ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2012年10月11日木曜日

[CDレビュー]  喜多村英梨「RE;STORY」


喜多村英梨「 RE;STORY」
 (2012/7/25) 

1. re;story
2. Veronica
3. 紋
4. 足跡
5. alive
6. Baby Butterfly
7. LOVE&HATE
8. brand-new blood
9. Be Starters!
10. →↑
11. Happy Girl
12. My Singing
13. Be A Diamond
お気に入り度:★★★★★★★★☆ (8.5/10)




喜多村英梨の1stアルバム。
本業は声優でありながらも、本人の希望によりHR・HM系の曲を歌うこととなった作品です。

1曲目「re;story」からいきなりストリングスを取り入れたメタルを聴かせ、
さらには2、8曲目などもメタルナンバーとなっています。
これらの楽曲自体はどれも素晴らしいです。欲を言えばボーカルに
もう少し声量があれば、さらにスゴい曲になったのではと思いました。
どちらかというと高音よりも中低音の歌唱に良さを感じる。
特に2曲目「Veronica」はAメロの時点から低音歌唱がカッコいいと感じました。

さらにアルバム中盤までは、適度にポップ感のあるバンドサウンド曲も
交えているので、聴きやすい作品となっています。
ヘヴィとポップがうまく融合した7曲目「LOVE&HATE」はさすがの出来。
さらには、和風アレンジのロックナンバー「紋」や、
ジャズテイストの入った「Baby Butterfly」なども良い。
このように、1~8曲目まではとても良かったと思いましたが・・・

9曲目から曲調がガラリと変わり、まさかのキャピキャピ路線へとまっしぐら。
歌唱についてもアニメ声全開で、まるで別人が歌ってるかのような変貌っぷり。
この後半の曲の中だと10曲目「→↑」は楽曲自体は良いと思いましたが、
しかし、ついさっきまでゴリゴリのメタルを彼女なりに必死に歌ってたはずだったのが
気がついたらいつの間にか「♪女子力向上」「♪イェイイェイイェイ!」とか
歌ってしまっていたというのはある意味異様です!

最初は、なんじゃこりゃーー!?と思いましたが、
しかし、J-POPファンのメタルミュージシャンである
マーティ・フリードマンさんの言葉を引用すると、日本はアメリカと違って
「メタル歌手はメタルしか歌ってはいけないという風潮」が無い。
なのでこのような、自由で多彩な形の楽曲が詰まったアルバムを作れることこそが
J-POPの良さの1つでもあるよなと、何回も聴くうちに思いました。

今後はどのような路線でいくのかは分かりませんが、
しかし今作のような、歌いこなすのが難しいHR・HM系の曲に
挑戦したということについては素晴らしいと思いましたので、
これからもその心意気を忘れずに頑張って欲しいです。


0 件のコメント: