ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2015年10月17日土曜日

[CDレビュー]  増田ミシン「リベンジポルノ」


増田ミシン「 リベンジポルノ」
(2015/10/7)

1. ゴウハイド
2. 空の淵
3. ガールツインズ
4. 蝶々伽藍
5. 呪い
6. 深窓の令嬢
7. さみしい光
8. だいじょうぶ
お気に入り度:★★★★★★★★☆ (8.5/10)




増田ミシンの1stアルバム。
インディーズレーベル、音倉レコードよりリリースされた期待の新人女性歌手の作品。
世間的には全く無名ながらも、このレコード会社に所属する歌手の楽曲は
どれもインディーズとは思えないほどに質か高い曲ばかり。
(それだけにHPの更新ぐらいはちゃんとして下さいよ。配信レーベルのサイト更新も7月から止まってるってどういうことだ)
歌姫系が好きな人は特に聴いてみることをおすすめしたいです。

彼女は90年代後半に次々と世に出てきた、Cocco、鬼束ちひろ、椎名林檎などの
「情念系歌姫」の再来といえるのでは。2010年代にして久々にこの系統の有望株が現れた。
全曲の作詞を自ら手がけたという楽曲は、ラブソングが中心ながらも
エモーショナルかつ切れ味鋭い歌詞が印象的で、比喩表現のうまさも光っている。
「淋しくて死にそうなんだ 助けてよ神様」といったたまらなくやるせない気持ちを
アップテンポかつ荒涼感漂うサウンドと共に聴かせる「空の淵」、
愛する人を奪った女性への嫉妬心を剥き出しにしたバラード曲で、
曲終盤に転調してキーが上がる部分ではより一層強く感情を揺さぶられる「呪い」、
愛と憎しみが入り混じる、今作の中でも最もロック色の強いバラード「さみしい光」
の3曲は特に素晴らしかったです。
その一方で、中山彩さん作曲によるジャジーな雰囲気漂う曲「ガールツインズ」、
ラストを飾るシンプルなバラード曲「だいじょうぶ」では優しい一面を見せる場面も。

この作品の良いところは、歌詞だけなら一見ドロドロした作品に見えるものの
これまで天野月さんの楽曲を手がけてきた、戸倉弘智さんの編曲により
生み出されたメロディがどれも綺麗なので、詞の内容の割に聴きやすい。
「空の淵」や「深窓の令嬢」のギターの旋律の美しさは全盛期の天野月子の曲を彷彿させる。
このような切な系アッパーチューンは何度も繰り返して聴ける、聴きたくなる曲です。

インディーズにとどまらず、将来的にはぜひメジャーで躍進して欲しい
女性シンガーソングライターが現れてくれました。期待の新人として注目していきたいです。









0 件のコメント: