ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2013年5月17日金曜日

[CDレビュー]  BiS「Brand-new idol Society」


BiS「 Brand-new idol Society」
(2011/3/23) 

1. Give me your love 全部
2. BiS
3. 太陽のじゅもん
4. nerve
5. パプリカ
6. Let me sleep
7. サウザンボルト
8. エレガントの怪物
9. ティーンネイヂフレイバ
10. Spoon
11. YELL!!
12. one day
13. レリビ
お気に入り度:★★★★★★☆ (6.5/10)




2011年にリリースされた、BiSのインディーズデビューアルバム。
「エモいアイドル」というだけあって、楽曲の方もそれにふさわしく、
アルバム前半はバキバキと響くロックサウンドがカッコ良くて楽しめます。
自己紹介的な1、2曲目や、シンセ音がウィンウィンと鳴り響くダンスロックチューンの
4曲目「nerve」といった曲は特に素晴らしかったです。

しかし、それを歌うBiSのメンバーの歌唱力の方は、この時点でははっきり言って
ここ数年色んな歌手の歌を聴いてきた中でもワーストクラスといっていい。
歌詞カード無しでは歌詞が聞き取れないぐらいに、声の力が弱い上に、
その声を機械でいじりまくっているのが耳に残ってしまう。
それもPerfumeみたいにわざとエフェクトをかけているといった感じではなく、
音程が不安定すぎるが故にそうするしか無かった感が伝わってきてしまう。
ただ、歌詞が聞き取りにくいという点においては初音ミクと同じだなと言えるので、
彼女たちもどうか早く歌唱力が初音ミクに追いついて、
果ては世界で活躍できるぐらいに頑張って欲しいと思いました。
これだけ楽曲が良いのだから、そこにせめて並レベルの歌唱があれば
今作はより好きなアルバムになっていたと思います。

ちなみに今作はロックナンバー以外の曲も収録されており、その中では、
民族音楽の要素が入ったテクノポップナンバーの8曲目「エレガントの怪物」が
特に面白かったです。しかし後半のおしゃれポップス系の9、10曲目や、
バラード曲の12曲目「one day」などは、曲自体も微妙なのに加えて、
やはり歌唱がこれでは・・・なぜかバラードだと声量だけは今作で一番出ていたように
感じたのは不思議でしたが。常時これぐらい声を出して欲しかったところ。

ただ、BiSの本当の素晴らしさは、このCDを聴いただけでは伝わらないと思います。
アイドルとしてあまりに型破りな活動精神と、面白過ぎるPVの数々、
そして観客が思わずセットを壊してしまうぐらいに熱いライブステージこそが
彼女たちの魅力と個性であり、個人的にぜひ応援したいと思わせてくれた理由。
そしてメジャーデビュー後の作品&PVは、更にスゴいことになっていました・・・



0 件のコメント: