです。

・三匹の子豚「約束の夏」 [公式PV]
紅一点ボーカル有する3ピースバンド。
楽曲もルックスも爽やかで良いのに、なぜ自らを豚と名乗ってるんだ!?



0 件のコメント: