ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2013年5月24日金曜日

[CDレビュー]  怒髪天「ドリーム・バイキングス」


怒髪天「 ドリーム・バイキングス」
(2013/4/24) 

1. 威風怒道 ~愛と栄光のテーマ~(インスト)  
2. 独立!俺キングダム
3. 神様は小学生
4. ドリーム・バイキング・ロック
5. 濁声交響曲
6. あたし、SUPERツラい…
7. 砂上の楼閣 part.2
8. WAZAN
9. ロックバンド・ア・ゴーゴー
10. 男、走る!
11. 愛の出番だ!  
お気に入り度:★★★★★★★★☆ (8.5/10)





怒髪天の通算7枚目のフルアルバム。

まずは1曲目、これぞ入場テーマ曲のような派手なインストから始まり、
続く2曲目「独立!俺キングダム」は、A・Bメロにて演奏される
ノリの良いスカのリズムと、自身を世界の国家に例えた歌詞が面白い。
いつもと少しテイストの違う曲2曲で始まりましたが、どちらも良かったです。
そして3曲目以降は、安定の歌謡ロック。今作もR&E(リズム&演歌)という
独自のスタイルは全くブレていないです。

そんな今作は何よりも、歌詞の素晴らしさが印象に残りました。
3曲目「神様は小学生」は、なぜ神様はなかなか自分に振り向いてくれないのかという
誰しも一度は思うことについて歌った曲ですが、
そんな神様の姿を「やんちゃな小学生」に例えてしまうという、この発想は素晴らしい!
4曲目「ドリーム・バイキング・ロック」は、サビの歌詞が特に熱い。
「俺達ゃまだまだいけちゃう野郎ども」などと歌うバンドが今どき他にいるだろうか!?
こんなことはザ・コブラツイスターズですら言わなかったですよ!
さらに5曲目「濁声交響曲」では、ボーカルの自身の声質を逆手にとって、
そのダミ声を誇りに思うんだとばかりにこんな曲を作ってしまう。
ここまで自分をさらけ出した上で、なおかつ質の高い楽曲を作ってしまうという
その姿はもはや憧れすら感じてしまいますし、聴いてる方も元気になれそうです。

アルバム全体では、後半もう一押しあればもっと良かったかなと。
しかし10曲目「男、走る!」は最も怒髪天らしい、ど演歌ロックナンバーで
後半の曲の中では一番のお気に入りでした。
こちらも歌詞について、男まっしぐらな姿を「まるで夢見る乙女さ」と
例えてしまうそのセンスが素晴らしい。
ただひたすらガツガツした歌詞ではなく、人間の強い一面と弱い一面、
光と影の両面を歌い、色々あるけどそれでも前向きに頑張って走っていこうという
メッセージがアルバム全体に込められているからこそ、聴いていて勇気をもらえます。

ベテランバンドの底力を感じた作品でした。
私も彼らのように、たとえ何歳になったとしても熱いハートを持ち続けていたいです。




0 件のコメント: